MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マツダ 新型 CX-60 素晴らしいと思ってしまう点をまとめ

目次

新型 CX-60「おすすめ!」と思ってしまう点

実際に購入を検討し色々調べて「素晴らしい!」「いいね!」「おすすめ!」と思っているところをまとめてみました。

エクステリアデザイン

マツダの「Kodo-Soul of Motion」のデザイン哲学に基づいており、アグレッシブなリアエンドを備えた深く彫刻されたフロントフェイシアを備えいる。目を引くのは、縦に積み上げられたヘッドライトランプとL字型のデイタイムランニングライト。FWDベースのCX-5とは異なり、「CX-60」にはフロントエンジンのRWDベースのプラットフォームであり、ボンネットを長くしてよりセクシーなプロポーションを実現する。CX-60は後輪駆動であるためCX-5よりも最小回転半径5.4mの-0.1mmとしている。また、スポーティなウィンドウライン、フロントバンパーに垂直のインテークを備えたLEDライト、サイドギル、より目立つリアオーバーハングなどの詳細を確認。日本の美的原則、「空の空間の穏やかで威厳のある美しさ」と呼ばれる「馬」の概念に触発されている。プロファイルについては、デザイナーは日本の書道からインスピレーションを得ており、新しい反射する白い色合いは、彫刻された体のラインを強調する。

ボディサイズ比較

CX-5よりもワイド&ローとなり全長+200mm、全幅+50mm、全高-15mm、ホイールベース+170mmの差がある。CX-8と比較すると全長-155mm、全幅+50mm、全高-55mm、ホイールベース-60mmと全幅以外は一回り小さいのでちょうど中間サイズといっていいサイズ感である。CX-60は後輪駆動であるためCX-5よりも最小回転半径を-0.1mとしている。

スペックマツダ CX-5マツダ CX-60マツダ CX-8
全長4,545mm4,745mm4,900mm
全幅1,840mm1,890mm1,840mm
全高1,690mm1,675mm1,730mm
ホイールベース2,700mm2,870mm2,930mm
乗車定員5名5名6名~8名
最少回転半径5.5m5.4m5.8m

目次に戻る

インテリアの質感が高い 国産車では最高レベル!

CX-60」のインテリアは、日本の職人技を伝えるファブリックの装飾に関する興味深い詳細がありり、メープルウッド、ナッパレザー、織物の和織物、クロームのディテールなど、ライバルとの差別化を図った上質な素材を使用。マツダはまた、インストルメントパネルの周りのステッチのインスピレーションとなったテキスタイルをバインドする技術である「MUSUBU(ムスブ)」を採用。

カメラを使用してドライバーの目の位置を検出し、ドライバーの目の高さを入力してシート、ステアリングホイール、ヘッドアップディスプレイ、ドアミラーを自動的に調整する自動運転位置ガイドを組み込んだ興味深いドライバーパーソナライズシステムを採用。

12.3インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面を採用

インテリアにはフルTFT-LCDデジタルインストルメントクラスター、12.3インチのインフォテインメントディスプレイ、CX-30の3倍の大型ヘッドアップディスプレイを備えている。

エンジンは攻めの3.3L 直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」を採用

排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジンSKYACTIV-D 3.3」最高出力170kW(231ps)/4,000~4,200rpm、最大トルク500Nm(51.0kgm)/1,500rpm~3,000rpm。これらのエンジンにダイレクト感と伝達効率に優れる新開発のトルコンレス8速ATを組み合わせ、優れた環境性能とお客様の期待に応える走りの両立を追求しました。最大トルク550NmとWLTCモード燃費19.8km/L出すなど大きなメリットが出ている。これらの高出力化と環境性能を両立するパワーユニットを、縦置きに配置するプラットフォームと組み合わせる。

パワートレインは4種類も設定

エンジンは4つあり「ガソリン車」「プラグインハイブリッド車」「ディーゼル」「ディーゼルマイルドハイブリッド」から選ぶ。

SKYACTIV-G 2.5

軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する2.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」。

SKYACTIV-G 2.5
SKYACTIV-G 2.5
スペックSKYACTIV-G 2.5
エンジン直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
最高出力138kW(188ps)/
6,000rpm
最大トルク250Nm(25.5kgm)/
3,000rpm
トランス
ミッション
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
13.0-13.1km/L(2WD)
14.1-14.2km/L(4WD)
乗車定員5名

