MENU

新型ハリアーはかっこよすぎる!車選びにおける最高の選択

harrier-rav4

洗練されたデザインと卓越した走行性能で人気を博すトヨタの新型ハリアー。SUV市場をリードする存在として、その魅力は尽きることがありません。今回は、新型ハリアーが車選びにおける最高の選択である理由を、デザイン、走行性能、安全性能、快適性、そして価格の観点から詳しく解説します。

目次

新型ハリアーのデザインがかっこよすぎる理由

新型ハリアーは、都会的で洗練されたデザインが特徴のSUVです。そのかっこよさは、多くのユーザーを魅了しています。筆者も2020年6月17日に発売された4代目ハリアーを発売当初から2024年6月現在まで乗っており、約4年間愛用しています。毎日の通勤や週末のドライブで使用している中で、見るたびにその洗練されたかっこいいデザインに感心しています。内装も高級感があり、上質な素材が使われているため、乗るたびに特別な気分にさせてくれます。シートの快適さや静粛性も高く、長時間の運転でも疲れにくいのが魅力です。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 燃費 ハイブリッドの実燃費は? 4年での体験をまとめてみた トヨタの4代目、新型「ハリアー」のオーナーである私は、ハイブリッド(2WD)モデルに乗っています。購入からちょうど4年が経ちましたが、多くの人が気になるのは、この...

圧倒的な存在感を放つ、洗練されたエクステリアデザイン

新型ハリアーのエクステリアは、都会的で洗練されたデザインが特徴です。シャープなヘッドライト、流麗なボディライン、そして力強いリアビューは、見る者を魅了します。

新型ハリアーの外装デザインのポイント

新型ハリアーの外装デザインは、シャープなラインと流麗な曲線が融合したダイナミックなフォルムが特徴です。大型のフロントグリルは存在感があり、シャープなヘッドライトと一体化して精悍な顔つきを演出しています。サイドビューはクーペのような流麗なルーフラインと力強いショルダーラインが印象的です。リアビューでは、横一文字に伸びるテールランプと立体的なバンパーデザインがスポーティな印象を与えます。

この都会的で洗練されたスタイルは、一目でその魅力を感じさせます。流線型のボディと力強いフロントグリルは、街中でも際立つ存在感を放ちます。特に、ボディのエッジ部分のデザインが美しく、光の加減で表情を変えるため、どの角度から見ても飽きることがありません。

洗練されたヘッドライトとランプ類

新型ハリアーのヘッドライトは、シャープなデザインと先進的なLED技術が融合し、ハリアーの個性を象徴するパーツです。LEDデイタイムランニングライトは昼夜問わず高い視認性を確保し、安全性を向上させます。また、アダプティブハイビームシステムは先行車や対向車を検知して自動的に照射範囲を調整し、夜間の視認性を高めます。リアコンビネーションランプも特徴的で、夜間走行時に独特の存在感をアピールし、全体の精悍な表情を際立たせます。

各車種との比較で見る新型ハリアーのかっこよさ

新型ハリアーは、他のSUVと比較してそのデザイン性の高さが際立っています。例えば、マツダCX-5やホンダCR-Vと比べても、新型ハリアーはより都会的で洗練された印象を与えます。また、レクサスNXと比べても、よりスポーティでアグレッシブなデザインが特徴です。同クラスの他車種と並べると、トヨタのデザインフィロソフィーが色濃く反映されたエクステリアが一目瞭然で、他のSUVにはない独自の魅力を持っています。

新しいデザインと機能の評価

新型ハリアーの新しいデザインは、その洗練されたスタイリングが高く評価されています。また、最新の安全技術や快適装備も充実しており、ユーザーからは高い満足度を得ています。

トヨタ新型ハリアーの内装の魅力

新型ハリアーは、ドライバーと乗客の快適性を追求した豊富な装備が魅力です。最新のナビゲーションシステムやスマートフォンとの連携機能、プレミアムサウンドシステムなどが標準装備されています。また、広々とした室内空間と大容量のトランクスペースがあり、家族や友人との長距離旅行にも最適です。後部座席も広く、足元のスペースが十分に確保されているため、乗る人全員が快適に過ごせます。

高級感あふれる内装素材

新型ハリアーの内装には、本革やソフトパッドなど、高品質な素材がふんだんに使用されています。シートは、身体をしっかりとサポートする形状で、長時間のドライブでも疲れにくい設計です。また、インパネやドアトリムには、木目調パネルや金属調加飾が施され、高級感を演出しています。

最新装備と快適性の評価

新型ハリアーには、最新のインフォテインメントシステムや快適装備が充実しています。12.3インチの大型ディスプレイオーディオは、スマートフォンとの連携も可能で、音楽やナビゲーションなどを快適に楽しめます。また、シートヒーターやシートベンチレーション、ステアリングヒーターなど、快適装備も充実しており、季節を問わず快適なドライブをサポートします。

