メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

トヨタ 新型 ルーミー / タンク カスタム bBとラクティス後継車種 2016年11月9日発売

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムをbB/ラクティスの後継車種として小型トールワゴンを2016年11月9日発売した。

1.0L 直3気筒エンジン モデル 価格1,463,400〜2,008,800円

1.0L 直3気筒ターボエンジン 価格:1,836,000〜1,965,600円

トヨタ店とカローラ店:ルーミー

トヨペット店とネッツ店:タンク

目次

トヨタは新型ルーミー/タンク カスタムをbB/ラクティスの後継車種

更に、両側スライドドアを採用、カスタムモデルをラインナップし外観を変えている。新型ルーミー/タンク両車とも、広々とした空間という意味での「リビング」と走りの良さという意味での「ドライビング」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとしている。

ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、トヨタに対して新型トールを供給するOEM車となっている。

ダイハツはトヨタ以外にもスバルにも新型ジャスティをOEM供給をする予定だ。トヨタではトヨタ4店舗、スバル、ダイハツの計6店舗で販売する!!ライバル車種はスズキの新型ソリオである。

TOYOTA ROOMY
ROOMY

bB ラクティス ラッシュ iQ ist カローラルミオン が2016年販売終了

あわせて読みたい
トヨタ ラッシュ iQ ist bB カローラルミオン が2016年販売終了へ トヨタは2016年内に販売終了する車種を次々と決めている。 【ラッシュ iQ ist bB カローラルミオン 2016年内に販売終了】 売れない車は生産中止にしその代わりに新型を...

bB

2016年7月29日に販売を終了

ラクティス

2016年8月31日に販売を終了

2016年1月29日、トヨタとダイハツ共同記者会見 ダイハツの完全子会社化を発表した。これにより実現したモデルである。トヨタは今後もダウンサイジングターボモデルを増やす予定で2016年12月14日発売 新型 クロスオーバーSUV 「C-HR 」にも1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボを搭載する。そして小型トールワゴンは新型パッソ /ブーンの派生モデルでもありトヨタ車として初めて1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載する。このエンジンは2016年4月12日に発売した新型パッソに搭載される

トヨタ 新型 ルーミー/タンク カスタム スペック

1KR―FE型1.0L 直3気筒エンジン

新型ルーミー/タンク カスタム

全長:3,700〜3,725mm

全幅:1,670mm

全高:1,735mm

ホイールベース:2,500mm

1.0L 直3気筒エンジン

最高出力:69ps/6,000rpm

最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:24.6km/L

価格:1,463,400〜2,008,800円

1.0L 直3気筒ターボエンジン

最高出力:98ps

最大トルク:14.3㎏m

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:21.8km/L

価格:1,836,000〜1,965,600円

グレード / 価格

X

2WD:1,463,400円

4WD:1,626,200円

X “S”

2WD:1,528,200円

4WD:1,701,000円

G

2WD:1,620,000円

4WD:1,792,800円

G “S”

2WD:1,684,800円

4WD:1,857,600円

G -T

2WD:1,836,000円

カスタム G

2WD:1,771,200円

4WD:1,944,000円

カスタム G “S”

2WD:1,965,600円

4WD:2,008,800円

カスタムG-T

2WD:1,965,600円

MOPツートン54,000円

パノラミックビュー43,200円

カーテンエアバッグ49,680円

ボディカラー 全14色

9色のボディカラーにカスタム専用のツートーン仕様5色の全14色をラインアップするとともに、ルーミーとタンクそれぞれの特徴に合わせた専用色を設定。現在のラインアップでは今では当たり前となりはじめている、先進技術を取り入れる。

スマートアシストⅡ搭載

トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用される。(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)スマートアシストIIはJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。

・衝突警報機能(対歩行者)約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

・車線逸脱警報機能 約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

・衝突回避支援ブレーキ機能 従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援。

・衝突警報機能(対車両)従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。4つのカメラによって車両の前後左右を映し出す「パノラミックビュー」 オプション設定。

トヨタ 新型 ルーミー/タンク用 TRD カスタムアイテムも同時発売となる。

トヨタ 新型 ルーミー用 モデリスタカスタムアイテム

トヨタ 新型 タンク用 モデリスタカスタムアイテム

トヨタ 新型 ルーミー/タンク用 TRD カスタムアイテムも同時発売となる。

スペック 新型 ルーミー/タンク
全長 3,700〜3,725mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 1.0L 直3気筒
エンジン
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 69ps/6,000rpm 98ps
最大トルク 9.4kgfm/4,400rpm 14.3㎏m
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 24.6km/L 21.8km/L
価格 143万円〜 183万円〜

日刊自動車新聞

日刊自動車新聞 電子版
日刊自動車新聞 電子版|自動車専門紙 自動車専門媒体 日刊自動車新聞の電子版―ー日刊自動車新聞 電子版は、自動車専門の業界新聞です。

トヨタニュースリリース

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トップへ
目次
閉じる