新旧比較

トヨタ 新型 プリウス 4代目 50系 前期と後期の違いについて

prius

4代目プリウス(ZVW50系)は2015年12月9日発売を開始。発売2年あまりは自動車販売台数1位を独占した。グレード「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現。その他の2WD車においてもJC08モード37.2km/L、新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現させた。後期モデルはマイナーチェンジを行い2018年12月17日に発売をしたがどの様な進化を遂げたとかまとめてみた。

新型プリウス エクステリア 前期 後期の違いは?

prius

4代目 新型 プリウス 後期

マイナーチェンジを行った後期ではフロント、リアのデザイン変更が行われLEDヘッドライトに形状を変えより前期となる現行プリウス 50系 前期のヘッドライト下にあったウィンカーランプをフラット化したことによりマイルドでありながら豪華な印象を与える。

プリウス

4代目 新型 プリウス 前期

後期はウィンカーについてはヘッドライト横にある。

prius

4代目 新型 プリウス 後期

前期までは「LEDフォグランプ」+「アクセサリーランプ」が一体型であったが、プリウスPHV同様に切り離しデザインを寄せてきた。

prius

4代目 新型 プリウス 前期

新型プリウス インテリア 前期 後期の違いは?

インテリは室内灯にLEDを採用。インテリアのカラーをハンドル、シフトレバー、センターコンソールトレイセット周りのホワイト塗装となっているが、ブラック塗装に変更。「A」「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」に置くだけ充電をオプション設定。スペース拡大。シートヒータースイッチの位置を変更しセンターコンソールトレイに配置し使い勝手を向上。「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」のフロントシートにシートベンチレーション機能追加。(シートから冷風を吸い込む夏場など快適性を高める。)

prius

TOYOTA プリウス マイナーチェンジ インテリア

2017年11月には一部改良が行われインテリアは、新型プリウスPHVに搭載される11.6インチの大画面ナビ(ディスプレイ)をメーカーオプションで選択可能となり、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。海外では今回のマイナーチェンジがら採用となった。

toyota-prius

50系前期 プリウス インテリア

新型プリウス 安全装備 前期 後期の違いは?

次世代のToyota Safety Sense (プリクラッシュセーフティ昼間歩行者のみ)を全車標準搭載。安全技術が向上する。従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージとする。インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。を採用。

prius

リヤクロストラフィックアラート(RCTA)

機能強化はされているが、残念ながら第2世代のToyota Safety Senseではなかった。

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

新型プリウス 仕様 前期 後期の違いは?

直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)を採用。燃費面では十分であるため大きな変更はない。Eグレード 車両重量1310kgから1320kgに変更となりJC08モード燃費が40.8km/Lから39.0km/Lに変更された。専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。ボディカラー6色「幾何学調ルーフフィルム」をオプション設定。

prius

幾何学調ルーフフィルム

新型プリウス 仕様 前期 後期の価格の違いは?

グレード 価格 前期比較価格
E 251万8,560円 +8万9,542円
S 256万5,000円 +8万5,909円
S E-Four 275万9,400円 +8万5,909円
Sツーリング 273万2,400円 +10万4,073円
Sツーリング E-Four 292万6,800円 +10万4,073円
A 284万2,560円 +6万4,997円
A E-Four 303万6,960円 +6万4,997円
Aツーリング 300万6,720円 +7万9,920円
Aツーリング E-Four 320万1,120円  +7万9,920円
Aプレミアム 317万5,200円 +6万7,745円
Aプレミアム E-Four 336万9,600円 +6万7,745円
Aプレミアムツーリング 328万4,280円 +8万4,535円
Aプレミアムツーリング E-Four 347万8,680円 +8万4,535円

価格は現行に比べ各グレード約6万5000円〜約9万円ほどアップする。一番価格差がないAとAプレミアムが一番お得なグレードとなりそうだ。

新型 プリウスPHV マイナーチェンジ(一部改良)5人乗り 安全装備強化 2019年5月9日発売

新型 プリウスPHV マイナーチェンジ(一部改良)5人乗り 安全装備強化 2019年5月9日発売

4代目 プリウス マイナーチェンジ Toyota Safety Sense標準搭載

4代目 プリウス マイナーチェンジ Toyota Safety Sense標準搭載

トヨタ 新型 プリウス 4代目はなんとJC08モード40.8km/L 2015年12月9日発売

トヨタ 新型 プリウス 4代目はなんとJC08モード40.8km/L 2015年12月9日発売

トヨタ 新型 プリウス ZVW50 1ヶ月で約100,000台受注!!目標の8倍となる8ヶ月分受注だ!

トヨタ 新型 プリウス ZVW50 1ヶ月で約100,000台受注 目標の8倍となる8ヶ月分受注だ

国土交通省 2018年 最も燃費の良い車 プリウスとアルト 2019年3月29日発表

国土交通省 2018年 最も燃費の良い車 プリウスとアルト 2019年3月29日発表

トヨタ 新型 プリウス VS 新型 インサイト 徹底比較

トヨタ 新型 プリウス VS 新型 インサイト 徹底比較

トヨタ 新型 プリウス マイナーチェンジ (一部改良) 販売20周年 特別仕様車 2017年11月1日発売

トヨタ 新型 プリウス マイナーチェンジ (一部改良) 販売20周年 特別仕様車 2017年11月1日発売

2016年 日本自動車販売ランキング トヨタ 新型プリウス 1位で248,258台 軽自動車のN-BOXが1位で186,367台

2016年 日本自動車販売ランキング トヨタ 新型プリウス 1位で248,258台 軽自動車のN-BOXが1位で186,367台

トヨタ 新型 プリウス クラッシュテスト 最高評価 米国道路安全保険協会(IIHS) 発表

トヨタ 新型 プリウス クラッシュテスト 最高評価 米国道路安全保険協会(IIHS) 発表

トヨタ プリウス

https://toyota.jp/prius/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-新旧比較

© 2021 最新自動車情報