トヨタ ライズ 2021年のマイナーチェンジは買いなのか?どんな人におすすめか?

トヨタは新型「ライズ」の改良となるマイナーチェンジを行い2021年11月1日発売。すでに各ディーラーではマイナーチェンジ後のモデルでの商談が開始されている。今回のマイナーチェンジにより、どんな人におすすめなのか考えてみた。

目次

2021年 ライズ マイナーチェンジについて

エンジンは従来通りの「1.0L 直3気筒ターボエンジン」に加え新たに 「1.2L 直3気筒エンジン」と 新開発のハイブリッドシステムは「e-SMART HYBRID」1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーターを搭載。

ボディの随所に遮音材や制振材の最適配置、ロードノイズと風切り音を低減。

最上位グレード「Z」に 「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」 を装備。

走行モード「スマートペダル」を設定。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ ハイブリッドに採用された「e-SMART HYBRID」どのような仕様なのか? トヨタは新型「ライズ」のハイブリッドモデル「e-SMART HYBRID」を2021年11月1日に発売する。実際どのような仕様になっているのが現時点でわかっていることをまとめてみ...

新型 ライズ マイナーチェンジ 2021年モデル 価格グレードについて

「X”S”」グレードを廃止。ターボモデル「2WD」モデルを廃止。新たに「1.2L 直列3気筒エンジン」の「2WD」モデルと「1.2L 直列3気筒エンジン+モーター」のハイブリッドモデルをラインナップ。1番人気はハイブリッドグレード「Z」となるだろう。

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X 1.2L 直列3気筒
エンジン
D-CVT 2WD 1,707,000円
G 1,857,000円
Z 2,039,000円
X 1.0L 直3気筒
ターボエンジン
D-CVT 4WD 1,984,800円
G 2,133,700円
Z 2,299,200円
G 1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
e-SMART
HYBRID
システム
2WD 2,163000円
Z 2,328,000円
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ 一部改良(マイナーチェンジ) ハイブリッド モデル 追加 2021年11月1日発売 トヨタは新型「ライズ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 を追加し2021年11月1日に発売する。併せてOEM車、 ダイハ...
スペック 新型ライズ
ハイブリッド
新型ライズ
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,525mm
エンジン 1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
1.2L 直列3気筒
エンジン
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 60kW(82ps)/
5,600rpm
64kW(87ps)/
6,000rpm
72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク 105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
113Nm(11.5kgfm)/
4,500rpm
140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
モーター
最高出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
D-CVT D-CVT
駆動方式 2WD 2WD 4WD
最小回転半径 4.9~5.0m
タイヤサイズ 195/60R17
WLCTモード燃費 28.0km/L 20.7km/L(2WD) 17.4km/L(4WD)
JC08モード燃費 34.8km/L 23.6-24.6km/L(2WD) 21.2km/L(4WD)

今回の目玉はハイブリッド e-SMART HYBRID の「G/Z」

「ライズ」を既に購入したことがある人や、検討したことがある人なら気づいている人も多いと思いますが、今まではガソリン車1.0Lターボのみにラインナップされていた。今回ついにハイブリッドグレードにもラインナップされる。ガソリンモデルとの差額は「G」で306,000円、「Z」で289,000円なので税金や燃費である程度補える。更に走行性能もモーターアシストがあるので快適だ。今回のラインナップでダントツの人気グレードになる可能性があるだろう。

ライズ ハイブリッドグレードと通常グレードの違いは?

ハイブリッド e-SMART HYBRID の「G/Z」 は通常グレードとはエクステリアでは専用グリルを採用。 日産の「e-Pedal」やトヨタ「アクア」に採用された「ワンペダル」と同様にアクセルのみで発進、減速をかける、走行モード「スマートペダル」を設定されており通常とは違う走りが楽しめる。通常モデルとは違いボディの随所に遮音材や制振材の最適配置、ロードノイズと風切り音を低減。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ ハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ? 「X」「G」「Z」おすすめグレードは? トヨタは新型「ライズ」の一部改良となるマイナーチェンジを行い2021年11月1日発売。新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 「新開発の1.2L 直3気筒 エンジン...

まとめ

今回のライズを2021年11月のマイナーチェンジの改良により新たに 新たに「1.2L 直列3気筒エンジン」の「2WD」モデルと「1.2L 直列3気筒エンジン+モーター」のハイブリッドモデルをラインナップ。コンパクトSUVで更にハイブリッド車の購入を検討するひとはグレード「G/Z」のハイブリッドモデルが買いである。しかし、東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足によりダイハツでは10月の工場の稼働を停止が発表されており「ライズ・ロッキー」は9日間停止が決まっており発表もあるだけに納期への影響が出ている。購入を検討されている方は早めに動くことをおすすめします。

あわせて読みたい
ダイハツ 2021年10月の国内工場稼働 生産ライン稼働停止期間を発表 ダイハツは東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により10月の国内工場の稼働停止について2021年9月21日公表した。 【2021年10月の国内工場稼...

ライズについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる