スバル 新型 クロストレック(XV)2021モデル 2020年6月9日発表

スバル

スバルは「クロストレック(Crosstrek)」(XV)の2021年モデルを米国で2020年6月9日(現地時間)発表した。

新型 クロストレック 2021モデル

2019「フォレスター」に最初に導入された2.5L 水平対向4気筒 エンジンは、標準のリニアトロニックCVTとの組み合わせで最高出力182hpと最大トルク176 lb-ft(238 Nm)。このエンジンを搭載した2021 Crosstrekは、27 mpg(8.7 l / 100 km)都市、34 mpg(6.9 l / 100 km)高速道路、29 mpg(8.1 l / 100 km)のEPA推定燃費を達成している。

2.0L水平対向4気筒 エンジンは最高出力152 hpと最大トルク145 lb-ft(196 Nm)。6速マニュアルまたはオプションのリニアトロニックCVTを組み合わせる。すべてのCrosstrekモデルには、標準でSubaru Symmetrical All-Wheel DriveとActive Torque Vectoringが装備。

2度目のマイナーチェンジでは、新しいSportグレードには専用装備としてモデルの中で唯一、雪/汚れおよび深雪/マッド付きのヒルディセントコントロール付きのデュアル機能Xモードを備えている。

インテリアは黄色のステッチのほか、フェイクレザーのドアアームレスト、革巻きのステアリングホイール、シフトブーツ、インストルメントパネルバイザー、センターアームレストに黄色のステッチを施し、StarTexの室内装飾を施している。ガンメタルとシミュレートされたカーボンファイバートリムアクセント、カラーLCDと黄色のメタリックフィニッシュトリムリングを備えた高級コンビネーションメーター、および高出力LEDリアゲートライトも備えています。スポーツロゴと黄色のステッチが施されたカーペットフロアマットもパッケージの一部である。

2021 クロストレックは、再設計されたフロントバンパーや各トリムに固有の詳細を備えた改訂されたフロントグリルなど、微妙なスタイルのアップグレードを行う。他のすべてのトリムがフォグライトカバーを備えている間、ベーストリムは新しいデザインのフォグライトインサートカバーを取得。

EyeSightスイートがレーンセンタリングを備えた新しいAdvanced Adaptive Cruise Controlで強化し安全性も向上させた。

ソース

https://www.carscoops.com/2020/06/2021-subaru-crosstrek-gets-new-182hp-2-5l-engine-sport-trim-and-more/

スバルニュースリリース

http://media.subaru.com/pressrelease/1599/1/subaru-announces-2021-crosstrek-newly-available-2.5-liter

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020