SKYACTIV-D 3.3

排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジンSKYACTIV-D 3.3」。

SKYACTIV-D 3.3
SKYACTIV-D 3.3
スペックSKYACTIV-D 3.3
エンジン直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
最高出力170kW(231ps)/
4,000~4,200rpm
最大トルク500Nm(51.0kgm)/
1,500rpm~3,000rpm
トランス
ミッション
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
19.0-19.8km/L(2WD)
18.3-18.5km/L(4WD)
乗車定員5名

e-SKYACTIV D

直列6気筒ディーゼルエンジンに「電動化技術M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)」を組み合わせ、アクセルを踏み込んだ瞬間から感じられる人馬一体の走りの進化と燃費性能向上を実現した「e-SKYACTIV D」。

e-SKYACTIV D M Hybrid
e-SKYACTIV D M Hybrid
スペックe-SKYACTIV D
エンジン直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
48Vマイルドハイブリッド
(M HYBRID BOOST)
最高出力186kW(254ps)/
3,750rpm
最大トルク550Nm(15.6kgm)/
1,500rpm~2,400rpm
モーター最高出力17ps
モーター最大トルク15.6kgm
トランス
ミッション
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
21.0-21.1km/L(4WD)
EV航続距離0km
0-100km/h加速7.3秒
乗車定員5名

e-SKYACTIV PHEV

エンジンは「CX-60 PHEV」マツダ初のプラグインハイブリッドシステム2.5 L 直列4気筒エンジン「e-SKYACTIV PHEV」とその性能を最適化することを目的とした電気モーターは最高出力100kW、17.8kWhの大容量バッテリーを組み合わせたパワートレインの恩恵を受け、トータル最高出力241kW(327hp)、トータル最大トルク500Nmを獲得。加速性能は0-100km/h加速5.8秒。非常に優れたパフォーマンスを発揮。時速100km以下の全電気モードで航続距離63kmとなる。

e-SKYACTIV PHEV
e-SKYACTIV PHEV
スペックSKYACTIV-G 2.5 PHEV
エンジン直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
+モーター
最高出力140kW(191ps)/
6,000rpm
最大トルク261Nm
モーター最高出力175ps
モーター最大トルク27.5kgm
システム最高出力241kW(323ps)
システム最大トルク500Nm(51.0kgm)
トランス
ミッション
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
-km/L(2WD)
-km/L(4WD)
EV航続距離63km
0-100km/h加速5.8秒
乗車定員5名

安全装備がトップクラスで充実している

ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する、「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用ドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用。眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」搭載。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。

まとめ

新型「CX-60」は新開発の「FRプラットフォーム」を採用。国内車では非常に優れている。「12.3インチフルHD大画面ディスプレイ」を搭載しており、この先進性は他社にはない素晴らしいものです。更に最新安全システムに「i-ACTIVSENSE」はもちろんだが、更に「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。こちらも安全装備としてはトップクラスなので素晴らしいです。SKYACTIV-D 3.3など現代はダウンサイジングエンジンを採用する傾向にあるが、そこは3.3Lをあえて搭載し、現代で買う人がどれだけいるのか挑戦的なマツダとしてとても興味深いモデルを出しています。更にマツダ初のプラグインハイブリッドシステム2.5 L 直列4気筒エンジン「e-SKYACTIV PHEV」をラインナップしており注目される部分が多数ある「CX-60」は今後どうなっていくのか注目である。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-60 新世代ラージ商品群の第1弾 日本モデル 2022年9月15日発売 マツダは新世代ラージ商品群の第1弾の新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本モデルを2022年4月7日発表した。「e-SKYACTIV D」搭載モデルを2022年9月15日発売。そのほか...
あわせて読みたい
マツダ 新型「CX-60」e-SKYACTIV D搭載モデル 2022年9月15日発売 計画の4倍を超える8726台を受注 マツダは新世代ラージ商品群第一弾、新型クロスオーバーSUV「CX-60」のe-SKYACTIV D搭載モデルの販売を2022年9月15日開始。2022年12月以降の販売開始予定。「CX-60」の...
あわせて読みたい
マツダ 新型「CX-60 PHEV」VS トヨタ 新型「ハリアー PHEV」徹底比較 マツダは新世代ラージ商品群の第1弾の新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本モデルを2022年4月7日発表、2022年9月15日に発売する。今回はプラグインハイブリッドSUVで競...

目次に戻る

マツダ

https://fr.mazda-press.com/actualites/2022/lancement-officiel-du-nouveau-mazda-cx-60-phev/

https://www.mazda.fr/mazda-cx-60/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次