正式発表 トヨタ 新型「クラウン セダン」フルモデルチェンジ HEVとFCEVをランナップ 2023年11月13日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 Toyota Crown sedan

トヨタは新世代「クラウンシリーズ第3弾となる新型「クラウン セダン」を2023年11月2日に正式発表、11月13日発売を開始する。HEV(ハイブリッド車)モデルとFCEVモデルをランナップし、価格は7,300,000円~8,300,000円となった。

目次

トヨタ 新型 クラウン セダン エクステリアについて

フロント部分は独特なデイライト付きヘッドライトを採用する。「クラウン」エンブレムは継続採用リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用、横一文字に伸びる、薄くシャープなリアコンビネーションランプを採用。ボディカラーに今どきなツートン・カラーを採用する。駆動方式は「FR」ベース、全車ハイブリッドシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。シャシーをニュルブルクリンクで鍛え上げて「走る・曲がる・止まる」といった車両性能を大きく進化させている技術が継承される。

トヨタ 新型 クラウンセダン ボディカラーについて

モノトーンとなる単色を6色ラインナップ。

単色 6色

インテリアは最新装備充実

インテリアは共通化し、どの車種に乗っても「クラウンだね!」と思わせてくれるだろう。ディスプレイオーディオを一体化させたインパネデザインを採用。メーターには12.3インチ大型フル液晶デジタルメーターを採用。ナビゲーションシステムを「コネクティッドナビ」+「トヨタプレミアムサウンドシステム」を採用する 。デジタルインナーミラートヨタ初「ドライブレコーダー(前後方)」を採用。ディスプレイオーディオのオプションとして「車内Wi-Fi」を設定

クロスオーバーとセダンの内装を並べて比較すると共通化によってデザインは全く同じと言っていいだろう。しかし、カラーリングの部品に違いがあり「クラウンセダン」は水平基調カラーリングにより印象を変えているのがわかる。

「センターコンソール」「サイドパネル」が木目調にしており質感の高さが伺える。インテリアカラーは落ち着いたブラックとブラウン系の色合いとなっており落ち着いた印象を与えている。後部座席はこれぞクラウンというFRならではな室内空間となっており、質感の高さを感じる。

ナビゲーションシステムを「コネクティッドナビ」としており、こちらは現状から進化していくことに期待したい。

インパネは木目パネルが装着されている。電動パーキングブレーキ&ホールドボタンの位置は非常に押しやすく、ドリンクフォルダーと置くだけ充電の位置もとても使い勝手の良い場所に設置されていると感じた。

トヨタ 新型 クラウンセダン エンジンについて

セダンは、2.5Lエンジン+モーターのマルチステージハイブリッドシステムモデル。更に上記でも話をしたが、MIRAIと同様のFCEVを採用し新たなクラウンとして発売される。

エンジンはHEV(FR)とFCEV(FR)を公式にも採用すると発表しているが、クラウンセダンで採用された、新型「2.5L マルチステージハイブリッドシステム」と「MIRAI」に採用されている「FCEV」が採用される。どちらも「クラウンセダン」にふさわしい、スポーティな走りと低燃費を手に入れることができる。

ハイブリット(HEV) モデル

エンジンと二つのモーターに加え、有段ギアを組み合わせることで、あらゆる車速域からのアクセル操作に応える駆動力を実現しました。従来はエンジン最高出力を使用できる車速領域が約140km/hからでしたが、本システムでは約43km/hから使用可能になりました。

スペッククラウンセダン
2.5 ハイブリッド
全長5,030mm
全幅1,890mm
全高1,475mm
ホイールベース3,000mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力136kW(185ps)/
6,000rpm
最大トルク225Nm(22.9kgm)/
3,600rpm
モーター
最大出力
132kW(180ps)
モーター
最大トルク
300Nm(30.6kgm)
トランスミッションMulti Stage
Hybrid System
(10速AT)
バッテリーニッケル水素電池
5Ah
駆動方式4WD
(E-Four)
最小回転半径5.7m
乗車定員5名
車両重量2,000kg
WLTCモード燃費18.0㎞/L
価格(10%)7,300,000円

FCEVモデル

スペッククラウンセダン
FCEV
全長5,030mm
全幅1,890mm
全高1,470mm
ホイールベース3,000mm
FCスタックFCB130 固体高分子形  圧縮水素:3本
最高出力128kW(174ps)
モーター最高出力134kW(182ps)/
6,940rpm
モーター最大トルク300Nm/(30.6kgm)/
0〜3,267rpm
駆動用バッテリーリチウムイオン4.0Ah
駆動方式後輪駆動
最小回転半径5.7m
乗客定員5名
航続距離約30%延長
約750km〜850km
(従来型比)
価格(10%)8,300,000円

話題の 新型 クラウンセダン 実車を見た感想

2023年10月7日(土)~10月8日(日)に、東京の六本木ヒルズアリーナで「CROWN STYLE PARK」にて発表したばかりの新型「クラウンスポーツ」をはじめ「クラウンセダン」「クラウンエステート」も展示されており、実車を実際に見てきた。感想について色々と語ります。

