日産 新型 キックス VS トヨタ 新型 C-HR 徹底比較

競合車種比較

日産は新型コンパクトSUV 「キックスを日本にて2020年6月30日発売する。競合車種となるトヨタのC-HR」はマイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売。スペックを元に他社比較してみた。

日産 新型 キックス について

新型「セレナ」同様に大型Vモーショングリル「ダブルVモーショングリル」を採用しブーメラン型ヘッドライト、ユニークなフローティングルーフ、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れています。更に、横長のLEDフォグランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。

nissan-kicks

LEDヘッドランプとBoomerang LEDシグネチャーターンライト、LEDデイタイムランニングライト、フォローミーホームヘッドライト、LEDリアコンビネーションライトが組み込まれている。ボディカラーは、モノトーン9色、ツートーン4色からなる全13種類の豊富なカラーバリエーションを用意。

インテリアのデザインは新型マイクラ(日本名:マーチ)とほぼ共通デザインとなる。新しいインストルメントパネル、インフォテインメントスクリーン、ステアリングホイール、シートに対応するために作成されました。スタイリッシュな総合的なインフォテインメントシステムを内蔵する中央に取り付けられた7.0インチフルカラーディスプレイが支配。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」を採用。

新型キックスの情報はこちら

日産 新型 キックス コンパクトSUV 日本 2020年6月24日発売

日産 新型 キックス コンパクトSUV 日本 2020年6月30日発売
日産は新型コンパクトSUV「キックス」を日本にて2020年6月30日発売する。価格2,759,900円〜2.869,900円。日本において10年ぶりのブランニューモデルとして発売する。2020年6月24日12時からYouTubeの日産公式チ...

日産 新型 キックス VS トヨタ 新型 C-HR  について

フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。ヘッドライドの形状を変更し「LEDヘッドライト」を標準採用。Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用。1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボに6MTを組み合わせる。ハイブリッドモデルでは新型プリウス同様に全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用。今までグレードにより搭載されていた、「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」後退時の死角を検知し、注意を喚起。をオプション装備。「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車となる。

C-HR

C-HR 日本モデル

新型C-HRの情報はこちら

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

トヨタ 新型 C-HR (CHR) マイナーチェンジ 2019年10月18日発売
トヨタの「C-HR」はマイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売した。欧州では2020年モデルを2019年10月1日に発表した。 新型 C-HR マイナーチェンジについて 初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアとインテリア...

日産 新型 キックス VS トヨタ 新型 C-HR ボディサイズ比較

スペック 新型キックス 新型C-HR
全長 4,290mm 4,385mm
全幅 1,760mm 1,795mm
全高 1,610mm 1,550mm
ホイールベース 2,620mm 2,640mm

日産 新型 キックス e-POWER VS トヨタ 新型 C-HR ハイブリッドモデル比較

スペック 新型キックス 新型C-HR
エンジン 1.2L 直列3気筒 DOHC
+モーター(e-POWER)
1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力 60kW(82PS)/
6,000rpm
72kw(98ps)/
5,200rpm
最大トルク 103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm

142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm

モーター
最高出力
95kW(129PS)/
4,000-8,992rpm

53kw(72ps)

モーター
最大トルク
260Nm(26.5kgm)/
500-3,008rpm

163Nm(16.6kgm)

トランス
ミッション
エクストロニックCVT
(無段変速機)
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD(FF) 2WD(FF)
JC08モード燃費 30.0km/L 30.4km/L
WLTCモード
燃費
21.6km/L 25.8km/L
価格(10%) 2,759,900円〜
2.869,900円
2,730,000円〜
3,095,000円

最後に一言

新型キックスはe-POWERを搭載しJC08モード燃費で30.0km/L WLCTモード燃費21.6km/Lと素晴らしい燃費を兼ね備えている、C-HRがJC08モード燃費で30.4km/L WLCTモード燃費25.8km/LとWLCTモード燃費ではC-HRに軍配があがる。車両価格もほぼ揃えている。e-POWERはC-HRのハイブリッドシステムとは違い電気モーターのみを駆動動力としており充電いらずの電気自動車であり「ノート」や「セレナ」でも実績と人気のあるパワートレインである。デザインは好き好きがあるのでなんとも言えないが「C-HR」のライバル車種となることは間違いなさそうだ。

トヨタ C-HR

https://toyota.jp/c-hr/

日産 キックス

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html