マツダ 新型 MX-30 電気自動車 SUV 2019年10月23日発表

mazda mx 30 マツダ

マツダは初の量産EVモデルを新型「MX-30」を東京モーターショー2019にて2019年10月23日に世界初公開する。新世代商品として「MAZDA3」「CX-30」に続くモデルとして発表する。

日本の特許庁にマツダは「MX-30」を2019年6月24日に商標出願している。商願2019-87833。これはCX-30の「電気自動車モデル」の新しい商標である。

MAZDA MX-30

エクステリアはデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦。人の手が生み出す美しい造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトに、そのデザインをつくり上げた。後部座席のドアはRX-8を思い出させる様な観音開きの「フリースタイルドア」を採用。

mazda mx 30

人間中心の開発思想に基づき、EVでも変わることのない「人馬一体による走る歓び」を追求。新たに電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」を採用。

mazda mx 30

電気モーター「Electric Technology Prove-Out Vehicle(e-TPV)」を採用し最高出力:141 HP(143 PS / 105 kW)と最大トルク265 Nm(195 lb-ft)に35.5 kWhのリチウムイオン電池に専用プラットフォームを採用する。

新型 MX-30 スペック

スペック MX-30
全長 4,395mm
全幅 1,795mm
全高 1,570mm
ホイールベース 2,655mm
モーター e-SKYACTIV
最高出力 143 PS / 105 kW
最大トルク 265 Nm
バッテリー リチウムイオン35.5 kWh
駆動方式 2WD
乗車定員 5名
WLCT航続距離 約200km
価格 -円

マツダ 初の量産EV 東京モーターショー2019世界初公開

マツダ 初の量産EV 東京モーターショー2019世界初公開
マツダは初の量産EVモデルを東京モーターショー2019にて2019年10月23日に世界初公開すると、2019年9月25日発表した。新世代商品として「MAZDA3」「CX-30」に続くモデルとして発表する。 MAZDA EVモデルについて ...

特許庁

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

マツダニュースリリース

https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201909/190925a.html

マツダ 東京モーターショー2019

https://www.mazda.co.jp/experience/tokyomotorshow2019/