スズキ 新型 エスクード 5代目 フルモデルチェンジ 2021年発売

エスクード スズキ
エスクード フルモデルチェンジ 予想CG

スズキは新型「エスクード」のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。現行モデルは2015年から販売を開始しており、丸6年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

新型エスクードについて

現行モデル(4代目)からキープコンセプトでありながらも、エクステリア、インテリアのデザイン変更を行い、現行よりも高級感を出すデザインとなる。予防安全装備で「スズキ セーフティ サポート」の「デュアルセンサーブレーキサポート」では現行よりも多くの機能を搭載する。

エンジンには改良版、新K14D型 Boosterjetエンジン「1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジン+モーター」を搭載。新しく開発されたパワートレインは、設計上非常に軽量で、15kg未満の重量アップ。48Vのリチウムイオンバッテリー、スタータージェネレーター(ISG)、および48V-12Vコンバーターで構成されている。

ISGはベルト駆動、ローダウンからの追加トルクでガソリンエンジンを支援し、2,000 rpmから173 lb-ft(235 Nm)を提供。バッテリーとコンバーターユニットは、重量配分を改善するためにフロントシートの下に配置。48V自己充電ハイブリッドシステムは、10 mph(16 km / h)未満の都市速度でEVのみで走行、燃料消費をさらに改善する。4WD(4モード走行切替機能システム「ALLGRIP」)の組み合わせとなる。

スズキ 新型 エスクード ハイブリッドモデル追加 ヨーロッパ2020年3月発売
スズキは新型「エスクード」の一部改良を行い新たにハイブリッド(マイルドハイブリッド)を搭載したモデルをヨーロッパでは2020年3月に発売。「S-Cross」「スイフトスポーツ」にも搭載予定だ。 新型エスクード ハイブリッド 新型「エスク...

新型エスクード デュアルセンサーブレーキサポートについて

機能システム 現在デュアルセンサー
ブレーキサポート
新型デュアルセンサー
ブレーキサポート
方式 レーザーレーダー
+カメラ
前方衝突軽減
ブレーキアシスト 

(80km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)

(80km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
衝突回避前方
衝突警報機能 


(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)


(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減

(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)

(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
誤発進抑制 
前方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
アクティブ
クルーズコントロール
ブラインド
スポットモニター
後退時
ブレーキサポート
ハイビームアシスト
ふらつき警報機能
標識認識機能
ヘッドアップ
ディスプレイ
全方位モニター
用カメラ

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ
スズキの予防安全技術「SUZUKI Safety Support」を搭載した車を現在は数多く販売しているが、スズキはステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」と単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式「デュアルセンサーブレーキサポ...

新型エスクード スペックについて

スペック 新型エスクード
全長 4,195mm
全幅 1,775mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.4L直列4気筒ターボエンジン
「BOOSTERJET」
最高出力 100kW(136ps)/5,500rpm
最大トルク 210Nm(21.4kgm/)2,100-4,000rpm
トランスミッション 6速AT
駆動方式 4WD
(4モード走行切替機能
システム「ALLGRIP」)
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 17.0km/L
価格 270万8,200円

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

スズキ 新型 エスクード ハイブリッドモデル追加 一部改良 2020年発売

スズキ 新型 エスクード ハイブリッドモデル追加 ヨーロッパ2020年3月発売
スズキは新型「エスクード」の一部改良を行い新たにハイブリッド(マイルドハイブリッド)を搭載したモデルをヨーロッパでは2020年3月に発売。「S-Cross」「スイフトスポーツ」にも搭載予定だ。 新型エスクード ハイブリッド 新型「エスク...

エスクードについて

エスクードは1988年(昭和63年)に登場し、ライトクロカンという今日のクロスオーバーSUVの基となったジャンルを築きあげた車である。海外ではビターラ(Vitara)という車名で販売されている。

2013年9月10日に、コンパクトSUVのコンセプトモデル「iV-4」をフランクフルトモーターショーで発表。

iv-4

iv-4

iv-4

スズキ 次期 エスクード コンパクトSUV「 iV-4」 2015年に市販化
スズキが次期「エスクード」となる、コンセプトカー「iv-4」を第65回フランクフルトモーターショーで披露している。 iV-4 ボディのサイズは全長4,215mm × 全幅1,850mm× 全高1,665mm。現行型「エスクード」より85...

2015年10月15日から4代目 エスクード(Vitara)は日本での販売が開始された。

ESCUDO

スズキ 新型 エスクード Vitara S ダウンサイジングエンジン 2015年10月15日発売
スズキが新型エスクードの開発を進め発売が海外市場から順に開始する様子だ。エスクード(Vitara)は2015年10月15日から日本での販売が開始された。 新型 エスクード Vitara S 実はエスクードは1988年(昭和63年)に登場...

2017年7月26日に1.4ターボモデルを追加した。

スズキ 新型 エスクード フロントフェイス変更 1.4ターボ「BOOSTERJET」採用 2017年7月26日発売
スズキは新型エスクード (海外名:Vitara S)に1.4ターボモデルを追加し2017年7月26日した。日本モデルでも新グレードとして直4 1.4L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用する。 1.4L直噴ターボ ブ...

2018年10月1.6Lエンジン搭載車「1.6」を廃止。

2018年12月3日 マイナーチェンジを行い12月21日発売を開始。

suzuki-vitara

suzuki-vitara

suzuki-vitara

suzuki-vitara

suzuki-vitara

スズキ 新型 エスクード マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート搭載 2018年12月3日発表 12月21日発売
スズキは新型エスクードのマイナーチェンジを行い2018年12月3日発表 12月21日発売する。価格:265万8,960円。 2018年7月30日新型エスクード (海外名:Vitara)の2019年モデルを発表した。2018年10月2日~1...
スペック エスクード
2015年
エクスード
2017年
エスクード
2018年
全長 4,175mm
全幅 1,775mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 1.6L 直列4気筒
エンジン
1.4L直列4気筒
直噴ターボ
最高出力 86kW(117PS)/
6,000rpm
100kW(136PS)/
5,500rpm
最大トルク 151Nm/
4,400rpm
210Nm(21.4kgm)/
2,100-4,000rpm
トランス
ミッション
6速AT
駆動方式 2WD/4WD
(4モード走行
切替機能システム
「ALLGRIP」)
4WD
(4モード走行切
替機能システム
「ALLGRIP」)
乗車定員 5名
WLTC
燃費市街地
モード
  12.1km/L
WLTC
燃費郊外
モード
  16.4km/L
WLTC
高速道路
モード
  18.3km/L
WLTC
モード
燃費
  16.0km/L
JC08
モード燃費
17.4〜
18.2km/L
17.4km/L  
価格 212万7600円~
234万3600円
258万6,600円 265万8,960円

エスクード

https://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020