MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年最新】室内空間の広い軽自動車 ランキングTOP10

当ページのリンクには広告が含まれています。
軽自動車 室内空間 広さランキングTOP10

今回は、2024年(令和6年)時点で室内が広い軽自動車をランキング形式でご紹介します。現在販売されているモデルに限定してお伝えします。軽自動車を選ぶ理由はさまざまです。維持費を抑えたい方や、子供が生まれて快適に過ごせる広い車を探している方、4人乗りでも快適に過ごしたい方など、多くの方が広さを求めています。これから軽自動車の購入を検討している方にとって、参考になれば幸いです。

目次

室内長×室内幅×室内高で比較

カタログやWEBサイトのスペック表(主要諸元)を見ると「室内長」「室内幅」「室内高」が表記されており、この3つの表記を元に大きさとしてランキング化しています。

2024年に発売されている 室内が広い 軽自動車ランキング トップ10

2024年5月現在に販売されている軽自動車で室内の広い車を調査したところ、「エブリイ」が1番でした。軽自動車規格を守りながらも室内空間が一番広く取られています。

スクロールできます
順位メーカー車名室内サイズ最大
乗車人数
1位スズキエブリイ
エブリイワゴン
室内長2,240mm
室内幅1,355mm
室内高1,420mm
4人乗り
2位ホンダN-BOX室内長2,240mm
室内幅1,350mm
室内高1,400mm
4人乗り
3位スズキワゴンR室内長2,450mm
室内幅1,355mm
室内高1,265mm
4人乗り
4位日産ルークス室内長2,200mm
室内幅1,335mm
室内高1,390mm
4人乗り
4位スズキekスペース室内長2,200mm
室内幅1,335mm
室内高1,390mm
4人乗り
4位三菱デリカミニ室内長2,200mm
室内幅1,335mm
室内高1,390mm
4人乗り
6位スズキスペーシア室内長2,155mm
室内幅1,345mm
室内高1,410mm
4人乗り
7位ダイハツタント室内長2,155mm
室内幅1,350mm
室内高1,370mm
4人乗り
8位スズキワゴンRスマイル室内長2,185mm
室内幅1,345mm
室内高1,330mm
4人乗り
9位ダイハツムーヴキャンバス室内長2,180mm
室内幅1,345mm
室内高1,275mm
4人乗り
10位ホンダN-WGN室内長2,055mm
室内幅1,350mm
室内高1,300mm
4人乗り
2024年 室内が広い 軽自動車ランキング トップ10 最新自動車情報

1位. スズキ エブリイ

スズキが製造・販売するワンボックス型の軽自動車「エブリイ」は、1964年に登場したキャリイバンをルーツとしています。1982年にサブブランド名として「エブリイ」が登場し、1993年に軽トラックの「キャリイ」と軽ワンボックスの「エブリイ」にブランドが整理されました。ラインナップには、5ナンバー登録の乗用車と4ナンバー登録の商用車があり、商用は「エブリイ」、乗用は「エブリイワゴン」として展開されています。

スズキは2024年2月27日に新型「エブリイ」と「エブリイワゴン」のマイナーチェンジを行い発売しました。今回の改良では、「PA」グレードを除き、従来の「4速AT」から新たに「CVT」を採用することで走行性能と燃費の向上を実現しました。また、新たに上位グレード「JOINターボ(ジョインターボ)」を設定し、全車に「スズキ セーフティサポート」を標準装備しました。

スズキ エブリイ スペック

スペックエブリイ
NA
エブリイ
ターボ
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,910mm1,910mm
ホイール
ベース
2,430mm2,430mm
エンジン直列3気筒DOHC
660cc VVT
直列3気筒DOHC
660cc
インタークーラー
ターボ
最高出力36kW(49ps)/
5,700rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
3,500rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
トランス
ミッション
4AT
5MT
5AGS
4AT
駆動方式2WD (FR) 
4WD
2WD (FR)
4WD 
WLTCモード
燃費
16.9~17.2km/L(5MT)
16.4km/L(5AGS)
14.6km/L(4AT)
13.3km/L
あわせて読みたい
新型「エブリイ」マイナーチェンジ 改良 CVTを採用 2024年2月27日発売 スズキは新型「エブリイ」「エブリイワゴン」のマイナーチェンジとなる一部改良を行い2024年2月27日に発売する。福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」「エ...

2位. ホンダ N-BOX

N-BOX(エヌ ボックス)は、本田技研工業が生産・販売しているトールワゴン型の軽自動車である。当時大人気だったダイハツ・タントに対抗させた車種である。

軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジを行い2023年10月5日発表2023年10月6日に発売する。エクステリアはキープコンセプトでありながら新しいデザインを採用する。現行に引き続き今やホンダ伝統となる「センタータンクレイアウト」を採用し 「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)。リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。フルモデルチェンジによりエンジン改良やプラットフォームの見直しにより軽量化と高剛性化と共に若干燃費アップが期待できる。Honda SENSINGの機能や各種情報を見やすく、分かりやすく表示する「7インチTFT液晶メーター」や荷物をひとまとめにしまえる大型のグローブボックス、後席の大型のサイドポケットなどを採用し、使い勝手を向上した。

N-BOX スペック

N-BOX

スペックN-BOX
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,790mm
ホイールベース2,520mm
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
i-VTECエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7,300rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
トランス
ミッション
CVT
駆動方式FF / 4WD
WLTCモード
燃費
21.6km/L(FF)
19.4km/L(4WD)

N-BOX CUSTOM

スペックN-BOX CUSTOM
NA車
N-BOX CUSTOM
ターボ車
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,790mm1,790mm
ホイールベース2,520mm2,520mm
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
i-VTECエンジン
658cc 直列3気筒DOHC
ターボエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7,300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッションCVTCVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式FF / 4WDFF / 4WD
WLTCモード燃費21.5km/L(FF)
19.4km/L(4WD)
20.3km/L(FF)
18.4km/L(4WD)
あわせて読みたい
ホンダ 新型 N-BOX フルモデルチェンジ 3代目 2023年10月6日発売 ホンダはトールワゴン型の軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジを行い2023年10月5日発表、2023年10月6日に発売する。価格はN-BOXが164万8900円~188万1000円、N-BOXカ...

3位. スズキ ワゴンR

スズキが生産・販売している軽トールワゴン「ワゴンR」は、現行モデルが6代目で、2017年2月1日にフルモデルチェンジを公式発表し、4月20日に発売されました。デザインは初代モデルを現代風にアレンジしたものとなっています。

2022年8月30日には、マイナーチェンジを行い、新たなモデル「ワゴンR カスタムZ」を追加しました。エクステリアでは、新デザインのグリルとバンパーが採用され、インテリアには「7インチディスプレイオーディオ」が新たに搭載されました。また、新サービス「SUZUKI connect(スズキコネクト)」に対応しています。

安全システムも充実しており、夜間の歩行者を検知する「デュアルカメラブレーキサポート」、全車速追従機能付きの「アクティブクルーズコントロール(ACC)」、および「車線逸脱制御機能」が採用されています。さらに、「USB電源ソケット(Type-A/Type-C インパネ2個)」も装備されています。

2023年11月24日には、新型「ワゴンR」の5MT車が法規対応に伴う一部仕様変更を経て発売されました。

スペック新型ワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
新型ワゴンR/
ワゴンR
スティングレー
新型ワゴンR
全長3,395mm3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm1,475mm
全高1,680mm1,680mm1,680mm
ホイール
ベース
2,460mm2,460mm2,460mm
エンジン660cc
直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc
直列3気筒
エンジン
エンジン
最高出力
47kW(64ps)/
6,000rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
エンジン最大トルク98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター
最高トルク
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
リチュウム
イオン
電池
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
WLCTモード
燃費
23.4km/L(2WD)
21.8km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
24.4km/L(2WD)
23.2km/L(4WD)
乗車定員4名4名4名
あわせて読みたい
スズキ 新型「ワゴンR」一部仕様変更 MT車の法規対応に伴う仕様変更 2023年11月24日発売 スズキは、新型「ワゴンR」の5MT車、法規対応に伴う一部仕様変更を実施し、2023年11月24日より発売する。 【スズキ 新型「ワゴンR」一部仕様変更 MT価格について】 グレ...

まとめ

今回は、メーカーが公表している「室内長」「室内幅」「室内高」のデータを元に、軽自動車の室内空間の広さをランキング化しました。軽自動車は、維持費の安さや運転のしやすさだけでなく、室内空間の広さも重要なポイントです。ただし、室内の形状やシート配置、各社が施している工夫は異なるため、実際に乗って判断することをお勧めします。また、室内空間の広さと車体のサイズとの兼ね合いも重要ですので、自分たちに合った車を選ぶ際にはこれらの要素も考慮してください。

今回ご紹介したランキングを参考に、あなたにぴったりの広々空間を持つ軽自動車を見つけてください。

広々とした快適な車内で、ドライブをもっと楽しんでくださいね!

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2024年】価格が安い お手頃 ミニバン 国産車 ランキング トップ10

あわせて読みたい
【2024年】室内が広い 国産車 ランキング 今回は2024年(令和6年)時点で室内が広い国産車をランキング形式でお伝えします。現時点で販売可能なモデルとでお伝えします。子供が生まれて快適に過ごすために広い車...
軽自動車 室内空間 広さランキングTOP10

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次