MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 クラウンエステート 2代目はSUVモデルとして17年ぶりの復活 延期で 2024年7月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 toyota crown estat

トヨタは、新型クラウンシリーズの第4弾として、新型の「クラウンエステート」を2024年7月に発売する予定です。当初は、2023年末に発売される予定でしたが、その後、2024年3月に延期され、さらに7月に延期されました。2007年に販売が終了してから、17年ぶりに同じ名前でSUVモデルとして蘇る2代目は、一体どんなモデルになるのか、詳しく解説します。

目次

新型クラウンエステートについて

約2年前の2022年9月1日には、SUVクーペスタイルの「クラウン(クロスオーバー)」を新たな挑戦として発売しました。海外でも販売を拡大し、グローバルモデルとして、「新世代クラウンシリーズ」として、4つのボディタイプ、クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」を展開しています。

新型クラウンエステートのフロント部分には、特徴的なデイライト付きヘッドライトが採用されます。クラウンのエンブレムは従来通り継続採用されます。リアはLEDリアコンビネーションランプが採用され、横一文字に伸びる、薄くシャープなデザインとなります。

ボディカラーには現代風のツートン・カラーが採用されます。伝統的なSUVスタイルが備わります。また、アルミホイールには21インチが採用されます。

ハイブリッドシステム

駆動方式は4WDが採用され、ハイブリッドシステムまたはプラグインハイブリッドシステムが搭載されます。プラットフォームには、TNGAに基づく新しい開発プラットフォームが採用されます。乗車定員は5名です。

インテリアは共通化され、どの車種に乗っても「クラウンだね!」と思わせるデザインです。ディスプレイオーディオを一体化させたインパネデザインを採用し、メーターには「12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター」が採用されています。ナビゲーションシステムは「コネクティッドナビ」になっており、さらに「デジタルインナーミラー」や、トヨタ初の「ドライブレコーダー(前後方)」が採用されています。ディスプレイオーディオのオプションとしては、「車内Wi-Fi」が設定されています。

先代モデルよりも機能を強化した次世代の「Toyota Safety Sense」を採用します。右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象となります。また、高度な運転支援技術である「Toyota Teammate」も採用し、トヨタ自動車独自の自動運転の考え方である「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発されました。この最新の運転支援技術は、MIRAIにも採用されています。さらに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れられています。

「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」「カローラクロス」のラインナップにより、カローラの人気が急速に高まっています。それに加えて、価格に対して満足感があり、見た目も良くなったことから、カローラに対する好印象が強くなっています。同様に、「クラウン」ブランドも復活を狙った新しいモデルとして、これまでにない進化を遂げています。

グローバルモデルとして新たに「新世代クラウンシリーズ」として展開。

「新開発 TNGAプラットフォーム」を採用。

メーターには「12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター」を採用。

最新の「Toyota Safety Sense」を採用。

クラウンエステートを皆さん覚えていますか?

初代のクラウンエステートは、11代目クラウン(S170系)をベースにしており、車体をワゴン化したモデルです。1999年12月15日に発表され、クラウンステーションワゴンの12年ぶりのフルモデルチェンジとして「クラウンエステート」として発売されました。しかし、2007年6月30日に販売が終了し、その後ワゴンタイプのクラウンは発売されていませんでした。そして、2024年には17年ぶりの待望の2代目「クラウンエステート」が発売されることになります。

新型 クラウンエステート エクステリアについて

新型クラウンエステートのエクステリアは、独特なデイライト付きヘッドライトが採用されます。「クラウン」のエンブレムは従来通り継続して採用されます。リアには、横一文字に伸びる薄くシャープなLEDリアコンビネーションランプが採用されます。また、ボディカラーには現代風のツートン・カラーが採用されます。

エクステリアデザインは新鮮さがある

これまでの伝統的なセダンとは一線を画し、クロスオーバーSUVスタイルを取り入れました。見た目は、洗練されたデザインで、率直な感想としては、かっこいいと思えるものでした。ハンマーヘッド形状が力強さを演出し、流行のフロント部分にはコの字型のデイライトが採用されています。また、「クラウン」のエンブレムは従来通り継続採用されます。リアには、横一文字に伸びる、薄くシャープなLEDリアコンビネーションランプが採用され、特に印象的な21インチのアルミホイールも目を引きます。トレンドを取り入れた印象的なデザインです。本格的なSUVスタイルが備わっています。

トヨタ 新型 「クラウンエステート」のボディサイズは?

  • ボディサイズは全長4,930mm×全幅1,880mm×全高1,620mm、ホイールベースは2,850mm

新型「クラウンエステート」のボディサイズは全長4,930mm×全幅1,880mm×全高1,620mm、ホイールベースは2,850mmです。クラウンスポーツに比べて+220mm長くなっています。全幅は1,880mmとなっており、クラウンスポーツに比べて+95mmも広がりました。更に、ホイールベースで+60mm広くなった。この結果、より安定感のある走行が可能となり、また、車内の広々とした空間が実現しました。


「クラウンエステート」は、「クラウン」シリーズの中で最もラゲッジスペースが広いです。荷室に多くの荷物を積む方にとっては、「クラウンエステート」が一番の選択肢となるでしょう!このモデルの最大の魅力は、荷室の広さにあります。後部座席を倒せば、フラットな床面が確保され、マットレスなどを敷くことで車内泊が可能です。

「クラウン」シリーズ ボディサイズ・仕様 比較

スペッククロスオーバースポーツセダンエステート
全長4,930mm4,710mm5,030mm4,930mm
全幅1,840mm1,880mm1,890mm1,880mm
全高1,540mm1,560mm1,470mm1,620mm
ホイール
ベース
2,850mm2,770mm3,000mm2,850mm
定員5名5名5名5名
タイヤ
サイズ
19インチ
21インチ
21インチ19インチ
20インチ
21インチ
パワー
トレーン
HEV(4WD)HEV(4WD)
PHEV(4WD)
HEV(FR)
FCEV(FR)
HEV(4WD)
PHEV(4WD)

「クラウンエステート」と「クラウンスポーツ」エクステリア ボディサイズ比較

スクロールできます
スペック2024 toyota crown estat crown
クラウンエステート
2023 toyota crown sport
クラウンスポーツ
クラウンスポーツ
比較
全長4,930mm4,720mm+210mm
全幅1,880mm1,880mm+0mm
全高1,620mm1,565mm
1,570mm
+55mm
ホイールベース2,850mm2,770mm+80mm
乗車定員5名5名同じ

新型「クラウンエステート」と歴代「クラウン」のサイズ比較

国内ではボディサイズが大きくなったことで、狭い道での運転や、駐車スペースの確保は更に気を遣う必要がありそうです。歴代「クラウン」のボディサイズを比較してみたが、歴代の中でも特に大きいことがわかります。

スクロールできます
車種全長全幅全高ホイール
ベース
7代目
クラウン
4,860mm1,720mm1,420mm2,720mm
8代目
クラウン
4,860mm1,745mm1,400mm2,730mm
9代目
クラウン
4,800mm1,750mm1,440mm2,730mm
10代目
クラウン
4,820mm1,760mm1,450mm2,780mm
11代目
クラウン
4,820mm1,765mm1,445mm
1,470mm
2,780mm
12代目
クラウン
4,840mm1,780mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
13代目
クラウン
4,870mm1,795mm1,470mm
1,485mm
2,850mm
14代目
クラウン
4,895mm1,800mm1,450mm
1,460mm
2,850mm
15代目
クラウン
4,910mm1,800mm1,455mm
1,465mm
2,920mm
16代目
クラウンクロスオーバー
4,930mm1,840mm1,540mm2,850mm
16代目
クラウンスポーツ
4,720mm1,880mm1,565mm2,770mm
16代目
クラウンエステート
4,930mm1,880mm1,620mm2,850mm
16代目
クラウンセダン
5,030mm1,890mm1,470mm3,000mm

新型「クラウンエステート」は機械式駐車場は注意が必要

マンションやパーキングエリアの駐車場で機械式駐車場を選択する場合に注意が必要な車種は車幅1850mm以上の場合だ。パレット幅の問題が1番である。現在、日本で最も多い機械式駐車場のタイヤ外幅1850~1900mm以下が多くこのパレットに収まらないケースが多い。パレットとは機械式駐車場で車を実際に乗せる台のような部分です。

車幅が制限内におさまっていてもパレッド幅が小さいと駐車することができない。更にギリギリすぎるとタイヤやホイールを傷を付ける可能性があります。筆者の友人でも新車を購入してパレッドに乗らないために今まで使っていた駐車場が使えなくなって困っている人を何人か見かけます。

新型 クラウンスポーツ ボディカラーについて

モノトーンとなる単色を5色ラインナップ。ブラックまたはシルバールーフのツートンカラーを5色ラインナップ。

単色 5色

ツートンカラー 5色

新型 クラウンエステート インテリアについて

インパネデザインはディスプレイオーディオを一体化させ、メーターには12.3インチの大型フル液晶デジタルメーターが採用されています。ナビゲーションシステムは「コネクティッドナビ」が搭載され、また、トヨタ初の「デジタルインナーミラー」と「ドライブレコーダー(前後方)」も採用されています。さらに、ディスプレイオーディオのオプションとして「車内Wi-Fi」も設定されています。

インテリアは最新装備充実

クロスオーバーとエステートの内装を並べて比較すると、共通化によってデザインは全く同じと言ってもいいでしょう。しかし、カラーリングの部品には違いがあり、「クラウンエステート」ではアシンメトリーカラーリングが採用されています。これにより、印象が変わることがわかります。

「センターコンソール」と「サイドパネル」が一体感のあるデザインとなっており、その質感の高さが伝わってきます。また、インテリアカラーは落ち着いたブラウン系の色合いで、落ち着いた印象を与えています。エステートのコンセプトが“アクティブキャビン”であることから、後部座席は大きな荷物を運べるスペースとして設計されており、これぞクラウンエステートという質感の高さを感じさせる空間となっています。

「ディスプレイオーディオ」からメーターの「12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター」までの視界の良さは、非常に印象的でした。高級感よりも新鮮さを感じさせるポイントとして際立っています。また、ナビゲーションシステムが「コネクティッドナビ」として採用されており、これからの進化に期待が高まります。

電動パーキングブレーキ&ホールドボタンの位置は非常に押しやすく、また、ドリンクフォルダーと置くだけ充電の位置も使い勝手の良い場所に設置されていると感じました。

新型 クラウンエステート 安全技術について

次世代の「Toyota Safety Sense」は、先代モデルよりも機能を高めています。右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象となり、安全性を向上させています。また、「Toyota Teammate」と呼ばれる高度運転支援技術も導入されており、トヨタ自動車独自の自動運転の考え方である「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発されています。最新のAI技術を活用し、ディープラーニングを中心とした技術を取り入れることで、運転中に発生しうる様々な状況を予測し、適切に対応する支援が可能となっています。「Advanced Park」などの機能も採用され、利便性も向上しています。

新型 クラウンエステート エンジンについて

スポーツという名にふさわしく、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用しています。さらに、新たに開発された「2.4L直噴ターボエンジン+ハイブリッドシステム」「eAxle」も導入されています。電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」も採用されています。また、2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドモデルもラインナップされています。

燃費性能はクラストップ 最新ハイブリッドシステムを採用

エンジンのラインナップは、HEV(4WD)とPHEV(4WD)を公式に採用すると発表されていますが、クラウンスポーツで採用された「新型2.4ターボハイブリッド」と、RAV4PHVやハリアーPHVに採用されている「2.5Lエンジン+プラグインハイブリッドシステム」が採用される可能性が高いです。どちらもスポーティな走りと低燃費を両立させ、クラウンスポーツにふさわしいパフォーマンスを提供します。

一方、エステートには大きな荷物を運べるように、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池が組み合わせられる予定です。また、「2.4L直噴ターボエンジン+ハイブリッドシステム」「eAxle」や電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」が採用され、さらに2.5Lエンジン+モーターのプラグインハイブリッドモデルもラインナップする予定です。

2.4 ターボ ハイブリット モデル 予想

スペック新型クラウンエステート
2.4 ターボ ハイブリッド
全長4,930mm
全幅1,880mm
全高1,620mm
ホイールベース2,850mm
エンジン直列4気筒 2.4L
直噴ターボエンジン
+モーター
最高出力200kW(272ps)/
6,000rpm
最大トルク460Nm(46.9kgm)/
2,000-3,000rpm
フロントモーター
最大出力
61kw(82.9ps)
フロントモーター
最大トルク
292Nm(29.8kgm)
リアモーター
最大出力
59kW(80.2ps)
リアモーター
最大トルク
169Nm(17.2kgm)
トランスミッションDirect Shift-6AT
バッテリーニッケル水素電池
5Ah
駆動方式4WD
(E-Four Advanced)
乗車定員5名
車両重量-kg
WLTCモード燃費15.7km/L

PHEVモデル 予想

スペック新型クラウンエステート
PHEV
全長4,930mm
全幅1,880mm
全高1,620mm
ホイールベース2,850mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力130kW(177ps)/
6,000rpm
最大トルク219Nm(22.3kgfm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
134kW(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgfm)
リアモーター
最大出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム出力E-Four:225kW(306ps)
トランスミッション電気式無段変速機
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
18.1kWh
駆動方式4WD
(E-Four)
乗車定員5名
車両重量-kg
WLTCモード燃費20.5㎞/L
EV航続距離93km/L
価格-円

新型 クラウンエステート 価格予想について

クラウンエステートの価格予想ですが、同様のクラウンシリーズで同タイプのエンジンを搭載している価格ですが、クラウンスポーツPHEVは765万円。クラウンクロスオーバー 2.4Lターボモデルは670万円~685万円なので、筆者の予想では、クラウンエステートPHEVは820万円、クラウンエステート 2.4L ターボは750万円ほどと予想しています。

クラウン スポーツ PHEVモデル 価格

 グレードパワートレーン駆動
方式
価格
(10%)
SPORT RSリダクション機構付Series Parallel Plug-in Hybrid
(A25A-FXS 2.5Lダイナミックフォースエンジン)
E-Four7,650,000円

クラウン クロスオーバー 2.4L ターボ+モーター モデル 価格

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
CROSSOVER RS直列4気筒 2.4L
直噴ターボエンジン
+モーター(THSⅡ)
Direct Shift-CVT4WD6,700,000円
CROSSOVER
特別仕様車
RS “LANDSCAPE”
6,850,000円
あわせて読みたい
トヨタ 新型「クラウンクロスオーバー」 一部改良 アウトドア志向の特別仕様車「RS “LANDSCAPE”」追加 2... トヨタは新型「クラウンクロスオーバー」の一部改良を行い、2024年4月4日に発売する。今回は新たにアウトドア志向の新しい特別仕様車「RS “LANDSCAPE”」を追加する。価...

編集部から一言

実車は、展示車両ではLEDデイライトとLEDリアコンビネーションライトが点灯しており、とてもカッコよかったです。特に、ハンマーヘッド形状による力強さと流行のフロント部分は、コの字型のデイライトが採用されています。このデイライトはシリーズの中でも大人っぽさとさりげない感じがあります。

「クラウン」シリーズでは、SNS上では「クラウンスポーツ」が最もかっこいいと言う声が多いですが、筆者は「クラウンエステート」が最もかっこよくて、実用的であり、SUVらしさも兼ね備えた現代版の「クラウンエステート」だと感じています。車両のサイズは全長4,930mm×全幅1,880mm×全高1,620mmで、ホイールベースは2,850mmと公表されていますが、確かに大きさを感じますね。タイヤにはミシュランの「PRIMACY」235/45R21を装着した21インチ専用アルミホイールが採用されています。

リアは、薄くシャープなリアコンビネーションランプが横一文字に伸びるデザインで、「LEDリアコンビネーションランプ」が採用されています。また、特に印象的なのが21インチのアルミホイールです。これはトレンドを取り入れているなという印象を受けますね。

全幅1,880mmというサイズは、世界的に見ればそこまで大きくはありませんが、日本国内では駐車スペースの制限がありますので、購入を考える際にはよく検討してからの方が良いでしょう。

セダンスタイルは昔の人に比べて古臭い印象があり、新たな世代を取り込むためには「クロスオーバーSUV」スタイルの採用が重要です。この変更により、高級感とモダンなデザインの印象を与え、40代や30代の人々にもアピールできるでしょう。15代目を飛ばして16代目として全てのボディを「クラウン」車種とすることで、顧客のニーズに応えながらも、トヨタブランドとして「クラウン」を残していこうという意思と挑戦の姿勢が感じられます。特に、今回の「クラウンエステート」が最も魅力的に映るため、市場の注目度も高いと考えられます。購入を検討する方は、発売日が近づいたら早めにディーラーで注文を受け付けるべきです。また、全幅1,880mmというサイズは世界的に見るとそこまで大きくはありませんが、日本国内では駐車に制限があるため、購入前に慎重に検討することが重要です。

トヨタ クラウン

https://toyota.jp/crown/

2024 toyota crown estat

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次