トヨタ 新型 アクア マイナーチェンジ 2014年12月8日発売

トヨタ

トヨタは、2014 ロサンゼルス国際オートショーにおいて、2015年モデルのアクア(Prius C)を発表した。そして、アクアをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月8日に発売した。

価格は176万1382円~204万6109円

新型 アクア マイナーチェンジ 改良点

外装は、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替え可能なBi-Beam(バイビーム) LEDヘッドランプや新意匠のフロントバンパーによって、アクアの親しみやすさはそのままに、よりシャープな表情のフロントデザインとした。リヤに縦基調のリヤコンビネーションランプを採用することでワイド感を強調したほか、ターンシグナルランプ部にメッキ加飾を施し、質感を高めている。

また、「G」、「S」には、動きのあるデザインの15インチホイールキャップを新たに採用したほか、ドアミラー、ドアハンドル、バックドアガーニッシュにメッキ加飾を施した「シャイニーデコレーション」をオプション設定した。

外板色は、新色オレンジパールクリスタルシャインとフレッシュグリーンマイカメタリックのほか、シャイニーデコレーション専用色であるチェリーパールクリスタルシャインおよびダークバイオレットマイカメタリックを含む全14色を設定している。

内装では、センタークラスターやサイドレジスターなどにピアノブラック塗装を施して質感を高めるとともに、「S」のインテリアカラーに先進感を表現したブルーブラックと華やかさを表すブリリアントレッドを新設定。さらに「G」では、シックで上質なディープブラウンの設定など、グレード毎の個性を際立たせている。

さらに、フロント・リヤフェンダーの後部にエアアウトレットを追加し、空力性能を向上させたほか、スポット溶接の増し打ちによるボディ剛性の向上、サスペンションのチューニングなどにより、世界トップのJC08モード走行燃費37.0km/Lを維持しながら高い操縦安定性・快適性を確保。「G」にクルーズコントロールを標準装備するなど、利便性も高めている。

追加された3つの新色。

新しいシングルLED プロジェクターハイ&ロービームヘッドライトやリアコンビネーションランプ、トールランプを備えた。

新デザインのフロントバンパー

加えて、キャビンもよりプレミアムな素材を採用している。

1.5L 4気筒エンジンを変わらず採用している。

燃費は変わらずJC08モード燃費37km/Lとなる様子だ。

今回のモデルチェンジに合わせてSUVモデル「X-URBAN(エックスアーバン)」もリリースされる。

aqua_123456.jpg
aqua_123455.jpg
aqua_123457.jpg

(S、オプション装着車)

aqua_123458.jpg
aqua_123459.jpg
aqua_123460.jpg

aqua_123462.jpg

(新グレード「X-URBAN」)

aqua_123469.jpg

aqua_123470.jpg

aqua_123471.jpg

(“G’s”)

 

グレード ハイブリッドシステム 駆動方式 価格
L リダクション機構付のTHSII 2WD(FF) 1,761,382円
S 1,887,055円
G 1,953,818円
G“ブラックソフトレザーセレクション” 2,036,291円
X-URBAN 2,046,109円
“G’s” 2,377,963円

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/4261136/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました