【2024年】軽自動車 人気車種 ランキング まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 popular light vehicle model ranking

今回は2024年令和6年)時点で日本国内で販売されている軽自動車のうち、最も人気の高い軽自動車を調べてランキング形式でお伝えします。2023年の年間販売ランキングを元に作成しています。燃費を売りにしている車が多くランクインしている。購入時の参考にしていただければ幸いです。

目次

軽自動車ランキング

軽自動車では1位はホンダ N-BOXで231,385台で首位となった。2位ダイハツ タントで15,9392台で3位 がスズキのスペーシアで122,275台となった。軽自動車のランキングでは常連のランクインである。

順位メーカー車名販売台数
1位ホンダN-BOX231,385台
2位ダイハツタント15,9392台
3位スズキスペーシア122,275台
4位ダイハツムーヴ104,557台
5位スズキハスラー82,720台
6位スズキワゴンR72,235台
7位日産ルークス70,536台
8位スズキアルト67,719台
9位ダイハツミラ64,080台
10位ダイハツタフト59,330台
11位三菱デリカミニ40,573台
12位スズキジムニー39,910台
13位日産デイズ38,687台
14位ホンダN-WGN37,779台
15位日産サクラ37,140台
2023年 軽自動車販売ランキング
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ「N-BOX」2年連続 新車販売台数1位に シリーズの累計販売台数が250万台を突破

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年】売れた自動車は? 年間販売ランキング 「ホンダ N-BOX」が2年連続

軽自動車の魅力

車両価格が安い。(車種によっては車両本体価格が100万円以下。)

リセールバリューが高い。(軽自動車は需要が高く、リセールバリューが高い傾向にあります。)

維持費が安い。(低燃費車種が多く、自動車税なども最安)

運転がしやすい。(軽自動車規格は全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、排気量660㏄以下、乗車定員4人以下なので普通車に比べ小さく小回りがきくので細い道や運転に不慣れな方でも運転がしやすい。)

1位 ホンダ N-BOX

ホンダはトールワゴン型の軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジを行い2023年10月5日発表2023年10月6日に発売する。仕様を確認してきたので内容についてまとめてみた。2023年時点で"日本一売れる車"である「N-BOX」がどのような進化を見せてくれるか注目があつまる。

ホンダ 新型「N-BOX」について

新型「N-BOX」のエクステリアは丸穴デザインのフロントグリルを採用。

新型「N-BOX CUSTOM」のエクステリアは立体感のある緻密な造形のフロントグリル、フロントの横一文字ライト、ダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライトを採用

ホンダ初「7インチTFT液晶メーター」を採用。

「マルチビューカメラシステム」を採用。

安全装備では新たに「急アクセル制御機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」を採用。

エクステリアはキープコンセプトでありながら新しいデザインを採用する。現行に引き続き今やホンダ伝統となる「センタータンクレイアウト」を採用し 「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)。リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。フルモデルチェンジによりエンジン改良やプラットフォームの見直しにより軽量化と高剛性化と共に若干燃費アップが期待できる。Honda SENSINGの機能や各種情報を見やすく、分かりやすく表示する「7インチTFT液晶メーター」や荷物をひとまとめにしまえる大型のグローブボックス、後席の大型のサイドポケットなどを採用し、使い勝手を向上した。

ホンダ 新型「N-BOX」エクステリア

新型「N-BOX」のエクステリアは丸穴デザインのフロントグリルや人の瞳を想起させる造形のヘッドライトを使用し、シンプルと親しみやすさを表現。

ホンダ 新型「N-BOX CUSTOM」エクステリア

新型「N-BOX CUSTOM」のエクステリアは立体感のある緻密な造形のフロントグリル、フロントの横一文字ライト、ダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライトを採用、また歴代モデルで築いてきた「N-BOX CUSTOM」らしいクリアレンズのリアコンビネーションランプ、ロー&ワイドな見え方と空力性能を考慮した専用のエアロデザインを採用。

