ホンダ 新型 ヴェゼル 残念だと思ってしまう点をまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
VEZEL
  • URLをコピーしました!

ホンダは「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを行い2021年4月23日発売した。Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。ハイブリッドモデルにはHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。今回は残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型ヴェゼル 残念だと思ってしまう点

ツートンカラーは最上級グレードe:HEV PLaYのみ

今回、このクラスとしては最高ランクと言っていいエクステリアデザインであり、ポイントの一つであるボディカラーにツートンカラーを採用しているが、なんと選べるのは最上級グレードの「e:HEV PLaY」のみです。せっかくなら全グレードオプションで選択可能にしてほしいところです。逆に注意が必要なので抑えておきたいポイントになります。

明るい内装 コンビシート(グレージュ)は最上級グレード e:HEV PLaY のみ

インテリアデザインもかなり質感が高く良かった、更に明るい内装カラーのコンビシート(グレージュ)がとてもいいのだがこちらもなんと選べるのは 最上級グレードの「e:HEV PLaY」のみです。せっかくなら全グレードオプションで選択可能にしてほしいところです。逆に注意が必要なので抑えておきたいポイントになります。

パワーシートの設定がない

運転席助手席シートヒーターはだいたいのグレードに採用されており素晴らしいが、全グレードの設定やオプション選択としてもパワーシートが選択できない。せめて上級グレードには採用してもいいぐらいの金額設定な気もします。

パノラマルーフは 最上級グレードe:HEV PLaYのみ

「パノラマルーフ(IRカット〈遮熱〉/ UVカット機能付Low-Eコートプライバシーガラス)」は 最上級グレードの「e:HEV PLaY」のみ 他のグレードはオプション選択もできません。付けたい方は注意が必要。

後部座席のパノラマルーフのシェードが着脱式なので取るのが面倒

パノラマルーフは前席と後部座席にそれぞれあるが後部座席側のパノラマサンルーフはシェードが着脱式なので取り外しが非常に面倒。取り外しする機会は非常に減る様な構造になっている。改善の余地ありだと感じる。

後部座席のドアノブが開けずらい

先代モデルのヴェゼルと同様に後部座席のアウターハンドルはデザインを優先し隠されたデザインとなっており上部に設置されているが馴染みもない形状と上についているので開けずらいと言われることが多そう。奥様や子供が後部座席のに乗る人は注意が必要かもしれない。

後部座席のリクライニングがない

後部座席はホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用しており後部座面を跳ね上げて広々と使うことができたりと素晴らし作りとなっている。それでいて座り心地も悪くなく好印象を受けたが少しこだわるなら後部座席のリクライニングがなかったことが気になるポイントでした。少しでもリクライニングが可能だと後部座席に乗る人が楽な姿勢が取れるのでそのあたりを気にする方は注意してもらいたいポイント。営業マンにも自分で調べてもグレードによって違う様子はなかったです。

後部座席のアームレストを下げると微妙

後部座席の中央にはアームレストがあるのですが、いざ使用してみると下に下がりすぎていて肘を置いてみると少し下がっていてあまり気持ちよく置ける設計ではなかったです。人によるかもしれません。試してみる必要ありです。

マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオを選択してもミラーが変更されない

左側に装着される補助ミラーがマルチビューカメラをつけてもそのまま補助ミラーが装着されている。他社などでは通常マルチビューカメラを装着した場合は補助ミラーが外されているケースが多いので残念です。

まとめ

実際に自分で乗って気になる点をまとめてみました。これだけ不満を並べてみましたがとてもいい車だと感じました。上記内容のほとんどは改善できるポイントばかりだと思っています。正直そこまで不満に感じない人もいるかもしれません。しかし決して安くない買い物です。注意点も見て自分が納得した上で購入できるのが何よりだと思っています。参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル 売れる要素てんこ盛り! 販売力について考えてみた ホンダは2代目として「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売した。今回のヴェゼルはホンダとしても是が非でも売りたい車種であり期待値...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル 2021年2月18日 世界初公開 最新トレンドを取り入れたモデルに ホンダはフルモデルチェンジした新型「VEZEL(ヴェゼル)」を2021年2月18日に世界初公開した。全面刷新したエクステリア・インテリアのデザインをお披露目、新たに搭載...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売 ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売する。2021年2月18日にデザインを公開すると2021年1月18日に発表した。合わせてティーザー...

