レクサス 新型 LEXUS ES (ウィンダム)「ES200」「ES300h」「ES350」マイナーチェンジ FFの高級セダン 2015年8月発売

レクサス

レクサスはLEXUS ESのマイナーチェンジを行う。そして、上海モーターショー2015で4月20日に初披露された。北米市場向けモデルも正式に発表された。

新型 LEXUS ES

サテンクローム仕上げのスピンドルグリル、フロントバンパー、L字型のDRLが埋め込まれたヘッドライトが特徴的である。また、ステアリングホイールや大型4.2インチのTFTディスプレイやインテリアも刷新している。

新しく採用されたのは中国の環境規制に対応すべく開発された2.0L 4気筒エンジン、米国市場向け3.5L V型6気筒エンジン、2.5L 4気筒エンジン+モーターを採用している。

オプションでレクサスセーフティシステム+パッケージ採用した。

LEXUS ESについて

LEXUS ESは1989年から販売し25年間という歴史のある車種でレクサスブランドスタート時に「LS 400」と同時に発売された車である。これまでに販売台数は170万台と素晴らしい実績がある車である。現行が6代目と2012年から販売をスタートしており丸3年のタイミングでマイナーチェンジとなる。2代目から4代目までに相当するモデルがトヨタブランド(カローラ店)にて「トヨタ・ウィンダム」として販売されていたが、5代目以降は北米、中東、中国、韓国、台湾などの地域でのみの販売となっている。日本ではレクサスのセダンは「LS」「GS」「IS」「HS」のラインナップがあり、そこに加わる可能性はかなり低い・・・「GS」と同様、「LS」と「IS」の間に位置する中級モデルであるため。しかし、トヨタブランドとして「ウィンダム」での復活は期待できるかもしれない。

(Lexus ES350)

大型4.2インチのTFTディスプレイを採用。


(Lexus ES300h)

レクサスの新たなデザインアイコンである「スピンドルグリル」を更に強調させた。

Lexus ES_02
現行LEXUS ES

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.automobilemag.com/news/2016-lexus-es-revealed-with-new-engine-for-shanghai/#photogalleryoverlay

レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020