MENU

【2024年4月】新型「ヴェゼル」納期情報 納車まではどれぐらいなのか

VEZEL

今回は2024年4月現在の新型「ヴェゼル」の納期について調べました。納期がいつになるのか?気になる人が多いのではないでしょうか。購入を検討されている方はタイミングみて、販売店に今から行くことをおすすめします。

参考
目次

新型 ヴェゼル納期情報

ホンダ公式サイトの納期情報によると以下の通りとなっています。

2024年4月1日 最新の納期
  • ヴェゼル ガゾリン車 1ヶ月程度
  • ヴェゼル ハイブリッド車 1ヶ月程度

※一部タイプ・カラーが選べない場合がある。

ホンダ

新型 ヴェゼル 納期情報 について一言

2024年4月現在、ヴェゼルの納期は相当よくなってきており、落ちつてきている。新型車をこれから購入を検討している人は是非参考にして頂けたら幸いです。

ヴェゼルはどんな車なのか?

  • Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。エクステリアは新たな時代のVEZELをゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーション。
  • インテリアは全体の印象として、しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。
  • ハイブリッドモデルにはHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。

エクステリアでは、ヘッドライトに「DRL(デイタイムランニングライト)」と「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」が採用されています。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は全モデルに標準搭載されています。また、リアは流麗なクーペフォルムが特徴的です。

車内では、解放感のあるサンルーフに「パノラマルーフ(Low-Eガラス採用)」が採用されています。2トーンのエクステリアカラーやトリコロールの加飾、そして「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)」も装備されています。

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインで、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づいて視線移動の軽減や操作類の配置を最適化し、より使いやすくしました。全席で爽快な視界を提供する「スリーク&ロングキャビン」を採用し、しっかりとした「かたまり感」のあるソリッドなフォルムを実現しました。メーターには新型「アコード」「インサイト」と同じ「4.2インチor7.0インチインストルメントクラスター」を採用しています。

また、インテリアには「オートブレーキホールド」機能を搭載し、停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持し、アクセルを踏むと解除されるため、渋滞時などで便利です。「パーキングブレーキシステム」も採用しました。さらに、新設計のエアコン吹き出し口「そよ風アウトレット」は、L字型の送風口から風がフロント席乗員の頬をなでるようにサイドウインドウに沿って後方に流れ、柔らかい空気の流れを作り出します。

センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」が採用され、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応しています。また、Honda CONNECT車載通信モジュールを搭載し、「Honda Total Care プレミアム」を提供します。さらに、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」では、「フロントワイドビューカメラ」を新たに採用し、「近距離衝突軽減ブレーキ」を全車標準装備としました。後方の障害物を検知してお知らせする「後方誤発進抑制機能」や、「オートハイビーム」など、新たな機能も追加されました。

Honda SENSING(ホンダ センシング)は、新たに「フロントワイドビューカメラ」に高速画像処理チップを採用し、車両前後に計8つのソナーセンサーと組み合わせて、「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加しました。これは全車標準装備となっています。リアバンパーには4つのセンサーが配置され、後方の障害物を検知して音と表示でお知らせします。

さらに、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」は、渋滞追従機能を備えた進化を遂げ、「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」「路外逸脱抑制機能」「標識認識機能」「車線維持支援システム(LKAS)」などの各機能も先代モデルより進化させました。さらに、「後方誤発進抑制機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」「オートハイビーム」などの3つの新機能も追加されました。

ホンダ「ヴェゼル」マイナーチェンジ について

  • 新デザインのエクステリアデザインを採用、「フロントグリル」「フロントバンパー」に変更。
  • ボディカラーとインテリアカラーに新色を追加。
  • 「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」「アダプティブドライビングビーム」「急アクセル制御機能」を採用し安全性を高める。
  • ハイブリッドシステム「e:HEV」制御をアップデートにより、エンジン音低減と応答性をより向上させた。
  • 新グレード「HuNTパッケージ」を採用、ラインアップ構成の変更が行われる。

今回の新型「ヴェゼル」のマイナーチェンジでは、エクステリアのデザインが変更されます。さらに、新しいボディカラーが追加されて印象が一新されます。インテリアも新色が追加され、より新鮮な印象を与えます。安全装備には、「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」が「ZR-V」に搭載されることで、安全性が向上します。

ホンダ 新型「ヴェゼル」マイナーチェンジ スペック について

スペックヴェゼル
e:HEV
ヴェゼル
全長4,340mm4,340mm
全幅1,790mm1,790mm
全高1,590mm1,590mm
ホイール
ベース
2,610mm2,610mm
エンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)
1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード
燃費
24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD

ホンダ 新型「ヴェゼル」マイナーチェンジ グレード 一覧

e:HEV Z PLaY Packageとなり新たに4WDが選択できるのは非常にうれしい。ガソリン車は4WDモデルのみ。先代もモデルに比べて11万円~20万円ほど価格が高くなっています。

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
2WD
(10%)
4WD
(10%)
G1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴
CVT2,648,800円
e:HEV X1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴+
新型i-MMD
(e:HEV)
電気式
無段階
変速機
2,888,600円3,108,600円
e:HEV Z3,198,800円3,418,800円
e:HEV X
HUNT Package
2,998,600円3,218,600円
e:HEV Z
PLaY Package
3,556,300円3,776,300円
VEZEL

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次