ホンダ 新型「N-BOX」インテリア

自宅のリビングで家族や友人と楽しく集うような、居心地の良い空間を実現しました。後席のトランクサイドライニングの一部にグリップ形状のくぼみを設けることで、小さいお子様や高齢の方がしっかりグリップを握ることができ、乗り降りしやすくなりました。「7インチデジタルメーター」を装備しインフォテインメントシステムには、コネクテッド技術「Honda CONNECT」に対応する「9インチナビゲーション」を採用。Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。更にオプションでは後席で迫力ある映像を楽しむことができる「12.8インチリア席モニター」を採用する。

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

ホンダ 新型「N-BOX」価格について

スペックN-BOX
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,790mm
ホイールベース2,520mm
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
i-VTECエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7,300rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF / 4WD
WLTCモード燃費21.6km/L(FF)
19.4km/L(4WD)

新型「N-BOX CUSTOM」価格について

スペックN-BOX CUSTOM
NA車
N-BOX CUSTOM
ターボ車
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,790mm1,790mm
ホイールベース2,520mm2,520mm
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC
ターボエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッションCVTCVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式FF / 4WDFF / 4WD
WLTCモード燃費21.5km/L(FF)
19.4km/L(4WD)
20.3km/L(FF)
18.4km/L(4WD)
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
価格や仕様が判明 新型「N-BOX」フルモデルチェンジ 発売日は2023年10月5日発表 10月6日発売

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2022年】売れた自動車は? 年間販売ランキング 3年連続 1位はトヨタ ヤリスとホンダN-BOX

2位 ダイハツ タント

ダイハツは新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月9日に発売した。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用する。更に、新開発の「ミラクルウォークスルーパッケージ」や「次世代スマートアシスト」を採用する。助手席側のセンターピラーレスを有効活用したパッケージングで「運転席ロングスライドシート(最大540mm前後可能)を採用。更に助手席を(380mm)前後が可能となり助手席を完全に前に移動できることで運転席から後部座席への移動を簡単に行え、ピラーレスを最大限に活用できる。

tanto

最近では後部座席にしかISOFIX対応のチャイルドシート置くことができないためどうしても子供は後ろになり都度運転席から降りて子供を載せたり下ろしたりしなければならないが新型タントであれば簡単に後部座席へ移動し子供と一緒に乗り降りもできることが最大の利点だ。最大のライバルとなる新型N-BOXはピラーレスを採用していないため大きな差別化となる。  

ダイハツ 新型「タント」について

ダイハツはマイナーチェンジした「タント」に、楽しさとアクティブさを表現した新モデル「タント ファンクロス」を公開し、2022年8月22日先行受注を開始。発売は2022年10月3日

エクステリアのデザインを変更。(タントカスタムはフロントグリルとヘッドライトを変更。)

アクティブモデルとして新モデル「FUNCROSS(ファンクロス)」を設定。

L(スマートアシスト非装着車)を廃止し、スマートアシストを全車標準装備する。

ボディーカラー・インテリアカラーに新色を追加する。

今回の新タントでは、「タント カスタム」のフロントフェイスを大幅に変更、押し出し感を強めた大人の上質・洗練さを表現。

合わせて、拡大するアクティブ系スーパーハイトワゴン市場に、日常を越えて、楽しい時間を過ごせるアクティブな車として新モデル「タント ファンクロス」を追加。スマートアシストに「ブラインドスポットモニター」+「RCTA(リヤクロストラフィックアラート)」を採用。L(スマートアシスト非装着車)を廃止し、スマートアシストを全車標準装備する。ボディーカラー・インテリアカラーに新色を追加する。

ダイハツ 新型「タント 」ボディカラーについて

MONOTONE

アイスグリーン〈G62〉

サンドベージュメタリック〈T34〉

シャイニングホワイトパール〈W25〉(メーカーオプション)

