トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ

トヨタとBMWは共同開発を進めており、それこそ新型スープラと新型Z4だ!新型スープラ A90型は2019年3月発売し、海外としては5代目となり日本国内では3代目となる。

詳細はこちら

2019年 マツダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

mazda_cx_4 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

2019年は構造改革ステージ2に入っている期間であり各車種のマイナーチェンジで燃費や性能改善を測る。

今後2019年〜2020年には、次世代ロータリーエンジンを搭載した新型 RX-9の発売が期待されている。更にロータリーエンジンを発電機として搭載した電気自動車(EV)を開発し発売する予定だ。

マツダ 新型 CX-3 マイナーチェンジ (商品改良) G-ベクタリング コントロール プラス採用 2019年3月発売

マツダは新型CX-3のマイナーチェンジ (商品改良) を行い2019年3月に発売する。

価格:212万7600円~309万4480円

新型CX-5や新型CX-8に採用されたマツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第2弾となる「G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)」を採用。

Mazda-CX-3

スペック新型CX-3
モデル20SXD
全長4,275mm
全幅1,765mm
全高1,550mm
ホイールベース2,570mm
エンジン直4 2.0L SKYACTIV-D直4 1.8L SKYACTIV-D
最高出力

110kW(150ps)/

6,000rpm

85kW(116ps)/

4,000rpm

最大トルク

195Nm(19.9kgm)/

2,800rpm

270Nm(27.5kgm)/

2,600rpm

乗車店員5名
トランスミッション6AT6MT6AT6MT
WLTCモード燃費15.2km/L16.2km/L20.0km/L23.2km/L
価格2,127,600円〜2,792,080円2,436,480円〜3,062,080円

マツダ 新型 アクセラ フルモデルチェンジ SKYACTIV-X 搭載 マイルドハイブリッド 2019年3月発売

マツダは新型アクセラのフルモデルチェンジを行い2018年11月28日発表し、2019年3月頃に発売する。次世代エンジン「SKYACTIV-X」とマイルドハイブリッドを初搭載する。今後のマツダ車の鍵を握る車種となる。

2019年1月11日~13日開催の東京オートサロン 2019にて新型「アクセラ」を日本発披露する。2018年11月26日から12月9日まで開催されるロサンゼルスモーターショー2018にて11月28日19時30分(現地時間)に新型アクセラの量産モデルを正式発表した。

mazda3

mazda3

スペック新型MAZDA3(アクセラ)
ボディ形状セダンハッチバック
全長4,662mm4,459mm
全幅1,797mm1,797mm
全高1,445mm1,440mm
ホイールベース2,725mm2,725mm
スペック新型MAZDA3(アクセラ)
エンジン名SKYACTIV-XSKYACTIV-G 1.5SKYACTIV-D 1.5SKYACTIV-G 2.5SKYACTIV-D 1.8
エンジン2.0L 直4気筒エンジン1.5L 直4気筒エンジン1.5L 直4気筒デーゼンエンジン2.5L 直4気筒直噴ガソリンエンジン1.8L 直4気筒直噴ターボエンジン
最高出力81kW(110ps)/6,000rpm77kW(105ps)/4,000rpm140kW(190PS)/6,000rpm85kW(116ps)/4,000rpm
最大トルク141Nm(14.4kgm)/4,000rpm77Nm(25.5kgm)/1,500-2,500rpm252Nm(25.7kgm)/4,000rpm270Nm(27.5kgm)/2,600rpm
ミッション6速AT /6速MT

マツダ 新型 CX-4 クーペSUV 5人乗り SKYACTIV-G 2.5搭載 日本2019年発売

マツダは新型CX-4を新型5人乗りクーペSUVとして日本で2019年に発売する。中国市場専用車種として2016年6月に発売を開始。新型アテンザをベースにCX-5よりも全長が長く、全高が低いクロスオーバーSUVである。

mazda_cx_4

サイズCX-4
全長4,633mm
全幅1,840mm
全高1,535mm
ホイールベース2,700mm
エンジン2.0L 直列4気筒DOHC 
SKYACTIV-G 2.0
2.5L 直列4気筒DOHC
SKYACTIV-G 2.5
最大出力155ps/6,000rpm188ps/5,700rpm
最大トルク20.0kgm/4,000rpm25.5kgm/3,250rpm
トランスミッションSKYACTIV-6MT / SKYACTIV-DRIVE 6AT
駆動方式2WD/4WD

マツダ 新型 デミオEV 電気自動車 ロータリーエンジンの発電機を搭載「マツダ RE レンジエクステンダー」搭載 2019年9月発売

マツダは新型デミオに電気自動車(EV)モデルの設定し新型デミオEVを2019年9月に発売する予定だ。

シングルロータリーエンジンの発電機を搭載し走行距離を2倍に増やす設計のモデルを開発中だ。マツダ・モーター・ヨーロッパのセールス&カスタマー・サービス担当副社長であるMartijn ten Brink氏は、「待望のロータリーエンジンの復帰が本当に来年になるだろうと語ったが、ファンの期待通りではないかもしれない。”電気自動車はその計画の一部であり、主に一部の市場でそうする必要がある」と語っており、ロータリー(RE) レンジエクステンダーとしてロータリーエンジンの復活をすると言うことだと考えられる。

マツダ 新型 RX-9 フルモデルチェンジ 次世代ロータリーエンジン SKYACTIV-R搭載 2019年発売

マツダはRX-8のフルモデルチェンジの開発を進め、新型RX-9として2019年に発売を開始する。

2019年開催予定の第46回東京モーターショー2019で新型RX-9を披露する予定だ。

第44回東京モーターショー2015でロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」を発表。

第45回東京モーターショー2017にてコンセプトモデル「VISION COUPE」を発表。

第46回東京モーターショー2019で量産モデルの新型RX-9を発表することになる。

Mazda_RX-9

サイズMazda RX-VISION
全長4,389mm
全幅1,925mm
全高1,160mm
ホイールベース2,700mm
タイヤサイズ654cc×2 ロータリーエンジン SKYACTIV-R
駆動方式FR
乗車定員4名

※最新自動車情報2018調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。

マツダ
http://www.mazda.co.jp/

2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019