ホンダ

ホンダ 新型ヴェゼル 2代目はハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ?おすすめグレードは?

2021年5月2日

VEZEL

ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月23日発売した。Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。エクステリアは新たな時代のVEZELをゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーション。インテリアは全体の印象として、しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。ハイブリッドモデルにはHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。

新型ヴェゼル について

エンジンは2つあり「ガソリン車」「ハイブリッド車」から選ぶ。更にハイブリッドグレードは「e:HEV X」「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」から選択する。まず一番頭を悩ますのがエンジンの選択である。

グレード エンジン トランス
ミッション
2WD
(10%)
4WD
(10%)
G 1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴
CVT 2,279,200円 2,499,200円
e:HEV X 1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴+
新型i-MMD
(e:HEV)
電気式
無段階
変速機
2,658,700円 2,870,870円
e:HEV Z 2,898,500円 3,128,500円
e:HEV PLaY 3,298,900円 -

新型ヴェゼル 燃費データ

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:17.0km/L(13.0km/L)

ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:24.8km/L(20.0km/L)

(  )はおおよそ実燃費

スペック 新型ヴェゼル
全長 4,340mm
全幅 1,790mm
全高 1,590mm
ホイールベース 2,610mm
エンジン

1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)

1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力 72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク 127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランスミッション 電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード燃費 24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式 2WD(FF)/4WD

新型ヴェゼル ハイブリッドで元が取れるまで

燃費と価格を考えたときに非常に悩ましい問題となった。ガソリングレード「G」とハイブリッド「e:HEV X」で比較した場合、ガソリンモデルは2,279,200円、ハイブリッドモデルは2,658,700円と379,500円の差額となる。更にハイブリッド車は約74,100円(環境性能割 37,200円+ 自動車重量税約36,900円)の減税が受けられるので約305,400円の差額となる。

ここでガソリンの計算となるが約305,400円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。現実的に上記記載の実燃費を元に計算すると。

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:17.0km/L(13.0km/L)ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:24.8km/L(20.0km/L)で計算。
ガソリン価格 1L 140円の場合 
ガソリンモデル 10,000km=107,692円
ハイブリッド車 10,000km=70,000円

10,000km走って37,692円しか差がでないので100,000km走って376,920円しか差がでず。約100,000km乗らないと差が埋まらないことに・・・

通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは100,000kmと考えてトントンということになる。ハイブリッド車だからと言って安易に選ぶことができない。更に、「ヴェゼル」の場合エクステリアデザインにハイブリッドとの差がなくドヤ顔できる訳でもない。グレードの選択肢は増えるが、基本的な装備に「G」「e:HEV X」には差がない。

快適性について

今までは金額的な話をしてきたが、快適性の話もしたい。「1.5L直4直噴DOHCエンジン」モデルは金額面では申し分ないが、快適な面で言うとそうでもない。「1.5L i-VTECエンジン+新型i-MMD(e:HEV)」はホンダ最新のハイブリッドシステムであり、走り出しはモーターのみで走行することになるがトルクはモーターの得意分野でありとてもいい走り出しが期待できる。更に、「レーダークルーズコントロール」を使用時では電気制御とハイブリッドの相性がいいので違いが出る可能性が高い。快適性能では「ハイブリッド車」をおすすめする。「車両接近通報装置」「ドライブモードスイッチ」「エアコン用フル電動コンプレッサー」「遮音機能付IRカット/UVカット機能付フロントウインドウガラス」が「ハイブリッド車」には追加装備されているので快適性はアップする。

まとめ

新型ヴェゼルはハイブリッドとガソリン車の価格差は379,500円と比較的良心的といえる、さらに差額を上記理由で考えるとハイブリッドモデルを選択する方が無難である。筆者であれば真ん中である「e:HEV Z」2WDをお勧めする。購入時に参考にして頂ければ幸いです。

ホンダ 新型 ヴェゼル 売れる要素てんこ盛り! 販売力について考えてみた

ホンダ 新型 ヴェゼル 売れる要素てんこ盛り! 販売力について考えてみた

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

ホンダ ヴェゼル

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ホンダ
-,