ホワイト〈W09〉

ブラックマイカメタリック〈X07〉

ブライトシルバーメタリック〈S28〉

レーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉(メーカーオプション)

ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉

プラムブラウンクリスタルマイカ〈R59〉(メーカーオプション)

TWO TONE

ホワイト〈W09〉×アイスグリーン〈G62〉【XM8】(メーカーオプション)

ホワイト〈W09〉×サンドベージュメタリック〈T34〉【XM7】(メーカーオプション)

ダイハツ 新型「タント カスタム」ボディカラーについて

MONOTONE

シャイニングホワイトパール〈W25〉(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉

クロムグレーメタリック〈S44〉

クールバイオレットクリスタルシャイン〈P19〉(メーカーオプション)

ターコイズブルーマイカメタリック 〈B86〉

レーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉(メーカーオプション)

ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉

TWO TONE

ブラックマイカメタリック〈X07〉× シャイニングホワイトパール〈W25〉【XH3】(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉×ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉【X96】(メーカーオプション)

ダイハツ 新モデル「タント ファンクロス」について

後席には上下2段調節式デッキボードを採用、デッキボードの脚を立てれば、2段積みモードに。更に防水加工シートバックを採用しており、濡れた荷物も気にせず載せられる。ラゲージルームランプ(デッキサイド右側/天井)USBソケット(後席右側1口)を採用している。

ダイハツ 新モデル「タント ファンクロス」ボディカラーについて

MONOTONE

レイクブルーメタリック〈B87〉

サンドベージュメタリック〈T34〉

コンパーノレッド 〈R75〉

シャイニングホワイトパール〈W25〉(メーカーオプション)

クロムグレーメタリック〈S44〉

レーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉

ブラックマイカメタリック〈X07〉

フォレストカーキメタリック 〈G63〉

TWO TONE

ブラックマイカメタリック〈X07〉×レイクブルーメタリック〈B87〉【XM5】(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉×サンドベージュメタリック〈T34〉【XM6】(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉×コンパーノレッド〈R75〉【XH7】(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉×シャイニングホワイトパール〈W25〉【XH3】(メーカーオプション)

ブラックマイカメタリック〈X07〉×フォレストカーキメタリック〈G63〉【XM4】(メーカーオプション)

ダイハツ 新型「タント」スペックについて

スペックタントタントカスタム
エンジン形式NAターボ
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,755〜1,775mm1,755〜1,775mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
WLTCモード燃費21.2km/L(2WD)
20.2km/L(4WD)
20.0km/L(2WD)
18.8km/L(4WD)
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ダイハツ 新型 タント タントカスタム フルモデルチェンジ DNGA 次世代スマアシ採用 2019年7月9日発売

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ダイハツ 新型 タント 一部改良 2020年12月1日発売

3位 スズキ スペーシア

スズキは、軽ハイトワゴンとなる新型「スペーシア」「スペーシア カスタム」を2023年11月22日に発売する。「わくわく満載!自由に使える安心・快適スペーシア」をコンセプトに、デザインや快適で居心地のよい室内空間、安全機能など、スペーシア本来の魅力を進化した。

スズキ 新型「スペーシア」 について

エクステリアデザインを変更。

大型9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションを採用。

スズキ初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。

「後部座席センターアームレスト」「オットマン」「パーソナルテーブル」を採用。

最新の「R06D型 エンジン」を採用。

スペーシアのデジタルスピードメーター&マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)ステアリングヒーターをスズキ軽自動車として初採用。

プラットフォームには「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、環状骨格構造や構造用接着剤などの採用により、ボディ剛性や操縦安定性を高めたほか、アンダーボディ接合面に減衰接着剤を採用、遮音バッフルを左右計8か所に採用することで室内の高い静粛性を実現。

乗り降りのしやすいリアステップ地上高(345mm)やスライドドア開口幅(600mm)、開口高(1250mm)に加え、持ち手部分を拡大した乗降グリップにより、後席の乗降性を高めた。

スズキ 新型「スペーシア」エクステリア について

エクステリアはキープコンセプトとなるがデザイン変更を行いイメージを一新する。

ノーマルモデルの「スペーシア」は先代とほぼキープコンセプトであり、フロントデザインなどが多少変更される。「スペーシアカスタム」はフロントデザインをシルバー塗装を施し、より上質感と華やかさのあるデザインとし、他社ではあるが、トヨタの「ヴェルファイア」を感じさせるオラオラしたデザインとなっている。更に、ヘッドライトには「DRL(デイタイムランニングライト)」「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用。

スズキ 新型「スペーシア」 インテリア について

インテリアはより使い勝手のいい配置やスペースを作り込んでいる。新型デザインのステアリングホイールにステアリングヒーターを採用。大型9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションデジタルメーター+液晶と遂に、待望のスズキ初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」が採用される。軽自動車としては後部座席に快適装備を装備し、「後部座席センターアームレスト」、荷物の落下防止として使う「マルチユースフラップ」をオットマンとして使うこともできる。「パーソナルテーブル」にはストッパー付でタブレットなどが置ける。

関連記事

スズキ 新型「スペーシア」スペックについて

パワートレーンは、最高出力36kW(49PS)/6500rpm、最大トルク58Nm(4.1kgfm)を発生するR06D型エンジンと最高出力1.9kW(2.6PS)/1500rpm、最大トルク40Nm(4.1kgfm)/100rpmを発生するWA04C型モーターを組み合わせるマイルドハイブリッドを搭載。

ターボモデルには最高出力47kW(64PS)/6000rpm、最大トルク98Nm(10.0kgfm)/3000rpmを発生するR06A型と、最高出力2.3kW(3.1PS)/1000rpm、最大トルク50Nm(5.1kgfm)/100rpmを発生する。

スペックスペーシアスペーシア
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,785mm1,785mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン直列3気筒660cc
<R06D型>
+モーター
(マイルドハイブリッド)
直列3気筒660cc
<R06D型>
ターボ+モーター
(マイルドハイブリッド)
最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
モーター最大出力1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最大トルク40Nm(4.1kgm)/
100rpm
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式2WD(FF)/ 4WD2WD(FF)/ 4WD
乗車定員4名4名
WLTCモード燃費22.2km/L(2WD)
20.2km/L(4WD)
19.8km/L(2WD)
19.2km/L(4WD)
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
3代目 新型「スペーシア」 フルモデルチェンジ 打倒「N-BOX」多くの機能を搭載 2023年11月22日発売へ

6位 スズキ「ワゴンR」

スズキの「ワゴンR」はマイナーチェンジを行い新たなモデル「ワゴンR カスタムZ」を追加し2022年8月30日にて発売。マイナーチェンジする「ワゴンR」はエクステリアのデザイン変更(新デザインのグリル、バンパー)、新たに「ワゴンRカスタムZ」を設定。インテリアでは新たに「7インチディスプレイオーディオ」を採用。新サービス「SUZUKI connect(スズキコネクト)」に対応。安全システムには夜間の歩行者も検知する「 デュアルカメラブレーキサポート 」搭載。「アクティブクルーズコントロール(ACC)(全車速追走機能付き)」「車線逸脱制御機能」を採用。「USB電源ソケット(Type-A/Type-C インパネ2個)」を装備。

スズキ「ワゴンR」 スペック

スペックワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
ワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
ワゴンR
全長3,395mm3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm1,475mm
全高1,680mm1,680mm1,680mm
ホイール
ベース
2,460mm2,460mm2,460mm
エンジン660cc
直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
エンジン
最高出力
47kW(64ps)/
6,000rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
エンジン
最大トルク
98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター
最高トルク
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
リチュウム
イオン
電池
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
WLCTモード
燃費
23.4km/L(2WD)
21.8km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
24.4km/L(2WD)
23.2km/L(4WD)
乗車定員4名4名4名
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型「ワゴンR」一部仕様変更 MT車の法規対応に伴う仕様変更 2023年11月24日発売

