トヨタ ハリアー

「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発され、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデル。1997年に初代モデルが発売された。

トヨタ ハリアー 世代

初代 SXU・ACU・MCU1#

1997年12月発売。カムリ(6代目カムリ・XV20系)のプラットフォームをベースとして登場。2003年1月に生産終了。

2代目 ACU・MCU・GSU3#

2003年2月17日にフルモデルチェンジし発売。初代の魅力をさらに進化。2005年にはハイブリッドモデルも追加、大ヒット。その後2009年にフルモデルチェンジを果たした3代目は、日本市場でもレクサス店へ移行。(RXシリーズ)しかし一方で根強い支持を集めていたハリアーも、引き続き国内で販売を継続。結果として、2012年まで9年間に渡り生産されることとなった。2006年1月10日には一部改良。2013年9月、生産終了。2013年10月24日販売終了。2013年10月24日販売終了。

3代目 ZSU6#W/ASU6#W/AVU65W(国内専用車)

2013年11月13日フルモデルチェンジを発表。3代目のハリアーは日本国内限定車としてて販売を開始。実は国外では新型RAV4という扱いになっている。ガソリン車は2013年12月2日発売。ハイブリッド車は2014年1月15日発売。「“G’s”」を設定2015年1月30日発売。2年半というタイミングでの2015年6月2日一部改良

2017年6月8日マイナーチェンジ3年半のタイミングではビックマイナーチェンジを行なった。現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」を採用。更に、Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載し価格改定も行われる。エクステリアは3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を装備。前後バンパーデザイン変更。テールランプデザインを変更。ボディカラーに新色を追加。インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。サイドミラー 下にウェルカムランプを装備。ナビのサイズはトヨタ純正ナビは8インチから9.2インチに変更など。2017年9月19日「GR」を追加。2020年6月16日販売終了。

スペック3代目 ハリアー
全長4,725mm
全幅1,835mm
全高1,690mm
ホイールベース2,660mm
モデルガソリンモデルターボモデルハイブリッドモデル
エンジン直列4気筒DOHC
2.0Lエンジン
直列4気筒DOHC 
2.0Lインタークラー
付きターボ
直列4気筒DOHC 2.5L
「2AR-FXE」
+THS II
最高出力111kw(151ps)/
6,100rpm
170kw(231ps)/
5,200-5,600rpm
112kw(152ps)/
5,700rpm
最大トルク193Nm(19.7kgm)/
3,800rpm
350Nm(35.7kgm)/
1,650-4,000rpm
206Nm(21.0kgm)/
4,400-4,800rpm
フロントモーター
最高出力
105kW(143ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)
リヤモーター
最高出力
50kW(68ps)
リヤモーター
最大トルク
139Nm(14.2kgm)
トランス
ミッション
Super CVT-i
(自動無段階変速機)
6AT
(6 Super ECT )
機械式
無段階変速機
駆動方式2WD/4WD4WD (E-Four)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(6.5Ah)
JC08モード燃費14.8〜16.0km/L12.8〜13.0km/L21.4km/L
価格2,949,480円〜
4,324,320円
3,380,400円〜
4,574,880円
3,774,600円~
4,953,960円

4代目 MXUA8#/AXUH8#

2020年6月17日フルモデルチェンジを正式に発表、同日より発売。TNGA(Toyota New Global Architecture)「TNGA-Kプラットフォーム」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性が1.78倍UP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。サスペンションは、フロントに「マクファーソンストラット式」、リヤに「ダブルウィッシュボーン式」を採用。徹底的な走り込みとチューニングを重ね、重厚感としなやかさを併せ持つ「乗り味」を追求。走り出した瞬間や高速走行時の車両挙動の収束性を向上するため、極微低速域でもスムーズなストロークの動きを確保した「ショックアブソーバー」を採用。静粛性を高めるべく多くの制振材、遮音材をエンジンルーム、フロア下、ドア廻り、フロント・リヤライナー、車室内などに採用し「上質・優雅・都会風」雅(MIYABI)を目指した乗り味とした。「次世代Toyota Safety Sense 」を全車標準搭載する。

ガソリンエンジンには、新型「RAV4」と同じ最大熱効率40%以上を実現した「直列4気筒 2.0L 直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engine」+「Direct Shift-CVT」が搭載される。ハイブリッドモデルは新型「カムリ」と同様の直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S「Dynamic Force Engine」と小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。JC08モード燃費:21.4km/Lから24.0km/Lとなる。「8.0インチディスプレイオーディオ」を標準装備、「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。オプションと上級グレード「Z」以上で「12.3インチワイドタッチスクリーン T-Connect SDナビゲーションシステム」を搭載している。

ハリアーは全長は現行よりも多少大きくなる。全長4,740mm(+15mm)全幅1,855mm(+20mm)全高1,660mm(-30mm)ホイールベースはRAV4と共通なので2,690mm(+30mm)となる。しかし最小回転半径が短いなどもあり、体感的に差は感じないはずだ。

新型ハリアー 4代目 スペックについて

スペック新型ハリアー 
全長4,740mm
全幅1,855mm
全高1,660mm
ホイール
ベース
2,690mm
エンジン2.5L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
2.0L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
最高出力131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロント
モーター
最高出力
88kw(120ps)
フロント
モーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リア
モーター
最高出力
40kW(54ps)
リア
モーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム
最高出力
160kW
(218ps)
163kW
(222ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
駆動方式2WDE-Four
(4WD)
2WD4WD
車両重量1,710kg1,770kg1,620kg1,680kg
最小
回転半径
5.5m~5.7m
JC08モード
燃費
26.4~27.4km/L26.3km/L
WLCTモード
燃費
22.3km/L21.6km/L15.4km/L14.7km/L
タイヤサイズ225/55R19
235/55R18
225/65R17
乗車定員5名
価格3,580,000円〜
4,820,000円
3,800,000円〜
5,040,000円
2,990,000円〜
4,230,000円
3,190,000円〜
4,430,000円

新型 ハリアー 4代目 価格 グレード

ガソリンエンジンモデル

モデルエンジントランス
ミッション
駆動方式価格
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.0L直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
Direct
Shift- CVT
2WD(FF)4,230,000円
4WD4,430,000円
Z2WD(FF)3,930,000円
4WD4,130,000円
G
 “Leather Package”
2WD(FF)3,710,000円
4WD3,910,000円
G2WD(FF)3,410,000円
4WD3,610,000円
S2WD(FF)2,990,000円
4WD3,190,000円

2.5L ハイブリッドモデル

モデルエンジントランス
ミッション
駆動方式価格
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.5L
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
電気式
無段階
変速機
2WD(FF)4,820,000円
4WD(E-Four)5,040,000円
Z2WD(FF)4,520,000円
4WD(E-Four)4,740,000円
G
 “Leather Package”
2WD(FF)4,300,000円
4WD(E-Four)4,520,000円
G2WD(FF)4,000,000円
4WD(E-Four)4,220,000円
S2WD(FF)3,580,000円
4WD(E-Four)3,800,000円

トヨタ ハリアーの記事

トヨタ 4代目 新型 ハリアー ハイブリッドモデルの燃費は?良い点はどこ?
トヨタ 4代目 新型ハリアー 購入後 残念だと思ってしまう点 悪いところまとめ
トヨタ 3代目 ハリアー(ガソリン)4代目 ハリアー (HV)に乗り換えてよかった点についてまとめてみた
光岡自動車 新型 Buddy(バディ) 初SUV車 2020年9月24日発表
トヨタ 新型 ハリアー 月間目標の約14倍となる約45,000台を受注
トヨタ レクサス SUV ボディサイズ 徹底比較
トヨタ 新型 ハリアー フルモデルチェンジ用 モデリスタ カスタムアイテム 2020年6月17日発売
トヨタ 新型 ハリアー GRパーツ TRDが2020年6月17日に発売
トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売
トヨタ 新型ハリアー 4代目はハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ? 「S」「G」「Z」おすすめグレードは?
トヨタ 4代目 新型 ハリアー 「チュウヒ(宙飛)」鷹 エンブレムを廃止した理由は?
トヨタ 新型 VENZA (ヴェンザ)フルモデルチェンジ 4代目 ハリアー 北米 2020年5月18日発表
トヨタ 4代目 新型 ハリアー 必ず付けたい おすすめ オプションは?
トヨタ 4代目 新型 ハリアー 流れるウィンカーを廃止 走行性能ムービー公開
2020年 おすすめ車種 まとめ 各社次々と投入する!

トヨタ

https://toyota.jp/

トヨタ ハリアー

https://toyota.jp/harrier/