スズキ新型ハスラー VS ダイハツ新型タフト 何が違うのか?徹底比較

競合車種比較

スズキは「ハスラー」のフルモデルチェンジを行い2020年1月20日に発売。ダイハツは新型 軽クロスオーバー「タフト」を2020年6月10日に発売した。どちらの車種もクロスオーバーSUVタイプの軽自動車であるがどの様な違いがあるのか徹底的にまとめてみた。

新型ハスラーについて

もっと遊べる!もっとワクワク!!もっとアクティブな軽クロスオーバー」をコンセプトに新たなハスラーとして開発した。新型「ワゴンR」に採用されている新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用。

エクステリア

エクステリアデザインはキープコンセプトで、ハスラーのヘッドライトは現行と同じ丸目となる。ひと目でハスラーと分かる個性的なデザインと、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求したタフさや力強さを融合させている。

ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。

hustler

先代モデルに比べ、ホイールベースを35mm延長することで後席乗員の足元空間を確保、前席は左右乗員間距離を30mm拡大することで快適で広い室内空間を実現。延長しながらも最小回転半径4.6mで取り回しの良さを継続させた。

hustler

インテリア

インテリアデザインは新型クロスビー(XBEE)やに近いデザインとなる。インテリアの質感もかなり高くアウトドアとスポーティな印象を受ける。特にダッシュボードの形状やナビ周りが特徴的である。メーターには「カラー液晶メーター」を採用。新開発9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーション(パイオニア製)を装備。「Apple CarPlay」「Android Auto」「SmartDeviceLink」にも対応。全方位モニターに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用。(メーカーオプション)こもり音や雨音を低減する「高減衰マスチックシーラー」を軽自動車で初めて採用、さらに防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を高めている。

残念ながら電動パーキングブレーキ&ホールドは非搭載である。

hustler

プラットフォーム 最新技術

6代目新型ワゴンR採用されている、次世代軽量プラットフォーム「ハーテクト」を採用し骨格や主要部品を全面刷新し、高い剛性と軽量化を実現する。次世代軽量プラットフォーム採用により現行モデルよりも室内空間を広げることができる。

予防安全技術 SUZUKI Safety Support「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当する。

スズキ軽初となる「スノーモード」を採用する。

新開発「R06D型」エンジンと新開発CVTを組み合わせにより、低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能と軽快な走りを実現。全モデルに新型ワゴンRに採用されるマイルドハイブリッドを採用しモーターアシストする時間とモーター出力をアップ最高出力2.2psから3.1psへと出力をアップさせることでより燃費性能を向上させる。

新型ハスラー スペックについて

新開発「R06D型」エンジンと新型ジムニーなどに搭載されている「R06A型」ターボエンジンを採用。トランスミッションも新開発のCVTを採用。

スペック 新型ハスラー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
エンジン R06D型
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン R06A型
+ モーター
エンジン最高出力 36kW(49ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク 58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力 1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク 40Nm(4.1kgm)/
100rpm
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 25.0km/L(2WD)
23.4km/L(4WD)
22.6km/L(2WD)
20.8km/L(4WD)
乗車定員 4名
価格 1,365,100円~
1,652,200円
1,459,700円~
1,746,800円

スズキ 新型 ハスラー「HUSTLER CONCEPT」から進化を探る!

新型タフトについて 

エクステリア

タフトは「レジャーで遊べる!日常で使える!」新発想「バックパックスタイル」とし、遊び心のある角ばった「タフさ・力強さ」を表現したエクステリアデザインとした。

インテリア

インテリアも遊び心あるインテリアデザインとしながらも機能に優れたレイアウト、収納装備を充実。ラゲッジの高さを2段階に変えられる「フレキシブルボード」を採用。リアシートバックを倒せばフラットで広いスペースができる、更に汚れにくい樹脂製「シートバック加工」を施している。汚れた荷物を載せても気になりません。

9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用している。ダイハツ初となる「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

ガラスルーフ「スカイフィールトップ」標準装備

前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。広大 な視界による開放感と非日常感を実現。軽自動車では現在ない「サンルーフ」をタフトに採用となる。

プラットフォーム

新型「タント」「ロッキー」に続く「DNGA」第3弾。サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「DNGA-Aプラットフォーム」である。「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。トランスミッションには世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。

ダイハツ 新型 タント タントカスタム フルモデルチェンジ DNGA 次世代スマアシ採用 2019年7月9日発売
ダイハツは新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月9日に発売した。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用する。更に、新開発の「ミラクルウォークス...
トヨタ 新型 ロッキー 5ナンバーサイズ SUV 2019年11月5日発売
ダイハツは新型5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ロッキー」を2019年11月5日に発売した。 ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車、新型「ライズ」発売する。 新型 ロッキーについて ...

ダイハツ 新型 タフト DNGA第3弾 2020年6月10日発売

ダイハツ 新型 タフト DNGA第3弾 2020年6月10日発売
ダイハツは新型クロスオーバー「タフト」を2020年6月10日に発売した。 新型タフトについて 「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相...

