MENU

【2024年7月】新型「ジムニー」 納期情報 納車まではどれぐらいなのか 1年以上は覚悟か

ジムニーの人気は衰えることを知らず、納車待ちの期間も長期化しています。「ジムニーが欲しいけど、納車までどれくらいかかるの?」「1年以上待つ覚悟が必要って聞いたけど本当?」そんな疑問をお持ちのあなたへ、2024年7月時点でのジムニーの納期に関する最新情報をお届けします。

平均納期・納車 約1

参考

よく一緒に読まれている記事

»ジムニーの値引き情報 New!

»ジムニーの5ドア情報 New!

»ジムニーの最新情報

目次

新型 ジムニー 納期情報

2024年5月現在の色々と調べてみました。まず、スズキは公式サイトなどでは納期情報は出していない様子です。SNSを中心に調べてみました。結果は想像以上に納期は長い様子です。

https://twitter.com/wing_of_dress/status/1775874705507115014
https://twitter.com/goodsun013/status/1773297443544748105
https://twitter.com/mskd_kotaros/status/1772759402317279494

2024年3月から4月現在の状況をまとめました、およそ8ヶ月から1年半がおおよその納期となっている様子です。平均して1年は納期がかかるということになります。

※最新自動車情報 調べ

キャンセル待ちとうのもあり

もう一つはキャンセル分を狙うという方法です。これは欲しい色でなかったり、装備などの違いなどが出る可能性がりそうですね。

https://twitter.com/Mars_Antares/status/1773327716311236848

複数のスズキ 販売店を回る

複数のスズキ販売店で納期確認をしてみてください。販売店によって、納期の目安が違う可能性もあります。

なぜ納期が長いのか?

コロナ時は半導体不足の影響が一番あったかとは思いますが、そもそも、スズキの生産ラインでジムニーを製造できる台数には限界があります。2023年の月のジムニーの平均生産台数は約3000台であり決して多いとはいえない。さらに、ジムニーは通常の車のモノコック構造ではなく、ラダフレーム構造を採用しているため、スズキ内での共有化も難しいです。月3000台以上の注文が入れば、当然納期が延びるということになります。

ジムニー 生産台数 の状況 について

ジムニー 国内登録台数

ジムニーの生産台数を調べました。全軽自協より、毎月の登録台数から見てみました。すると、ジムニーは月平均の登録台数は3,325台でした。

2022年2023年2024年
1月3,656台2,740台2474台
2月3,725台3,118台3755台
3月5,177台3,859台4437台
4月2,508台3,267台3095台
5月2,881台3,170台3178台
6月3,933台3,956台-台
7月3,323台3,434台-台
8月3,347台2,851台-台
9月3,978台3,515台-台
10月3,220台3,450台-台
11月3,071台3,735台-台
12月2,586台2,815台-台
合計41,405台39,910台-台
2022年以降のジムニー 国内登録台数

参考:全軽自協(全国軽自動車協会連合会)

ジムニー シエラ 国内登録台数

ジムニーシエラは 自販連より毎月の登録台数から登録台数を見てみました。すると、ジムニーシエラは月平均の登録台数は2,199台でした。

2022年2023年2024年
1月1,012台2,364台1,883台
2月1,663台2,207台2,649台
3月2,401台2,377台3,330台
4月1,326台2,075台1,926台
5月1,090台2,097台1,932台
6月1,169台2,402台-台
7月923台2,401台-台
8月899台1,879台-台
9月1,618台2,322台-台
10月1,576台2,320台-台
11月2,036台2,145台-台
12月2,107台1,799台-台
合計17,820台26,388台-台
2022年以降のジムニー シエラ 国内登録台数

参考:自販連(日本自動車販売協会連合会)

2024年度上半期 6か月 日本自動車販売ランキングの軽自動車で10位にランクインするほどの人気

順位メーカー車名販売台数
1位ホンダN-BOX100,680台
2位スズキスペーシア84,368台
3位スズキハスラー48,979台
4位スズキワゴンR42,415台
5位スズキアルト36,756台
6位日産ルークス35,620台
7位三菱デリカミニek31,289台
8位ダイハツタント27,767台
9位日産デイズ27,722台
10位スズキジムニー20,416台
11位ダイハツミラ18,556台
12位ホンダN-WGN16,872台
13位日産サクラ12,082台
14位ホンダN-ONE9,106台
15位ダイハツムーヴ9,084台
2024年度上半期 軽自動車販売ランキング

参考:軽四輪車通称名別新車販売速報(全軽自協)

あわせて読みたい
日本自動車販売ランキング トップ15位 N-BOXとカローラがトップ 2024年度上半期 6か月(1月~6月)販売台数 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2024年7月4日、2024年上半期1月~6月)販売台数を発表した。軽自動車では1位はホンダ N-BOX...

納期を少しでも早める方法はある?

残念ながら、納期を劇的に早める魔法のような方法はありません。

しかし、こまめに販売店に連絡を取り、キャンセル車が出た場合に備えるなどの工夫をすることで、納車を早められる可能性はあります。

また、人気グレードやカラーを避けるオプションを厳選するといったことも、納期短縮に繋がるかもしれません。

ジムニー納車までの道のりは長いけれど…

ジムニーの納車までには時間がかかるかもしれませんが、その分、納車された時の喜びもひとしおです。

納車までの間、ジムニーでどんな冒険をしようか、ワクワクしながら待つのも楽しみの一つと言えるでしょう。

編集部から一言

ジムニーの納期について調べましたが現在も非常に人気車種で、生産台数に対して受注台数が大きく上回っている状況です。今後も当分、納期の改善は難しいと思われます。注文をする際は1年以上納期がかかることを覚悟して注文して頂ければと思います。

最新情報をチェックし、自分に合った方法でジムニーを手に入れましょう。

この記事で紹介した情報は2024年7月時点のものです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次