ダイハツ 新型 ロッキースペースはいつ? ボディサイズ大型化で3列シート7人乗り グローバルモデルに 2024年12月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-daihatsu-rocky-space

ダイハツは「ロッキー」をベースにした「ロッキースペース」を2024年12月頃に発売すると予想される。ボディサイズ大型化で3列シート7人乗りある可能性が高い。通常モデルの「ロッキー」とエクステリアデザインを変更し、よりワイルドで大型化により人気車種となりそうだ。

目次

ダイハツ 新型 ロッキー スペース について

  • 通常モデルの「ロッキー」とエクステリアデザインを変更
  • ロッキーよりも全長を伸ばした室内空間にゆとりをもたせる
  • 3列シート7人乗りモデルをラインナップ
  • ダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用
  • ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を採用

2022年12月12日に日本の特許庁に「Rocky Space(ロッキーベース)」申請(商願2022-139684)した。過去に発売した「スペース」と同じく、大型化を意味していると思われる。ロッキー」は販売が好調であり、2022年のSUVの販売台数ではダイハツの「ロッキー」も22,223台で6位を記録している。

ダイハツでは「ロッキー」の上位に位置するモデルは「ヤリスクロス」であるが、全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVであるが、「ロッキー」は5ナンバーサイズに収めたコンパクトSUVである。 プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmと5ナンバーサイズに収めている。

ダイハツ 新型 ロッキー ハイブリッド ライバル車種について

コンパクトSUVはライバルが非常に多く、トヨタ「ヤリスクロス」日産「キックス e-POWER」ホンダ「WR-V」「ヴェゼル e:HEV」と多くのモデルでハイブリッドモデルがある。そして魅力的な車種ばかりである。ロッキーが他車種と大きく違いう点はボディサイズである。ロッキーは唯一の5ナンバーサイズのSUVである。小さいSUVで更に燃費を求める人にはおすすめな1台となるだろう。

サイズロッキーヤリスクロスWR-V
全長3,995mm4,180mm4,325mm
全幅1,695mm1,765mm1,790mm
全高1,620mm1,590mm1,650mm
ホイール
ベース
2,525mm2,550mm2,650mm

以外にもヤリスクロスとロッキーはある程度差があるのでもう少しだけ大きなサイズとして「ロッキー」の派生は「ロッキースペース」を発売する意味はありそうだ。

ダイハツ 新型「ロッキー スペース」予想スペックについて

  • 通常モデルの「ロッキー」とエクステリアデザインを変更
  • ロッキーよりも全長を伸ばした室内空間にゆとりをもたせる
  • 3列シート7人乗りモデルをラインナップ

予想ではロッキーよりも全長を伸ばした室内空間にゆとりをもたせ5ナンバーサイズの枠を超えながらもこんパクトにまとめたモデルになるだろう。噂では3列シート7人乗りを採用するとも言われている。

スペックロッキースペース
全長4,395mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,625mm
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
モーター
最高出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
駆動方式2WD
最小回転半径5.0m
タイヤサイズ195/60R17
WLCTモード燃費27.0km/L

ダイハツ 新型「ロッキー スペース」 ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」

  • ダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用
  • ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を採用

「e-SMART HYBRID」 システムは新開発の「1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーター」で構成されており、エンジンは発電専用。 その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用。小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム。WLCTモード燃費28.0km/L(2WD)と驚異的な燃費る 。

発電用エンジンには 1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)最高出力 60kW(82ps)/5,600rpm、105Nm(10.7kgfm)/3,200-5,200rpmを採用。駆動用モーターは最高出力78kW(106ps)、最大トルク170Nm(17.4kgm)を発揮する。トルクがモーターの特徴を生かした走りが可能だ。アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現する「スマートペダル(S-PDL)」採用。

過去 発売した「スペース」は?

トヨタ「ピクシススペース」2014年(平成26年) 4月発売モデルトヨタ初の軽乗用車「ピクシススペース(PIXIS SPACE)」。ダイハツのムーヴコンテのOEM供給を受けて誕生。

ピクシススペース の名前の由来は?

  • ピクシス - 「いたずら好きな小妖精」を意味する英語のpixieからの造語。
  • スペース - トールワゴンの形状に由来。

ダイハツ 新型「ロッキー スペース」について一言

現行、「ロッキー」はよくできている商品で売れる要素が沢山詰まった商品だと思います。しかも、5ナンバーサイズを守る数少ないクロスオーバーSUVとして人気が高いです。しかし、他社やトヨタ系列のクロスオーバーSUVはほぼ3ナンバーモデルであり、少しサイズが大きいモデルでも販売台数を伸ばしているのが事実です。とすれば、ロッキーをベースに室内空間を広げながらもコンパクトにまとめたモデルは他社のモデルとサイズはそこまで変わらず、室内空間は広々とした夢の様な商品になることが予想されます。「ロッキースペース」の販売は非常に楽しみです。

ロッキーについては次へ

1 2
2024-daihatsu-rocky-space

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次