MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

インド スズキ 新型「インヴィクト」 ハイブリッド SUVスタイルの特徴を備えた3列ミニバン 2023年7月6日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Maruti Suzuki Invicto

インドのスズキは、新型ミニバン「インヴィクト」を2023年7月6日(現地時間)発表した。トヨタとスズキは、その協力関係を最大限に活用し、異なる市場向けに互いの車両のバッジを付け替えている。

目次

インド スズキ 新型「インヴィクト」について

新型「インヴィクト」には、ハイブリッドパワートレインのみを搭載した7人乗りと 8人乗りの構成のミニバンである。トヨタ 「イノーバ ゼニックス」とほぼ同じ。変更はフロントエンドに集中しており、スズキのデザイナーは、わずかに異なる人工インテークとスキッドプレートを備えた再設計されたバンパー、より多くのクロムを使用したより大きなグリルを追加。ヘッドライトのグラフィックもスズキのスタイリング言語に合わせて見直された。特徴的な1インチアルミホイールを除き、そのプロファイルは引き継がれています。わずかに調整されたテールライトのグラフィックと擬似インテークの周りのクロームトリムのほかに、同じことがテールにも当てはまる。

全長4,755mmのミニバンは、トヨタのTNGA「GA-C プラットフォーム」の拡張バージョンに基づいており、ホイールベースは2,850mmで、広々としたキャビンを実現。3列レイアウトは、2列目の構成に応じて7人または 8人乗りが可能です。トランクの容量は、すべてのシートを所定の位置に置いた状態で 239L、または3列目を折りたたむと 690Lで、キャビン内のいたるところに多数の収納コンパートメントとカップホルダーを備えている。

スズキとトヨタのインテリアの変更は色の組み合わせに限定されており、インヴィクトはシートに黒のレザーレット張りとシャンパンゴールドのアクセントが特徴。装備には、10.1インチのインフォテインメントタッチスクリーン、インストルメントクラスター内の7インチスクリーン、6スピーカーオーディオシステム、ベンチレーテッドシート、デュアルゾーンエアコン、パノラマサンルーフ、360度カメラなどが含まれる。安全性の面では、このミニバンには 6 個のエアバッグが標準装備、ADAS が搭載されていない。

あわせて読みたい
インドネシア トヨタ 新型 キジャン イノーバ ゼニックス 2022年11月21日発表 インドネシアのトヨタは新型「キジャン イノーバ ゼニックス」のフルモデルチェンジを行い2022年11月21日発表。 【トヨタ 新型 キジャン イノーバ ゼニックス エクステ...

スズキ

https://www.suzuki.co.jp/

Maruti Suzuki Invicto

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次