トヨタ 新型 アクア 特別仕様車「S“Style Black”」 2017年11月14日発売

トヨタ

トヨタは新型アクアの特別仕様車「S“Style Black”」2017年11月14日発売した。

特別仕様車「S“Style Black”」

ニュースリリースより

今回の特別仕様車は「S」をベースに、よりスタイリッシュな内外装としたほか、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を特別装備。外装においては、アウトサイドドアハンドルやバックドアガーニッシュにメッキ加飾を施し、大人らしさとおしゃれ感を付与した。内装では、シート表皮やシフトノブ、パワーウインドウスイッチベースなど全体をブラック基調とし、上品な室内空間を演出。さらに、スマートエントリーパッケージ*やIR(赤外線)カット機能付フロントドアグリーンガラスを特別装備し、利便性・快適性を向上している。また、外板色には、特別設定色のダークブルーマイカを含む全5色を設定した。

アクアについて

トヨタは新型アクアのマイナーチェンジを行い2017年6月19日に発売した。

アクア

価格:178万5,240円~208万9,800円

アクア クロスオーバー (X-URBAN )

価格:206万2,800円

aqua_2018_311.jpg
Sグレード 新色クリアエメラルドパールクリスタルシャイン オプション装着車

aqua_2018_314.jpg
「G“ソフトレザーセレクション”」 内装色:ブラックソフトレザー オプション装着車

aqua_Crossover2018_311.jpg
Crossover オプション装着車

aqua_Crossover2018_314.jpg

AQUA_S_Style Black_01

aqua_new_0039281.jpg

2011年1月、デトロイト・モーターショーにおいて、FT-CH」の流れを汲む

新型のコンセプトカーである「PRIUS C concept」を発表した。

2011年11月15日、市販予定車両がワールドプレミアになると同時に「アクア」という車名も正式にアナウンスされた。
その後に開催された「第42回東京モーターショー」へと出展され一般公開された。

2011年12月26日に日本国内で発売開始された。

世界トップの低燃費35.4km/L

2013年5月31日 初の一部改良を実施。

上級グレードの「G」に最上級バージョンとなる「ブラックソフトレザーセレクション」を追加。

2013年11月26日 2度目の一部改良を実施。

エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良し

ハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(従来型比+1.6km/L)を実現した。

スポーツコンバージョンシリーズの「G SPORTS(G’s)」が追加設定された。

2014年12月8日 初のマイナーチェンジを実施。

新意匠のフロントバンパーとヘッドライトを採用してフェイスリフトを実施した。

今回のマイナーチェンジに合わせてSUVモデル「X-URBAN(エックスアーバン)」もリリースされる。

2015年11月4日 3度目の一部改良

特別仕様車「X-URBAN“Solid”」と「アクアG’s”」も同様に一部改良

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を搭載

2016年5月12日 特別仕様車「S”Style Black”」を発売

新型アクア マイナーチェンジモデルについて

今回のマイナーチェンジではエンジンやシャーシを見直し、燃費改善が行われる。

これによりグレードLがJC08モード燃費38km/L、その他グレードJC08モード燃費34.4km/L向上(従来型比+1.0km/L)する。

ノートe-POWERの37.2km/Lを超える燃費となる。

aqua_2018_312.jpg
Gグレード ジュエリーパープルマイカメタリック
aqua_2018_313.jpg

エクステリアもヘッドライト、テールランプのデザイン変更が行われる。

15インチアルミホイール変更、リアコンビランプ変更、リアバンパー変更&リフレクター内蔵

ルーフスポイラー変更、リアフォグランプのメーカーオプション化を行う。

aqua_2018_315.jpg
G“ソフトレザーセレクション” 内装色:ホワイトソフトレザー オプション装着車

aqua_2018_316.jpg
Sグレード 内装色:ブルーブラック オプション装着車

aqua_2018_317.jpg
Sグレード 内装色:レッド オプション装着車

内装デザインの変更を行い、TFTディスプレイ画面標準化、ステアリングスイッチ標準化

更に、SUVモデル「X-URBAN(エックスアーバン)」もスタイルを変更し「Crossover(クロスオーバー)」と名前を変更する。

Crossoverは175/60 R16から185/60 R16にサイズアップ

aqua_Crossover2018_312.jpg
Crossover オプション装着車

aqua_Crossover2018_313.jpg

aqua_Crossover2018_314.jpg
Crossover 内装色:シルバーブラック オプション装着車

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。パフォーマンスモデルとなる新型アクア GRを追加する。

新型アクア GRはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。2018年にはフルモデルチェンジを果たすこととなる。

新型アクア マイナーチェンジモデル グレードについて

L:1,785,240円

S:1,886,760円

G:2,062,800円

Gソフトレンジセレクション:2,089,800円

X クロスオーバー :2,062,800円

新型アクア マイナーチェンジモデル スペックについて

スペック 新型アクア
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.5L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力 74ps/4,800rpm
最大トルク 11.3kgm/3,600〜4,400rpm
モーター最高出力 61ps
モーター最大トルク 17.2kgm
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 34.4~38.0km/L
価格 178万5,240円~208万9,800円

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/19700084/

https://global.toyota/jp/detail/17135783/

トヨタ アクア

https://toyota.jp/aqua/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました