MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型「ランクル250」ボディサイズは?国内では大きい 先代「プラド」と比較してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
What is the size of the new 2024 model “Lancle 250”

トヨタの新型「ランドクルーザー250(ランクル250)」が間もなく発売されます。先代「プラド150」よりもボディサイズが大きくなった「ランクル250」その魅力について探していきたいと思います。購入時の参考にしていただければ幸いです。

目次

トヨタ 新型 「ランクル250」のボディサイズは?

  • ボディサイズは全長4,925mm、全幅1,980mm、全高1,870mm、ホイールベース2,850mm。

新型「ランドクルーザー250(ランクル250)」のボディサイズは全長4,925mm、全幅1,980mm、全高1,870mm、ホイールベース2,850mmです。先代モデルの「ランクルプラド150」に比べて+100mm長くなっています。全幅は1,980mmとなっており、ランクルプラド150に比べて+95mmも広がりました。更に、ホイールベースで+60mm広くなった。この結果、より安定感のある走行が可能となり、また、車内の広々とした空間が実現しました。

これなら車週泊は当然、余裕でできそうでね。通常時のラゲッジスペースはプラド150の398Lから拡大され、ランクル250は408Lとなっています。

「ランクル250」と「ランクルプラド150」エクステリア ボディサイズ比較

現在、先代モデルの「ランドクルーザープラド150」の人は「ランドクルーザー250」にすることでボディサイズが理由で厳しい人もいるかもしれません。

スクロールできます
スペック
ランドクルーザープラド
2024 Toyota Land Cruiser first edition
ランドクルーザー250
ランクルプラド
比較
全長4,825mm4,925mm+100mm
全幅1,885mm1,980mm+95mm
全高1,835mm
1,850mm
1,870mm+20mm
ホイールベース2,790mm2,850mm+60mm
アプローチアングル31度31度±0度
デパーチャーアングル27~28度23度-4~5度
ランプブレーク
オーバーアングル
22度23度±1度
最低地上高220mm220mm±0mm
乗車定員5名~7名5名~7名同じ

「ランクル250」と「ランクル300」エクステリア ボディサイズ比較

スクロールできます
スペックランドクルーザー300
ランドクルーザー300
2024 Toyota Land Cruiser first edition
ランドクルーザー250
ランクル300
比較
全長4,950mm4,925mm-25mm
全幅1,980mm1,980mm±0mm
全高1,925mm1,870mm-55mm
ホイールベース2,850mm2,850mm±0mm
アプローチアングル32度31度±0度
デパーチャーアングル26度23度-4~5度
ランプブレーク
オーバーアングル
25度23度±1度
最低地上高220mm220mm±0mm
乗車定員5名~7名5名~7名同じ

国内ではボディサイズが大きくなったことで、狭い道での運転や、駐車スペースの確保は更に気を遣う必要がありそうです。クラスが上の「ランクル300」とボディサイズは同様になったと思ってもらった方がいいです。

車の場合、駐車時のサポートとして重要であり、全車標準装備となっていることは利便性が高くありがたいです。

トヨタ 新型 「ランドクルーザー250」 日本モデル 発売日は?

  • 2024年4月18日正式発表・発売
  • 2024年4月25日生産開始

トヨタは新型「ランドクルーザー250(ランクル250)」の日本モデルを2024年4月18日正式発表・発売、生産開始は2024年4月25日で決定しており、間違いなく発売が開始されると思います。しかし、購入枠は各販売店に割り振られるがその割合や台数はまちまち、「ランドクルーザー300」同様に納期が長期化することが予想されます。

最後に編集部から一言

新型ランドクルーザー250は、大型化されたボディサイズや力強いデザイン、豊富なエンジンラインアップなど、多くの魅力を持つモデルです。全長4925mm、全幅1980mm、全高1870mmという大きなサイズは、安定した走行性能と広々とした車内空間を実現しています。また、GA-Fプラットフォームの採用により悪路走破性も向上しています。しかし、都市部での走行や駐車時にはデメリットもあります。そのため、都市部での使用を主とするユーザーや駐車スペースの狭さを考慮するユーザーは、ランドクルーザー250のサイズと取り回しの難しさを理解した上で検討することが重要です。新型ランドクルーザー250は、ランドクルーザーシリーズの歴史と信頼性を受け継ぎながら、現代のニーズに応えるモデルです。その魅力に今後も注目が集まることでしょう。

関連記事
What is the size of the new 2024 model “Lancle 250”

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次