MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

インドネシアのかっこいい「ヤリスクロス」は「ライズ スペース」 かもしれない

当ページのリンクには広告が含まれています。
Toyota Yaris Cross Indonesia

トヨタは「ライズ」をベースにした「ライズベース」を2024年頃に発売する。2022年12月12日に日本の特許庁に「RAIZE SPACE(ライズベース)」申請(商願2022-141247)した。トヨタはインドネシアで新型「ヤリスクロス(YARIS CROSS)」を2023年5月15日(現地時間)発表した。デザインは「RAV4」や「ハイランダー」に似ていることから日本でも販売すれば人気車種になることは間違いない。しかし、衝撃的なのは現在、欧州、日本、オーストラリアで販売されている「ヤリスクロス」とはなんと無関係であることだ。ベースはライズをベースにしており「ライズ スペース」がしっくりくる。

目次

日本モデルのライズとヤリスクロス ボディサイズ 比較

日本モデルのヤリスクロスはヤリスをベースとし、専用のエクステリアデザインを採用。全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。専用の18インチアルミホイールを採用。ヤリスと比べ全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+90mm拡大している。最低地上高は+30mmとした。インドネシアのヤリスクロス(ライズスペース)は比較すると一回り大きいのがわかる。

スペックライズ
ライズ
(日本モデル)
yariss cross
ヤリスクロス
(日本モデル)
Toyota Yaris Cross Indonesia
ヤリスクロス
(インドネシア)
全長3,995mm4,180mm4,310mm
全幅1,695mm1,765mm1,770mm
全高1,620mm1,590mm1,615mm
ホイールベース2,525mm2,550mm2,620mm
乗車定員5名5名5名

日本モデルのライズとヤリスクロス エンジン 比較

日本モデルもインドネシアモデルも「ヤリスクロス」には新世代「直列3気筒 1.5L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M15A型」モデルの新しく小型化されたTHSⅡを採用。E-Four(4WD)モデルも採用。

スクロールできます
スペックライズ
ライズ
(日本モデル)
yariss cross
ヤリスクロス
(日本モデル)
Toyota Yaris Cross Indonesia
ヤリスクロス
(インドネシア)
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
直3 1.5L+
モーター 
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
67kW(91ps)/
5,500rpm
67kW(91ps)/
5,500rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
モーター
最高出力
78kW
(106ps)
フロント:
59kW(80ps)
リヤ:
3.9kW(5.3ps)
フロント:59kW
(80ps)
モーター
最大トルク
170Nm
(17.4kgm)
フロント:
141Nm(14.4kgm)
リア:
52Nm(5.3kgm)
フロント:141Nm
(14.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式2WD2WD
4WD
(E-Four)
2WD
WLTCモード燃費28.0km/L30.8km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
-km/L
価格(10%)2,163,000円~
2,328,000円
2,284,000円~
2,815,000円
-円
あわせて読みたい
新型 ヤリスクロス 一部改良 2024年1月17日発売 センターコンソールなど変更点や違いについて トヨタは「ヤリスクロス」を一部改良(マイナーチェンジ)を行い、2024年1月17日に発売しました。価格は1,907,000円から3,156,000円(税込)です。今回の改良では新世代...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ 一部改良(マイナーチェンジ) ハイブリッド モデル 追加 2021年11月1日発売 トヨタは新型「ライズ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 を追加し2021年11月1日に発売する。併せてOEM車、 ダイハ...

過去トヨタが発売した「スペース」は?

トヨタ「ピクシススペース」2014年(平成26年) 4月発売モデルトヨタ初の軽乗用車「ピクシススペース(PIXIS SPACE)」。ダイハツのムーヴコンテのOEM供給を受けて誕生。

ピクシススペース の名前の由来は?

  • ピクシス – 「いたずら好きな小妖精」を意味する英語のpixieからの造語。
  • スペース – トールワゴンの形状に由来。
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズスペース ボディサイズ大型化で3列シート7人乗りSUV 2025年発売 トヨタは、クロスオーバーSUV「ライズ」をベースにした新モデル「ライズスペース」を2025年に発売すると予想されています。この新モデルはボディサイズが大型化され、3...

まとめ

日本モデルの「ヤリスクロス」や「ライズ」とプラットフォームやエンジンを共有している面が多くやはりデザインの良さから日本で「ライズスペース」として販売すれば話題となることは間違いない。それにしてもトヨタの商品力の高さに本当に驚くばかりだ。

トヨタ

https://toyota.jp/index.html

トヨタ ライズ

https://toyota.jp/raize/

Toyota Yaris Cross Indonesia

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次