ユーザーが支持するインテリアデザイン

新型ハリアーのインテリアデザインは、その高級感と快適性が高く評価されています。ユーザーからは、「まるで高級ホテルのラウンジにいるような気分になれる」「長時間のドライブでも疲れにくい」「収納スペースが豊富で使い勝手が良い」といった声が寄せられています。

新型ハリアーのインテリアデザインは、ユーザーからも高く評価されています。シンプルでありながらも機能的なデザインは、使い勝手と美しさを両立しています。特に、運転席からの視界が広く確保されており、運転のしやすさと安全性が向上しています。多くのユーザーがそのインテリアの魅力に惹かれ、支持を集めています。

上質な素材と最新のテクノロジーで快適な室内空間を実現

新型ハリアーのインテリアは、上質な素材と最新のテクノロジーが融合した、快適な空間を提供します。広々とした室内空間、快適なシート、そして先進のインフォテインメントシステムは、長時間のドライブでも快適に過ごせるよう設計されています。また、多彩な収納スペースも用意されており、荷物の多い方でも安心して利用できます。

2022年モデルでの重要な改良点

2022年モデルの新型ハリアーでは、PHEVモデルの追加や内外装のデザイン変更、一部グレードでは、安全装備の強化や快適装備の追加も行われています。「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。「ドライバー異常時対応システム」を採用「レーダークルーズコントロール」にカーブ速度抑制機能を追加。今回は新たにPHVモデルを追加する。上級グレードは7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ+オプティトロンメーターから12.3インチTFTディスプレイ(フル液晶デジタルメーター)を採用する。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 一部改良 PHEVモデル追加 で大幅に魅力的なモデルとなり進化を遂げる 2022年9月26... トヨタは「ハリアー」の一部改良(年次改良)を行い2022年9月26日発表、ガソリンモデル・ハイブリッドモデルを2022年10月4日に発売する。新たに追加となるプラグインハ...

ゆったりとした乗り心地と力強い走りを実現する走行性能

新型ハリアーは、パワフルなエンジンと滑らかなトランスミッションを搭載し、優れた走行性能を実現しています。ガソリン車、ハイブリッド車、PHEVなど、多様なパワートレインが用意されており、それぞれのライフスタイルに合ったモデルを選ぶことができます。また、最新のサスペンションシステムにより、快適な乗り心地と優れたハンドリング性能を両立しています。

優れた走行性能と燃費

新型ハリアーは見た目だけでなく、走行性能も非常に優れています。ハイブリッドモデルでは、力強い加速と低燃費を両立しており、都市部での走行から高速道路まで幅広いシーンで快適に運転できます。エンジンとモーターがスムーズに連携し、静かでパワフルな走りを実現しています。また、最新の安全技術が搭載されているため、安心してドライブを楽しむことができます。

環境への配慮も新型ハリアーの大きな特徴です。ハイブリッドモデルは、低燃費でありながらもパワフルな走行が可能で、CO2排出量を抑えることができます。また、エコドライブモードを搭載しており、環境に優しい運転がしやすくなっています。都市部での走行や長距離ドライブでも、燃費性能の良さを実感できるでしょう。

先進の安全技術でドライバーと乗員を守る安全性能

新型ハリアーは、トヨタの最新安全技術「Toyota Safety Sense」を標準装備しています。衝突被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーアラート、アダプティブクルーズコントロールなど、様々な機能が搭載されており、ドライバーと乗員の安全をサポートします。

新型ハリアーの価格とコストパフォーマンス

新型ハリアーは、その魅力的なデザインや充実した装備に加え、コストパフォーマンスの高さも魅力の一つです。

ガソリンエンジンモデル

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.0L直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
Direct
Shift- CVT
2WD(FF)4,338,000円
4WD4,538,000円
Z2WD(FF)4,038,000円
4WD4,238,000円
G2WD(FF)3,529,000円
4WD3,729,000円
S2WD(FF)3,128,000円
4WD3,328,000円

ハイブリッドモデル

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.5L
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
電気式
無段階
変速機
2WD(FF)4,928,000円
4WD(E-Four)5,148,000円
Z2WD(FF)4,628,000円
4WD(E-Four)4,848,000円
G2WD(FF)4,119,000円
4WD(E-Four)4,339,000円
S2WD(FF)3,718,000円
4WD(E-Four)3,938,000円

プラグインハイブリッド

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z直列4気筒
2.5L
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター(PHEV)
電気式
無段階
変速機
4WD(E-Four)6,200,000円

新型ハリアーは車選びにおける最高の選択か

新型ハリアーは、SUV市場において高い人気を誇るモデルです。その魅力的なデザイン、充実した装備、そして優れた走行性能は、多くのユーザーを魅了しています。新型ハリアーは、高級SUV市場において、確固たる地位を築いています。その洗練されたデザインや上質な内装は、他のSUVとは一線を画す存在感を放っています。

選択する理由と後悔しないポイント

新型ハリアーを選ぶ理由は、その魅力的なデザイン、充実した装備、そして優れた走行性能にあります。また、トヨタの信頼性やブランド力も、新型ハリアーを選ぶ大きな理由と言えるでしょう。後悔しないポイントは、購入前に試乗して、実際に運転してみることをおすすめします。

ハイブリッドモデル クラストップレベルの燃費

4代目「ハリアーの」実燃費は16.7km/Lとなりました。カタログ値はハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:22.3km/Lなのでそこまで差がないと言えます。素晴らしい結果となりました。

新型ハリアースペック

スペックハリアー 
ハイブリッド
ハリアーガソリン車
全長4,740mm
全幅1,855mm
全高1,660mm
ホイール
ベース
2,690mm
エンジン2.5L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
2.0L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
最高出力131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロント
モーター
最高出力
88kw(120ps)
フロント
モーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リア
モーター
最高出力
40kW(54ps)
リア
モーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム
最高出力
160kW
(218ps)
163kW
(222ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
駆動方式2WDE-Four
(4WD)
2WD4WD
車両重量1,710kg1,770kg1,620kg1,680kg
最小
回転半径
5.5m~5.7m
WLCTモード
燃費
22.3km/L21.6km/L15.4km/L14.7km/L
タイヤサイズ225/55R19
235/55R18
225/65R17
乗車定員5名

新型ハリアーの販売台数

トヨタ車の中ではハリアーは主力商品であり、販売台数も好調です!

年月販売台数順位
2024年1月5,819台9位
2024年2月5,714台12位
2024年3月7,560台10位
2024年4月5,278台10位
2024年5月5,294台8位
ハリアー登録台数 出典:日本自動車販売協会連合会

まとめ

新型ハリアーは、洗練されたデザイン、優れた走行性能、先進の安全技術、快適な室内空間、そして魅力的な価格設定を兼ね備えた、まさに車選びの決定版と言えるでしょう。SUVの購入を検討している方は、ぜひ新型ハリアーを候補に入れてみてください。きっと、あなたのカーライフを豊かにしてくれるはずです。車選びにおいて、最高の選択となること間違いなしです。あなたも、新型ハリアーの魅力を体感してみませんか?

新型ハリアーの燃費について

新型ハリアーの燃費は、グレードやパワートレインによって異なります。ガソリン車の場合、WLTCモード燃費は14.7km/L~15.3km/Lです。ハイブリッド車の場合、WLTCモード燃費は22.3km/Lです。

内装オプションとその選択

新型ハリアーの内装オプションには、本革シートやサンルーフ、JBLプレミアムサウンドシステムなどがあります。これらのオプションを選択することで、より快適で高級感のある内装にすることができます。

デザインの評価とユーザーの声

新型ハリアーのデザインは、多くの人から高く評価されています。ユーザーからは、「都会的で洗練されたデザインがかっこいい」「高級感がある」「スポーティな印象で気に入っている」といった声が寄せられています。

ハリアー 関連記事

あわせて読みたい
トヨタ 3代目 ハリアー(ガソリン)4代目 ハリアー (HV)に乗り換えてよかった点についてまとめてみた 60系 3代目「ハリアー(ガソリン車)」から80系 4代目「ハリアー(ハイブリッド車)」に乗り換えた筆者だがそこには多くの利点と快適な装備だと思った部分について今回...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売 トヨタは新型「ハリアー」のフルモデルチェンジを行い2020年4月13日発表、6月17日に発売した。見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。実用性や数値一...
あわせて読みたい
トヨタ RAV4 とハリアー 試乗 感想 レビュー 徹底比較 現在は旧型ハリアーオーナーである筆者が新型RAV4に300km走行して違いについて検証してみた。RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルに...
あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型ハリアー 購入後 残念だと思ってしまう点 悪いところまとめ トヨタの4代目新型「ハリアー」のオーナーである筆者は3代目「ハリアー」オーナーでもあり多くの進化したポイントが多い中で、購入したからわかる「残念だと思った」部...
あわせて読みたい
【2024年】新型「ハリアー」の値引き 相場や合格ラインは? 決算時期や交渉術について まとめ トヨタは新型「ハリアー」を購入する上で、一体どのタイミングで購入するのがいいか?今回は、本体価格の値引きや購入時のポイントを詳しくまとめて見ました。購入時の...
あわせて読みたい
【2024年7月】新型ハリアー 納期情報 納車まではどれぐらいなのか 高級感あふれるデザインと優れたパフォーマンスが魅力の人気SUV新型ハリアー。購入を検討している方にとって、気になるのは納期ですよね。この記事では、2024年7月時点...
あわせて読みたい
新型 ハリアー マイナーチェンジ 後期 デザイン刷新&機能追加!2025年3月発売 トヨタは、人気のクロスオーバーSUV「ハリアー」のマイナーチェンジを実施し、2025年3月に発売する予定です。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの大幅な刷新...
harrier-rav4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次