MENU

レクサス 新型 IS500 F SPORT 限定モデルとして 日本でも販売される可能性ありかも

レクサスは日本の特許庁に「IS500」を2021年9月20日に商標出願している。商願2021-116794。 「IS500 F SPORT Performance」 は海外で発売されているパフォーマンスモデルであるが、今回商標出願しているだけいに、限定的ではあるが発売される可能性もあるだろう。

目次

新型 IS 500 F SPORT Performance について

新しいレクサスFSPORTパフォーマンスラインの最初のモデルとして、「IS500 F SPORT Performance」のエンジンは、「IS350」3.5L V6よりも排気量とパフォーマンスを向上させた。「IS500」は5.0L V8エンジンの最高出力472hp/7,100rpm最大トルク395lb.-ft/4,800rpmと8速スポーツダイレクトシフトオートマチックトランスミッションを採用。車両は3,891ポンドで体重計を傾け、標準のIS 350 FSPORTよりもわずか143ポンドの追加の縁石重量を獲得します。IS 500は、0-60マイル加速で4.5秒、メーカーが推定した24mpgの高速道路定格を備えている。「IS500」のパフォーマンス強化には、新しいV8エンジンを完全に増幅するデュアルスタックテールパイプを備えたスロートクワッドエキゾーストシステムが含まれる。

新しいIS500は、2021 ISに加えられた改良に基づいて構築されており、ドライバーと車両の間の信頼性と直線的な接続を提供することに重点を置いている。 F SPORTのダイナミックアダプティブバリアブルサスペンション(AVS)とトルセン含んパッケージ(DHP)取り扱いに標準装備。S ®コーナリングまたは終了するときに強化され、トラクションのおかげで扱うと、パフォーマンスが向上リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)をターンします。LSDは、直線的な安定性の維持にも役立ちます。エンジニアはまた、ヤマハ®のリアパフォーマンスダンパー追加とシャシー性能は向上している。このダンパーは動的な構造の歪みを減らし、低速での快適性を高め、高速での安定性と敏捷性を高めます。ブレーキ冷却の強化は、追加の空力冷却と、より大きな14.0インチのツーピースアルミニウムフロントローターと12.7インチのリアローターを備えた標準のIS 350 FSPORTに対しても行われる。

IS 500は、標準のIS 350 F SPORTとは一線を画す、微妙な外観の強化を特徴としています。フードは2インチ近く持ち上げられ、彫刻された中央のキャラクターラインを受け取り、フロントバンパーとフェンダーは車両の自然吸気V8マッスルに対応するために長くなっている。IS 500には、専用の19インチスプリット10スポークエンケイアロイホイールが標準装備。標準19インチFSPORTホイールと比較して、美しく複雑であるだけでなく、ホイールは前輪あたり約1ポンド、後輪あたり2ポンド軽くなっている。その他のエクステリアのアップデートには、クワッドエキゾーストシステムを強調する改訂された下部リアディフューザーアクセント、およびダーククロームウィンドウトリムが含まれます。これらの視覚的およびパフォーマンスの手がかりを結びつけるのが、黒い「IS FSPORT」リアリップスポイラーがある。

ドライバーは、革で包まれたステアリングホイールとドアシルスカッフプレートに黒いF SPORTPerformanceバッジで迎えられる。また、IS F SPORTアクセルペダル、ブレーキペダル、フットレストが標準装備されていますが、コンビネーション計装メーターは、IS500専用の最新の起動アニメーションを受信。

あわせて読みたい
レクサス 新型 IS500 F SPORT Performance 5.0L V8 搭載 米国モデル 2021年2月22日発表 レクサスはISの「F SPORT」パフォーマンスモデル、新型「IS500 F SPORT Performance」を2021年2月22日(現地時間)に発表した。2021年秋にディーラーに到着する。 【新...

新型 IS 500 Launch Edition

「IS 500 Launch Edition」は、シリアル化された車両は500台のみ生産され、北米でのみ販売。「IS500」で導入されたのと同じ自然吸気5.0リッターV8エンジンを搭載。5.0L V8エンジンの最高出力472hp/7,100rpm最大トルク395lb.-ft/4,800rpmと6速ATを採用。「IS 500 Launch Edition」では多くインテリアやエクステリアで機能強化が行われてり、エクステリアではBBS製の19インチマットブラック鍛造アロイホイールは標準の19インチに比べてホイールあたり約4ポンド(1.8 kg)軽量ある。レクサスラインナップの新色、「インコグニート」限定販売。

インテリアではシート、ドア、センターコンソールには、ブラックとグレーのツートンカラーのウルトラスエード張りが施されている。デザイナーはまた、個別に番号が付けられたバッジと、ユニークなシルバーアッシュウッドトリムを備えた革のステアリングヒーターを追加。インストルメントクラスター専用のスタートアップアニメーションも追加されている。

あわせて読みたい
レクサス 新型 IS 500 Launch Edition 限定500台 米国2021年秋発売 レクサスは新型「IS 500F Performance」をベースにした限定500台モデル「IS 500 Launch Edition」を発売すると2021年3月19日(現地時間)に発表した。2021年秋にディー...

レクサス ISシリーズ については次へ

レクサス ISについて

初代 GXE/JCE10L型

トヨタ「アルテッツァ」がデビューした翌年の1999年、同車のレクサスブランド版としてまずはヨーロッパで販売開始された後、北米ほかでも同様に展開された。

2代目 GSE2型

2005年8月発売。2006年11月年次改良。2007年9月年次改良、2度目の年次改良が行われる。2010年8月25日マイナーチェンジ。

3代目 ASE30/GSE3#/AVE3#型

「LEXUSスポーツセダン」の象徴として開発。2013年5月16日フルモデルチェンジ。2014年7月3日一部改良。2015年1月8日特別仕様車「F SPORT X Line」を発売。2015年7月23日一部改良、同時に「IS200t」を追加、2015年8月3日発売。2016年1月21日特別仕様車「F SPORT Mode Plus」を設定、2016年3月1日発売。2016年10月20日マイナーチェンジ。2017年10月仕様変更。2018年8月23日一部改良、および特別仕様車「Black Sequence」を設定。2019年9月26日特別仕様車「I Blue」が発表、10月1日発売された。2020年11月5日2度目のマイナーチェンジを行う、特別仕様車「F SPORT Mode Black」が発売された。

新型 IS マイナーチェンジ エクステリアについて

新開発の小型軽量ランプユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用、低く構えたグリル周りとそれに合わせて下げたサイドのキャラクターライン、ラゲージ後端部の造形で重心の低さを表現。張り出した前後フェンダー、Lシェイプ一文字シグネチャーランプ、立体的なバンパーガーニッシュを採用。加えて新意匠の19インチタイヤや、ワイドなトレッドによりスポーティな走りを予感させるプロポーションを実現。緩やかに傾斜したリヤクォーターピラーがサイドから回り込む引き締まったキャビンシルエットとし、張り出したリヤフェンダーとのコントラストでアグレッシブな印象を際立せた。

新型 IS マイナーチェンジ インテリアについて

マルチメディアシステムは、新たに10.3インチワイドタッチディスプレイを採用、「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上しました。インストルメントパネル上部やドアパネルに有彩色を設定しツートーン配色。また、ツートーン配色によるコントラストで乗車時に高揚感を感じさせるカラーコーディネートとした。ドアトリムの一部にLEXUSの新たな加飾表現である複数のエンボスラインを交差させたグラフィックパターンを採用。オーナメントパネルにアッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)、ブラックジオメトリーフィルム、F SPORT専用サテンクロムを新規採用。

新型 IS マイナーチェンジ スペック

2.5Lハイブリッドモデルはアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御を変更。2.0Lターボモデルではドライバーのアクセル開度などから走行環境を判定し、シーンに応じて適切なギヤ段を設定するアダプティブ制御を採用。サイドラジエーターサポートの補強、フロントサイドメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフサイドにかけての構造最適化などによりボディ剛性を高めることで、ハンドル操作に対するレスポンスなど運動性能も高めるとともに、ノイズや振動を徹底的に排除し乗り心地を向上させた。

スペック IS300 IS350 IS300h
全長 4,710mm
全幅 1,840mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,800mm
エンジン 2.0L 直列4気筒
ターボエンジン
3.5L V型6気筒
エンジン
2.5L 直列4気筒
エンジン
+モーター
最高出力 180kW (245ps) /
5,800kgm
234kW (318ps) /
6,600rpm
131kW (178ps) /
6,000rpm
最大トルク 350Nm (35.7kgm) /
1,650~4,400rpm
380 Nm(38.7kgm) /
4,800rpm
21Nm (22.5kgm) /
4,200~4,800rpm
モーター
最高出力
105 kW(143ps)
モーター
最大トルク
  300 Nm(30.6kgm)
トランス
ミッション
8-Speed
SPDS
電気式
無段階変速機
駆動方式 FR
乗車定員 5名

新型 IS マイナーチェンジ 価格グレードについて

「IS350」「IS350“version L”」を廃止。

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
IS300 2.0L 直列4気筒
ターボエンジン
8-Speed
SPDS
2WD 4,800,000円
IS300
“version L”
2WD 5,550,000円
IS300
“F SPORT”
2WD 5,350,000円
IS300 特別仕様車
“F SPORT
Mode Black”
2WD 5,850,000円
IS350
“F SPORT”
V型6気筒DOHC
3.5Lエンジン
8-Speed
SPDS

2WD

6,500,000円
IS350 特別仕様車
“F SPORT
Mode Black”
2WD 7,000,000円
IS300h 直列4気筒DOHC
2.5Lエンジン
+モーター
電気式
無段変速機
(THS II)
2WD 5,260,000円
IS300h
“version L”
2WD 5,550,000円
IS300h
“F SPORT”
2WD 5,350,000円
あわせて読みたい
レクサス 新型 IS マイナーチェンジ 2020年11月5日発売 レクサスは「IS」をビックマイナーチェンジを行い2020年11月5日発売した。特別仕様車「“F SPORT Mode Black”」を設定し同日発売した。 【新型 IS マイナーチェンジにつ...
あわせて読みたい
レクサス IS 「IS」は「レクサス」が販売する4ドアセダンである。 【レクサス ISについて】 初代 GXE/JCE10L型 トヨタ「アルテッツァ」がデビューした翌年の1999年、同車のレクサス...
Lexus USA Newsroom
2022 LEXUS IS 500 F SPORT PERFORMANCE: THE IS SPORTS SEDAN, UNLEASHED - Lexus USA Newsroom PLANO, Texas (February 22, 2021) – Last year’s reimagined front-engine rear-wheel-drive IS struck the perfect balance of sportiness and sophistication, making i...
Lexus USA Newsroom
2022 LEXUS IS 500 F SPORT Performance Launch Edition: IS 500 Performance with a Touch of Distinction... SEBRING, Fla. (March 19, 2021) – Hot on the heels of last month’s IS 500 F SPORT Performance world premiere, Lexus is proud to unveil the 2022 IS 500 F SPORT Pe...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次