7位 日産「ルークス」

日産は新型「ルークス」のマイナーチェンジを行い2023年4月17日発表、6月下旬頃に発売する。

現行モデル「ルークス」は2020年2月25日10時に発表、2020年3月19日に発売しており、丸3年でのマイナーチェンジとなるが、今回はエクステリアのデザインを変更し、2022年12月22日発売した新型セレナに似たエクステリア、インテリアデザインを変更。新しい「日産エンブレム」を採用。最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。グレード「ハイウェイスター」モデルには大型Vモーショングリル「Vモーショングリル」を採用しブーメラン型ヘッドライト、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れている。更に、横長のシグネチャーLEDランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。

後方視界が遮られるシーンや悪天候などでもクリアな視界を確保する「インテリジェント ルームミラー」を新たに採用。また、「LEDヘッドランプ」、「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」を全車標準装備。

「ルークスハイウェイスター」全車に「快適パック(プラズマクラスター付きリヤシーリングファン、パーソナルテーブル、カップホルダー(9個)、USBソケット)」を標準装備。ボディカラーには新たに新色を追加、「ルークス」には「ソルベブルーメタリック/ホワイトパール2トーン」と「カクタスグリーンパール」、「ルークス ハイウェイスター」に「カンジュクカシスパール」を追加。「ステアリングヒーター」を4WD車に標準装備、2WD車にオプション設定。

日産 新型 ルークス 一部仕様向上 スペック

スペックルークスルークス
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,775mm1,775mm
ホイールベース2,495mm2,495mm
モデルターボ車マイルド
ハイブリッド車
エンジン660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
インタークーラーターボ
660cc 
水冷直列3気筒 DOHC 
+モーター
最高出力64ps/
5,600rpm
52ps/
6,400rpm
最大トルク100Nm/
2,400rpm~4,000rpm
60Nm/
3,600rpm 
モーター
最高出力
2.1ps/
1,200rpm
2.1ps/
1,200rpm
モーター
最大トルク
40Nm/
100rpm
40Nm/
100rpm
トランスミッションCVT
(エクストロニック)
CVT
(エクストロニック)
駆動方式FF/4WDFF/4WD
車両重量940kg〜1060kg940kg〜1060kg
WLTCモード燃費19.2km/L(2WD)
17.5km/L(4WD)
20.9km/L(2WD)
19.0km/L(4WD)
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 新型 ルークス マイナーチェンジ エクステリア変更 価格変更 2023年6月下旬発売

8位 スズキ「アルト」

スズキは新型「アルト」のフルモデルチェンジを行い2021年12月10日発表、2021年12月22日に発売する。安全装備に「スマートアシストⅢ」を搭載。「 デュアルカメラブレーキサポート 」搭載される。新たにラインナップを追加する形でR06D型エンジン+モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル「Sエネチャージモデル」を追加する。エクステリアはキープコンセプトで角ばったデザインを継続して採用しボディカラーには「ホワイト2トンルーフ」を採用するなどの変更を行う。

スズキ「アルト」スペックについて

スペック新型アルト新型アルト
マイルドハイブリッド
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,525mm
ホイール
ベース
2,460mm
エンジン直3 660cc直3 660cc+モーター
最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター
最大トルク
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
ミッションCVTCVT
WLTCモード
燃費
25.2km/L(2WD)
23.5km/L(4WD)
27.7km/L(2WD)
25.7km/L(4WD)
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型「アルト」一部仕様変更 価格改定 2023年12月13日発売

軽四輪車通称名別新車販売速報(全軽自協)

2024 popular light vehicle model ranking

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次