実車をみて実際に購入を検討し、色々調べて「素晴らしい!」「いいね!」「おすすめ!」と思っているところをまとめてみました。

エクステリアデザインは新鮮さがある

今までの王道セダンスタイルを採用。見た感想としては率直に、かっこいい洗練されたデザインだと感ることができた。ハンマーヘッド形状により力強さと流行りのフロント部分は横一文字になったデイライト付きヘッドライトを採用。「クラウン」エンブレムは継続採用。リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用し横一文字に伸びる、薄くシャープなリアコンビネーションランプを採用21インチアルミホイールは特に印象的であった。トレンドを取り入れてるなと言った印象だ。ボディカラーは落ち着いたモノトーンカラーを採用する。ボディサイズは全長5,030mm、全幅1,890mm、全高1,470mm、ホイールベース3,000mmとし、正統なセダンスタイルとした。アルミホイールは19インチまたは20インチを採用する。駆動方式は「FR」を採用し、ハイブリッドシステムまたはFCEVシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。

20インチホイールにダンロップ「e.SPORT MAXX」でサイズは前後とも245/45R20を付けている。

「クラウン」シリーズ ボディサイズ・仕様 比較

スペッククロスオーバースポーツセダンエステート
全長4,930mm4,710mm5,030mm4,930mm
全幅1,840mm1,880mm1,890mm1,880mm
全高1,540mm1,560mm1,470mm1,620mm
ホイール
ベース
2,850mm2,770mm3,000mm2,850mm
定員5名5名5名5名
タイヤ
サイズ
19インチ
21インチ
21インチ19インチ
20インチ
21インチ
パワー
トレーン
HEV(4WD)HEV(4WD)
PHEV(4WD)
HEV(FR)
FCEV(FR)
HEV(4WD)
PHEV(4WD)

新型 MIRAIと新型 クラウンセダン 比較

横からの画像を比較してもフロントはほぼ共通化、リアのデザイン形状がほぼ同じであることがよくわかる。MIRAIは現行トヨタ車では最高位のセダンとして発売しており非常に近いモデルとなることが予想できる。

スペック2代目
新型MIRAI
16代目
新型クラウン
(セダン)
全長4,975mm5,030mm+55mm
全幅1,885mm1,890mm+5mm
全高1,470mm1,470mm0mm
ホイールベース2,920mm3,000mm+80mm

新型「クラウン セダン」と歴代「クラウン」のサイズ比較

歴代「クラウン」のボディサイズを比較してみたが、歴代の中でも特に大きいことがわかる。ホイールベースも3mとしており室内空間は非常にゆとりがあると想像できる。

車種全長全幅全高ホイール
ベース
7代目
クラウン
4,860mm1,720mm1,420mm2,720mm
8代目
クラウン
4,860mm1,745mm1,400mm2,730mm
9代目
クラウン
4,800mm1,750mm1,440mm2,730mm
10代目
クラウン
4,820mm1,760mm1,450mm2,780mm
11代目
クラウン
4,820mm1,765mm1,445mm
1,470mm
2,780mm
12代目
クラウン
4,840mm1,780mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
13代目
クラウン
4,870mm1,795mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
14代目
クラウン
4,895mm1,800mm1,450mm
1,460mm
2,850mm
15代目
クラウン
4,910mm1,800mm1,455mm
1,465mm
2,920mm
16代目
クラウン
5,030mm1,890mm1,470mm3,000mm

まとめ

トヨタはセダンモデルの「カムリ」の日本国内販売を終了する。海外モデルはフルモデルチェンジをし11代目も販売を継続、海外専売車種となる。これにより「カムリ」はトヨタ車のセダン車種としては「クラウン」が代わりの車種として統合される形となる。

つまり、先代の「カムリ」と先代「クラウン」ユーザーが「クラウン セダン」を求めることになり、更に「アリオン・プレミオ」や他社でも多くのセダン車が販売終了となり、レクサス「GS」、ホンダ「シビックセダン」「グレイス」「レジェンド」「アコード」と多くのセダン車不在の穴を埋めるにはもってこいだ。

筆者としては「クラウンシリーズ」で一番魅力的に見えるのが今回の「クラウンセダン」なので市場の注目度も高いと思われる。購入を検討する人は発売日が近づいてきたらディーラーにて早めに注文受付をするべきである。更に全幅1,890mmというサイズは世界的に見れはそこまで大きくないが、日本国内で考えるとどうしても駐車的に少し制限があるので購入前によく検討してから購入してもらいたい。残りのモデルを1年以上かけて発売していくが、半導体の影響が今後更に続くことが予想されるため、苦戦を強いられることは間違いない。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 16代目 新型 クラウン フルモデルチェンジ クロスオーバーSUV クーペ スタイル 2022年9月1日発売

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
仕様が判明 新型「クラウンスポーツ」発売日は2023年10月6日

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 2代目 新型 クラウンエステート クラウンシリーズ第4弾 3列シートSUVモデルとして復活 2023年12月発売

トヨタ クラウン

https://toyota.jp/crown/

2023 Toyota Crown sedan

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次