新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ について

Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。エクステリアは新たな時代のVEZELをゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーション。

インテリアは全体の印象として、しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。

ハイブリッドモデルにはHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。

VEZEL

フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。取り回しのしやすい、コンパクトなボディーサイズや、多彩なシートアレンジはそのままに、より力強く美しいエクステリアのプロポーションへ進化させた。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売 ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエク...

エクステリア

エクステリアはキープコンセプトで、フロントフェイスを変更、ヘッドライトには「DRL(デイタイムランニングライト)」「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。写真を見てわかる通り、リアは流麗なクーペフォルムとしている。

VEZEL

解放感のあるサンルーフには「パノラマルーフ(Low-Eガラス採用)」を採用する。2トーンのエクステリアカラー、トリコロールの加飾や「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)」も採用。

インテリア

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。メーターには新型「アコード」「インサイト」などに採用されている「4.2インチor7.0インチインストルメントクラスター」を採用。

インテリアは「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるパーキングブレーキシステム」を採用する。新設計のエアコン吹き出し⼝「そよ⾵アウトレット」L字型の送風アウトレットから、風がフロント席乗員の頬をなでるようにサイドウインドウに沿って後方に流れることで、乗員を包み込むような柔らかい空気の流れを作り出す。新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」を提供。

センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

高音質オーディオシステムを採用。エキスパートによる実車でのチューニングを施しながら磨き上げられたスピーカーシステムは、車内に臨場感あふれるサウンドスケープを生み出す。

安全技術

先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、「フロントワイドビューカメラ」高速画像処理チップを新採用、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加、全車標準装備とした。リアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。

「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」は、渋滞追従機能付きへと進化、「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」「路外逸脱抑制機能」「標識認識機能」「車線維持支援システム(LKAS)」の各機能を先代モデルよりさらに進化させた。「後方誤発進抑制機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」「オートハイビーム」など、3つの機能も新たに追加。

エンジン

ガソリンモデルには「1.5L DOHC i-VTEC+CVT」搭載、ハイブリッドモデルには旧型は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を27.0km/Lであるが、1.5L i-VTECエンジン+「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。WLTCモード燃費24.8km/Lとなる。「e:HEV」はNORMAL、SPORT、ECONと3つの異なる走行モードを選択可能。また、Dレンジ、Bレンジ、減速セレクターにて、アクセルオフ時の異なる減速度合いを選択することが可能。
4WDモデルでは、悪天候や雪上走行においても安定したドライビングを可能にする、「リアルタイムAWD」を搭載。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売 ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエク...

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2019年11月発売

新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ 先進運転支援システム 全車標準搭載

旧型よりも更に進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後の8つのソナーセンサーをHonda車初搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS) 前走車、対向車、歩行者(昼間・夜間)と横断自転車の衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動。

路外逸脱抑制機能 車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

渋滞追従機能付ACC 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。約0km/h – 約100km/hで作動。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用が可能。

標識認識機能 標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能 停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

オートハイビーム 対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

システム 装備旧型ヴェゼル新型ヴェゼル
CMBS
(昼 歩行者)

(昼・夜間歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減
ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
(渋滞追従機能付)
LKAS
先行車発進
お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチック
ハイビーム
ブラインドスポット
インフォメーション
マルチビュー
カメラシステム
あわせて読みたい
ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか? 2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなど...

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ ボディカラーについて

単色のバリエーションは旧型同様であるが、2トンカラーを新たに採用する。

単色

プレミアムサンライトホワイト・パール

プラチナホワイト・パール

メテオロイドグレー・メタリック

クリスタルブラック・パール

プレミアムクリスタル・メタリック

サンドカーキ・パール

2トンカラー

プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック

メテオロイドグレー・メタリック&ブラック

クリスタルブラック・パール&シルバー

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

サンドカーキ・パール&ブラック

新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ スペック

「1.5L i-VTECエンジン+モーター(e:HEV)」のハイブリッドモデルと1.5L直4直噴DOHCエンジンNAモデルの2種類をラインナップする。「VEZEL TOURING・Honda SENSING」に搭載されていた「1.5L直4 DOHCi-VTECターボエンジン」が廃止となる。

スペック 新型ヴェゼル
全長 4,340mm
全幅 1,790mm
全高 1,590mm
ホイールベース 2,610mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)
1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力 72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク 127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランスミッション 電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード燃費 24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式 2WD(FF)/4WD

ヴェゼル

https://www.honda.co.jp/news/2021/4210422-vezel.html

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

VEZEL

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次