MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スズキ 新型 eVX 電気自動車 「エスクード」を超える フラッグシップ SUV 2025年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
SUZUKI eVX

スズキは、2023年1月11日にインドで電気自動車(EV)コンセプトモデル「eVX」を世界初公開しました。このモデルは、2025年までに市販化される予定です。日本では、2023年10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて公開されました。現在、開発が進められており、テスト走行も始まっていて、その様子がスパイショットとして撮影されています。一体どんなモデルになるのか、詳しく解説します。

目次

スズキ 新型 「eVX」 電気自動車 コンセプトモデル について

「eVX」は、スズキのEV世界戦略車第一弾となるコンセプトモデルです。インド・デリー近郊で開催された「Auto Expo 2023」で、スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社のブースで世界初公開されました。

スズキ 新型 「eVX」 電気自動車 エクステリア について

スズキは「エスクード」「グランドビターラ」や「SX4 S-CROSS」といったSUVモデルを世界中で展開しています。「eVX」もそのDNAを受け継ぎ、本格四輪駆動車の力強さと最新のEVとしての先進性を融合しています。全長4,300mm、全幅1,800mm、全高1,600mmといったボディサイズは、「SX4 S-CROSS」と同じ長さで、「ビターラ」より125mm長く、「グランドビターラ」より45mm短いです。

バッテリー容量は60kWhで、インドのMIDCサイクルで測定した航続距離は550kmです。フロントにはV字型のLEDヘッドライト、完全に覆われた透明なグリル、スキッドプレート付きの彫刻されたバンパーが特徴です。引き締まったフェンダー、フレームレスドア、フラッシュドアハンドルなども採用されています。

フロントにはV字型のLEDヘッドライトが配置されており、スズキのエンブレムの上には透明なグリルが完全に覆われています。彫刻されたバンパーにはスキッドプレートがあり、その周囲は大量のプラスチッククラッディングで囲まれています。ボクシーなホイールアーチの周りにも同様の処理が施され、未来的なエアロスタイルのアルミホイールが強調されています。

引き締まったフェンダー、フレームレスドア、フラッシュドアハンドルが特徴的です。ミラーに代わるカメラも装備されていますが、製品版ではおそらくトーンダウンされるでしょう。ルーフとAピラーはバイトーンの外観を持つために黒で塗装され、ボディ下部には微妙な緑の色合いとブロンズのアクセントが組み合わされています。後部にはハイマウント全幅LEDテールライトが3Dグラフィックスとともに設置されており、テールゲートと一体化しているように見えます。さらに、大型のリアスポイラーとF1スタイルのブレーキライトを備えたスキッドプレートも装備されています。

2024年現在、開発を進めテスト走行も始まっており、スパイショットも撮影されています。

スズキ 新型 「eVX」 電気自動車 インテリア について

インテリアには新世代インフォテインメントシステムが採用され、コネクティッド技術のSUZUKI connect(スズキコネクト)を搭載しています。

スズキ 新型「eVX」 電気自動車 「デュアルセンサーブレーキサポートⅡ」を搭載

「eVX」には最新の安全装備「デュアルセンサーブレーキサポートⅡ」が搭載されています。これはミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーの3種類のセンサーを採用し、新たに、検知対象として、車両、歩行者に加えて自転車や自動二輪車に対応。交差点での右折、左折の出会い頭時の車両、歩行者なども検知してさまざまな衝突回避、軽減が図られます。

「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて スズキのEV世界戦略車第一弾「eVX」を公開

2023年10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて、「eVX」が公開されました。実際に近くで見た感想としては、ボディの肉厚感と力強さが感じられ、フロントとリアの薄型LEDヘッドライトやリアテールライトが現代的な印象を与えていました。新しいデザインのテイストが非常に好印象で、日本で発売されれば人気車種になる可能性もあります。

新型「eXV」と「エスクード」 ボディサイズ比較

新型「eVX」と「エスクード」を比較すると、全長は「eVX」が125mm長く、全幅も25mm広いですが、全高は10mm低くなっています。一回り大きいことがわかります。

スペック新型「eXV」「エスクード」
全長4,300mm4,175mm+125mm
全幅1,800mm1,775mm+25mm
全高1,600mm1,610mm-10mm

スズキ 2030年度までに日本市場にEV6モデル展開

スズキは、2023年1月26日に「2030年度に向けた成長戦略説明会」を開催し、4輪車のバッテリ電気自動車(BEV)の投入計画を発表しました。日本市場において、6つのEVモデルを発売する予定です。2023年度から順次BEVを投入し、未知の軽自動車のシルエットが2回表示されました。これは、おそらく同じ外観の乗用車とパネルバンのボディスタイルを示唆しています。軽自動車はさらに2台あり、そのうち1台はスズキ ハスラーの電動バージョン、もう1台はエブリィの後継車となる可能性がありますが、スペーシアやワゴンRの後継車となる可能性もあります。最後に、日本のEVラインナップには、フロンクスのゼロエミッションバリアントと量産対応のeVXも含まれています。

あわせて読みたい
スズキ 新型 フロンクス 日本モデル 新たなコンパクトクロスオーバーSUV 2024年8月発売 スズキは新モデルとなるコンパクトクロスオーバーSUV「フロンクス(FRONX)」を日本にて2024年8月頃に発売すると予想されます。価格はおよそ200万円前後で、インドで生...

スズキ ニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/ir/library/forinvestor/pdf/bsgs_fy2030.pdf

https://www.suzuki.co.jp/release/d/2023/0111/

スズキ

https://www.suzuki.co.jp/

SUZUKI eVX

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次