MENU
サイト内検索
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 カローラクロス か 新型 RAV4 どちらがお得でおすすめか? 徹底比較

トヨタは新型「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売。購入を検討した場合に他社SUVだけでなくワンランク上の「RAV4」も検討することになるだろう。色々な違いのあるどちらの車両は今から購入を検討するならどのような人が合うのか、多方面から分析して説明しています。

目次

トヨタ 新型 カローラクロス について

TNGAプラットフォーム(GA-C)」を採用、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現。また、快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで使用いただけるクラストップレベルのラゲージスペース、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により、「快適・便利・安心」を追求。全長4,490mm、全幅1,825mm、全高1,620mm、ホイールベース2,640mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。最小回転半径5.2mを実現。「カローラ」シリーズに採用される「Cマーク」を採用。ヘッドライトはBi-Beam LEDヘッドライト+LEDデイライトに加えLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)(上位グレード Z )を採用する。

インテリは基本的にはカローラシリーズ共通デザインである。室内灯をLED、電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。メーターには7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを中央に配置した。CarPlayやAndroidAutoに対応の「ディスプレイオーディオ」を標準装備。

エンジンは実績と定評がある4代目「プリウス」から採用された「直4 DOHC 1.8L+ モーター(THSⅡ)」とカローラシリーズで長年採用される「1.8L 直列4気筒DOHCエンジン」+「Super CVT-i」を採用した。

トヨタ 新型 RAV4 につて

トヨタは新型「RAV4」XA50型のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日発売。「オクタゴン(八角形)」をモチーフにランドクルーザーなどトヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザイン。通常グレードとアウトドアを意識した「Adventure」を用意、フロントグリルやフロントバンパーデザインに違いがある。TNGA(Toyota New Global Architecture)新型「カムリ」に採用されるGA-Kプラットフォームと呼ばれる新開発のプラットフォームの技術を多く採用。

「ノーマル」「パワー」「エコ」と「スノー」モードも搭載。「ヒルディセント」も採用される。インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキとホールドを採用。トヨタブランド初「デジタルリアビューミラー」設定。アクセルペダルはオルガン式ペダルを採用。4.2インチまたは7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを採用。快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)を採用。パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能・予約ロック機能付)も採用される。パワーシート&運転席シートポジションメモリーを採用。

トヨタ カローラクロスと RAV4 サイズの違い

トヨタのSUVラインナップでは「カローラクロス」は丁度真ん中付近のボディサイズといっていい。「RAV4」より一回り小さいと思うのが丁度いイメージできるだろう。どちらも3ナンバーサイズのSUVであり、街乗りをしていてどちらも大きな差ではないだろう。

メーカー 車種名 全長 全幅 全高 ホイール
ベース
TOYOTA ライズ 3,995mm 1,695mm 1,620mm 2,525mm
ヤリスクロス 4,180mm 1,765mm 1,590mm 2,650mm
C-HR 4,385mm 1,795mm 1,550mm 2,640mm
C-HR 4WD 4,385mm 1,795mm 1,565mm 2,640mm
カローラクロス 4,490mm 1,825mm 1,620mm 2,640mm
RAV4 4,600mm 1,855mm 1,685mm 2,690mm
RAV4 Adventure 4,610mm 1,865mm 1,690mm 2,690mm
ハリアー 4,725mm 1,835mm 1,690mm 2,660mm
ランドクルーザー300 4,990mm 1,980mm 1,880mm 2,850mm
ランドクルーザー
プラド
4,760mm 1,885mm 1,835mm 2,790mm
あわせて読みたい
【2021年版】SUVのサイズを徹底的に調べてみた! 国産車では現在多くのSUVがラインナップされており、新モデルまたはフルモデルチェンジを積極的に行われている。これからSUVモデルを購入検討される人や違う車種に乗り...

エンジンの違いについて

ガソリン車のカローラクロスに搭載するエンジンはトヨタで古くから採用されるエンジンだ、対してRAV4は2019年から採用される最新エンジン「Dynamic Force Engine」を採用し「Direct Shift-CVT」を組み合わせることで燃費と快適な走りを両立しておりRAV4の方が燃費がいい。

カローラクロス ガソリンモデル

スペック カローラクロス
エンジン 1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
最高出力 103kW (140PS)/
6,200rpm
最大トルク 170Nm (17.3kgm)/
4,000rpm
トランス
ミッション
Super CVT-i
駆動方式 2WD
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 14.4km/L(2WD)
価格 1,999,000円~
2,640,000円

RAV4 ガソリンモデル

スペック RAV4
エンジン 直列4気筒2.0L
直噴ガソリンエンジン
「Dynamic
Force Engine」
最高出力 126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク 207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
トランス
ミッション
Direct Shift-CVT
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 5.5〜5.7m
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 15.8km/L(2WD)
15.2km/L(4WD)
価格 2,608,200円〜
3,348,000円

ハイブリッド車のカローラクロスに搭載するエンジンは4代目「プリウス」に採用されるエンジン+モーター(THSⅡ)の組み合わせだ、対してRAV4は2019年から採用される最新エンジン「Dynamic Force Engine」+(THSⅡ)を採用どちらも素晴らしい効率で燃費も素晴らしい最高出力などに違いもあり車格の大きいRAV4よりも燃費にこだわった「プリウス」のエンジンを搭載しているカローラクロスの方が燃費がいい。

カローラクロス ハイブリッド

スペック カローラクロス
エンジン 直4 DOHC 1.8L
+ モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/
5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
モーター最大出力 53kW(72ps)
リアモーター最大出力 163Nm(16.6kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 5.2m
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 26.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
価格 2,590,000円~
3,199,000円

RAV4 ハイブリッド

スペック RAV4
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S
+モーター(THSⅡ)
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター最大出力 88kw(120ps)
リアモーター最大出力 202Nm(20.6kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 5.5m
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 21.4km/L(2WD)
20.6km/L(4WD)
価格 3,222,000円〜
3,817,800円

安全装備の違いについて

装備が付いている部分があるので紹介したい。

システム装備 新型カローラクロス 新型RAV4
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
オートマチック
ハイビーム
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
先行車発進告知
予防
安全
装備
ブラインド
スポットモニター
インテリジェント
クリアランスソナー

リヤクロストラフィック
オートブレーキ

シンプルインテリジェント
パーキングアシスト
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
ダウンヒル
アシストコントロール
ダイナミックトルク
ベクタリングAWD
パノラミックビュー
モニター
快適
装備
シートヒーター
後席シートヒーター
デジタル
インナーミラー
ITS Connect
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
ハンズフリー
パワーバックドア
電動チルト&
テレスコピックステアリング
運転席シート
ポジションメモリー
運転席オート
スライドアウェイ
パノラミックビュー
モニター
ナビレス
トヨタ ディスプレイ
オーディオ
ヘッドアップ
ディスプレイ
車載通信機(DCM)
仕様 ハイブリッド
ガソリン

価格の違いもある両者は機能面ではいくつか違いが出てくる。

トヨタ カローラクロスと RAV4 価格の違いについて

カローラクロスはかなり戦略的な価格設定となっており、ベースグレード「G“X”」はなんと200万円を切る価格設定となるがこちらはあくまでもベースグレードなのでこちらを選択する人は実際いないだろう。

カローラクロス ガソリンモデル グレード

モデル 駆動方式 価格(10%)
G“X” 2WD 1,999,000円
G 2WD 2,240,000円
S 2WD 2,400,000円
Z 2WD 2,640,000円

RAX4ガソリンモデル グレード

モデル 駆動方式 価格(10%)
X 2WD 2,743,000円
4WD 2,974,000円
Adventure 4WD 3,310,000円
Adventure
“OFFROAD package”
4WD 3,460,000円
G 4WD 3,391,000円
GZ package 4WD 3,539,000円

ハイブリッドはガソリン車ほどの価格差はなく、ベースグレードの価格差でも75万3000円である。

カローラクロス ハイブリッドモデル グレード

モデル 駆動方式 価格(10%)
HYBRID
G
2WD 2,590,000円
E-Four(4WD) 2,799,000円
HYBRID
S
2WD 2,750,000円
E-Four(4WD) 2,959,000円
HYBRID
Z
2WD 2,999,000円
E-Four(4WD) 3,199,000円

RAV4ハイブリッドモデル グレード

モデル 駆動方式 価格(10%)
HYBRID
X
2WD 3,343,000円
E-Four(4WD) 3,596,000円
HYBRID
G
E-Four(4WD) 4,029,000円

値引きはどうか?

実際にディーラーの営業マンに話をきくと2021年9月末時点で「カローラクロス」の値引きはほとんど入れることが難しい様子である。もちろん発売したばかりということもあるだろう。しかし、「RAV4」は値引きを入れることが可能で、グレードとオプションにもよるが約20〜30万円値引きが可能な様子である。つまり80万円ほどの本体差はあるが実質は50万円程の差となる。

まとめ

そもそもプラットフォームやエンジンなど大きな違いのある両車種をなぜ比較するのだと思われる方も多いと思うが、多方面から比較すると決してどちらも比較対象として考えて決して悪くないと筆者は思っている。発売したばからりなので新型「ヤリスクロス」に目が行きがちになると思うが、個人的には車格もスペックの高い「RAV4」を50万円ほどの差額で購入できるのであれば「RAV4」を選んでほしいと思っている。個人的な感想ではありますが購入時の参考にして頂ければ幸いです。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 カローラ クロス クロスオーバーモデル 日本 2021年9月14日発売 トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし日本モデルを2021年9月14日に発売する。各ディーラーでは2021年8月21日より先行予約がス...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 RAV4 一部改良 ハイブリッドに「アドベンチャー」グレード追加 2021年12月1日発売 トヨタは新型「RAV4」の一部改良を行い2021年12月1日発売する。 【新型 RAV4 一部改良 2021年モデルについて】 今回はガソリン車のみに設定されているグレード「Adventu...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次