トヨタ 新型 カローラツーリング VS カローラフィルダー 徹底比較

カローラワゴン 新旧比較
新型カローラワゴン (海外モデル)

世界が認める「カローラ」に、ついにワゴンモデル「カローラ ツーリング」が現行「カローラフィルダー」後継として2019年9月17日発売した。5ナンバーモデルから3ナンバーモデルへ進化。

カローラフィルダーの後継となるがベースは世界標準規格である。現行「カローラスポーツ」は以前の「オーリス」であり今回の「カローラツーリング」は日本未発売の「オーリスワゴン」とも言えるだろう。

新型カローラツーリングについて

2019年央以降に発売する中国など世界150以上の国や地域で順次発売する。日本の道路環境などに合わせて最適化した専用仕様のセダン&ワゴンを2019年内に発売する。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。ヴィッツ系BプラットフォームからCセグメントとなり現行サイズから一回り大きくなる。4代目新型プリウスのものを移植した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用。次世代Toyota Safety Senseを全車標準搭載する。

新型カローラワゴン

新型カローラワゴン

トヨタ 新型カローラ ツーリング と カローラフィルダーのボディサイズ 比較

新型カローラツーリングはカローラフィルダーに比べ全長+96mm、全幅+50mm、ホイールベース+40mm拡大させ後部座席の広さは同クラス最高だという。そして最大の特徴となる荷物室の容量は通常時で598Lとなる。

新型カローラワゴン

新型カローラワゴン

サイズ 新型カローラツーリング カローラフィルダー
全長 4,495mm 4,400-4,410mm
全幅 1,745mm 1,695mm
全高 1,460mm 1,475-1,510mm
ホイールベース 2,640mm 2,600mm

全長とホイールベースを伸ばすことで2列目と荷物室を広くすることができている。更に操縦安定性の向上させることができる。

トヨタ 新型カローラ ツーリング と カローラフィルダーのハイブリッドモデル比較

スペック 新型カローラ ツーリング カローラフィルダー
エンジン 1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター(THSⅡ)
1.5L 直4 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kw(98ps)/
5,200rpm
54kW(74ps)/
4,800rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm

111Nm(11.3kgm)/
3600~4,400rpm

モーター
最高出力
53kw(72ps)

45kW(61ps)

モーター
最大トルク
163Nm(16.6kgm)

169Nm(17.2kgm)

トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD(FF)
JC08モード燃費 28.4km/L〜
35.0km/L
34.4km/L
WLCTモード燃費 24.4km/L〜
29.0km/L
価格 2,480,500円〜
2,997,500円
2,229,120円~
2,536,920円

トヨタ 新型カローラ ツーリング と カローラフィルダー ガソリンモデル比較

スペック 新型カローラツーリング カローラフィルダー
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC
直噴ターボエンジン
1.8L 直4 DOHC
エンジン

1.8L 直4 DOHC
エンジン

1.5L 直4 DOHC
エンジン
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
103kW(140ps)/
6,200rpm
103kW(140ps)/
6,200rpm
80kW(109ps)/
6,000rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm
172Nm(17.5kgm)/
4,000rpm

172Nm(17.5kgm)/
4,000rpm

136Nm(13.9kgm)/
4,400rpm
トランスミッション 6iMT CVT CVT CVT/5MT
駆動方式 2WD 2WD 2WD 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 15.8km/L 14.6km/L 16.6km/L 16.0〜
23.0km/L
価格 2,365,000円
2,458,500円
2,013,000円〜
2,216,500円
2,220,480円〜
2,341,440円
1,641,600円 〜
2,296,080円

次世代Toyota Safety SenseとToyota Safety Sense C違いについて

カローラフィルダーが採用している「Toyota Safety Sense C」から新型カローラツーリングには「次世代Toyota Safety Sense」を採用することで大幅に機能追加と安全性の向上を果たすことになる。

システム 次世代
Toyota Safety
Sense
Toyota Safety
Sense  C
方式 単眼カメラ+
ミリ波レーダー
単眼カメラ+
レーザーレーダー
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車
レーントレーシング
アシスト
×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

白線/黄線 検出
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
×
先行車発進告知
トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点
トヨタは、2015年に導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指し第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に導入すると発表した。 Toyota Safety Se...

新型カローラツーリングはどうなのか?

パッケージは「カローラフィルダー」と比べ全長はほぼ変わらないがホイールベースを伸ばすことで2列目と荷物室を広くすることができており使い勝手は間違えなく向上している。更に、エンジンには4代目の新型プリウスに搭載した「1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター(THSⅡ)」を搭載しておりパワーと燃費を両立しており間違えなく先代「カローラフィルター」よりも燃費と走りの両立を可能にしている。「1.2L 直列4気筒DOHC直噴ターボエンジン」採用しており、ダイレクトでスムースな走りを可能にしている。

トヨタ 新型 カローラ フィルダー / アクシオ ハイブリッド フルモデルチェンジ 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ フィルダー / アクシオ ハイブリッド フルモデルチェンジ 2019年9月17日発売
トヨタは新型カローラ フィルダー/ アクシオのフルモデルチェンジを行い日本では2019年9月17日発売する。オーリスからグローバルネーム「カローラ」に統一されたことで名前が再編成され「カローラ」、「カローラツーリング」が日本仕様として変更を...

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売

トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン)日本仕様 2019年9月17日発売
トヨタは「カローラフィルダー」のフルモデルチェンジを行い新型「カローラツーリング」として日本では2019年9月17日発売する。2019年春に米国や欧州で販売を開始し、2019年央以降に発売する中国など世界150以上の国や地域で順次発売する。...

カローラフィルダー

https://toyota.jp/corollafielder/

カローラ

https://toyota.jp/the-new-corolla/

新旧比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019