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売
ダイハツは軽クロスオーバーとなる新型「タフト(TAFT)」を2020年6月10日に発売した。新型「タント」「ロッキー」に続く「DNGA」第3弾となる。サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボ...

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ
トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Archit...

ダイハツ 新型 タフト(TAFT concept)新軽クロスオーバー 東京オートサロン 2020世界初公開

ダイハツ 新型 タフト(TAFT concept)新軽クロスオーバー 東京オートサロン 2020世界初公開
ダイハツは新型 軽クロスオーバーとなる「タフト」を2020年6月に発売する。2020年4月1日にティーザーサイトをオープンし予約も開始されている。コンセプトモデルとなる「TAFT concept」を開催期間:2020年1月10日(金)、11...

ダイハツ WakuWaku 軽SUV コンセプトなど 東京モーターショー2019公開

ダイハツ WakuWaku 軽SUV コンセプトなど 東京モーターショー2019公開
ダイハツは新型の軽SUVのコンセプトモデル「WakuWaku(ワクワク)」や「IcoIco(イコイコ)」「TsumuTsumu(ツムツム)」を東京モーターショー2019にて世界初公開する。2019年10月8日に発表。第46回東京モーターショ...

ダイハツ 新型 タフト 「TAFT コンセプト」 ほぼ市販車 2020年7月頃発売か?

ダイハツ 新型 タフト 「TAFT コンセプト」 ほぼ市販車 2020年6月頃発売か?
ダイハツは新型 軽クロスオーバーとなる「タフト」を2020年に6月発売する。2020年4月1日にティーザーサイトをオープンし予約も開始されている。 東京オートサロン2020で「TAFT concept」を世界初公開した。実際に実車を間近に...

新型タフト スペックについて

スペック 新型タフト
エンジン形式 NA ターボ
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 190mm
エンジン 658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力 38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク 60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 25.7km/L(2WD)
-km/L(4WD)
25.4km/L(2WD)
-km/L(4WD)
WLTCモード燃費 20.5km/L(2WD)
19.7km/L(4WD)
20.2km/L(2WD)
19.6km/L(4WD)
価格 1,353,000円~
1,611,500円
1,606,000円~
1,732,500円

新型ハスラー VS 新型タフト NA エンジン比較

スペック 新型ハスラー 新型タフト
エンジン 660cc 直列3気筒
エンジン R06D型
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
エンジン最高出力 36kW(49ps)/
6,500rpm
38kW(52ps)/
6,900rpm
エンジン最大トルク 58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
モーター最高出力 1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最高トルク 40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 25.0km/L(2WD)
23.4km/L(4WD)
20.5km/L(2WD)
19.7km/L(4WD)
乗車定員 4名
価格 1,365,100円~
1,652,200円
1,353,000円~
1,611,500円

新型ハスラー VS 新型タフト ターボエンジン比較

スペック 新型ハスラー 新型タフト
エンジン 660cc 直列3気筒
ターボエンジン R06A型
+ モーター
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
エンジン最高出力 47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
エンジン最大トルク 95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
モーター最高出力 2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク 50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 25.0km/L(2WD)
23.4km/L(4WD)
20.2km/L(2WD)
19.6km/L(4WD)
乗車定員 4名
価格 1,365,100円~
1,652,200円
1,606,000円~
1,732,500円

「デュアルカメラブレーキサポート」「次世代スマートアシスト」の違いについて

機能システム 次世代
スマートアシスト
デュアルカメラ
ブレーキサポート
方式 ステレオカメラ ステレオカメラ
前方衝突軽減
ブレーキアシスト 

(50km/h以下・
対歩行者 30km/h以下)

(50km/h以下・
対歩行者 30km/h以下)
衝突回避前方
衝突警報機能 

(5〜100km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減

(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)

(50km/h以下・
対歩行者 30km/h以下)
誤発進抑制 
前方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
後退時
ブレーキサポート
ハイビームアシスト
ふらつき警報機能
標識認識機能
ヘッドアップ
ディスプレイ
全方位モニター
用カメラ
◯(オプション )
(オプション
一部車両のみ)
レーンキープ
コントロール
◯(オプション )
全車速追従機能付
ACC
◯(オプション )
スマートパノラマ
パーキング
◯(オプション )
サイドビュー
ランプ
◯(オプション )

まとめ

新型「ハスラー」と新型「タフト」を比較してきたが、エクステリアデザインの違いやインテリアデザインがあるため好き好きが分かれるだろう。燃費面ではスズキは「マイルドハイブリッド」を搭載しているため軍配があがる。安全技術はどちらもクラストップレベルであるが「電動パーキングブレーキ&ホールド」まで行うのであれば「タフト」をお勧めする。どちらも軽自動車としての完成度は高く、普通車レベルに安全技術が高いことがわかる。

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ
スマートアシストは、ダイハツ工業が開発した予防安全機能ある。進化版である「スマートアシストII」「スマートアシストIII」「次世代スマートアシス」についてまとめてみた。 スマートアシストとは? スマートアシストは、レーザーレーダを用いて...

ダイハツニュースリリース

https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2020/

https://www.daihatsu.com/jp/news/2019/20191223-1.pdf

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/1204/

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2019/1224/

スズキ ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/