トヨタ 新型 ハリアー マイナーチェンジ インテリジェントクリアランスソナー標準装備 2019年6月発売

harrier トヨタ

トヨタは新型ハリアーのマイナーチェンジを行い2019年6月に発売する。

トヨタ 新型 ハリアー マイナーチェンジ (一部改良) について

現在のマイナーチェンジモデルを一部改良し、現在は価格28,080円でオプション品となるインテリジェントクリアランスソナー ICS(パーキングサポートブレーキ)を全車で標準装備となる。価格は全体で約30,000 円アップとなるだろう。 「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

現在は、プリウスやアルファードに搭載されている車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を採用していないがインテリアクリアランスソナーが標準搭載されることで採用される可能性もありそうだ。インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)新機能追加。
デジタルインナーミラー(車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。)

harrier

ハリアーについて

初代ハリアーは、乗用車をベースにした高級クロスオーバーSUVの先駆けとして、

1997年にデビュー。

2003年にデビューした2代目ハリアーも、初代の魅力をさらに進化。

2005年にはハイブリッドモデルも追加、大ヒット。

その後2009年にフルモデルチェンジを果たした3代目は、日本市場でもレクサス店へ移行。(RXシリーズ)しかし一方で根強い支持を集めていたハリアーも、引き続き国内で販売を継続。結果として、2012年まで9年間に渡り生産されることとなった。現行3代目のハリアーは日本国内限定車とし2013年12月2日から販売を開始。実は国外では新型RAV4という扱いになっている。

現行 ハリアー マイナーチェンジについて

そして2年半というタイミングでのマイナーチェンジを2016年6月2日に発表し発売を開始した。3年半のタイミングとなる今回はビックマイナーチェンジを行なった。

harrier

harrier

現行 ハリアーについて

トヨタは新型ハリアーのビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。

価格:294万9,380円〜495万3,960円

全国のトヨペット店で月販目標台数2,500台である。

harrier

harrier

harrier

【ハリアー】ドライビングインプレッション

現行 マイナーチェンジからの変更点は?

現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」を採用。更に、Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載し価格改定も行われる。エクステリアは3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。

harrier

サイドミラー 下にウェルカムランプを装備。

harrier

前後バンパーデザイン変更。

テールランプデザインを変更。

ボディカラーに新色を追加。

インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。

harrier

ナビのサイズはトヨタ純正ナビは8インチから9.2インチに変更など現行モデルで採用されている予防安全技術プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー)ではなく。新型プリウスに搭載された先進技術「Toyota Safety Sense P」を採用する!!現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。更に、Toyota Safety Sense Pを全車に標準搭載し価格改定も行われる。

Toyota Safety Sense Pの主な特長

harrier

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)

レーンディパーチャーアラート(LDA)

オートマチックハイビーム(AHB)

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)

レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援*5。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)

カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)

カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)

ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援*5。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。

レーダークルーズコントロール

先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。

トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」

そして、ハリアーのレクサス版となる新型NX200t新型IS200tに搭載された

新開発ダウンサイジングターボ「2.0L直噴ターボエンジン 8AR-FTS」を採用。

2.0L直噴ターボエンジン
最高出力238ps/5600rpm

最大トルク35.7kgm/4000rpm

トランスミッション:6AT
JC08モード燃費:13.4km/L

harrier

新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」

harrier

スモーク塗装&カーボン調加飾ヘッドライト+LEDシーケンシャルターンランプ

harrier

2.0L直噴ターボモデル専用アッパーフロントグリル

harrier

2.0L直噴ターボモデル専用ロアフロントグリル

harrier

既に、トヨタ車では新型クラウンに搭載されている!!残念ながらビックマイナーチェンジする新型マークXにも搭載予定であったが今回は見送られている・・・更に、外観は国外では新型RAV4という名で販売しておりよりRAV4に近いスタイリッシュな外観を取り入れる。

新型 ハリアー カラーバリエーション 新色追加 廃止色もあり

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク、ブラッキッシュレッドマイカ、ダークブラウンメタリックを廃止

新色を2色、ダークブルーマイカメタリック、ダークレッドマイカメタリックを追加した。

harrier

ダークブルーマイカメタリック

harrier

ダークレッドマイカメタリック

アダプティブLEDヘッドライト AHSを採用 全グレード

現在、トヨタ車では新型プリウスPHVと新型クラウンにのみ採用されている。

アダプティブLEDヘッドライトは、夜間にハイビームで走行していると、前方車両や対向車両に光が当たる部分だけを自動的に遮光することを可能にしたシステムで前方カメラで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光。

新型 ハリアー グレードについて

現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。更に、Toyota Safety Sense Pを標準搭載モデルを設定し価格改定も行われる。

ELEGANCE

Toyota Safety Sense P、電動パーキングブレーキ、プレミアムホーン、ミラーヒーター、17インチタイヤ&アルミホイール(ターボのみ専用18インチ)、オートマチックハイビーム、フロントドアガラススーパーUVカット、ドアスカッフプレート、運転席パワーシートなど

PREMIUM

ELEGANCEの装備に

LEDヘッドライト/LEDデイライト/LEDシーケンシャルターンランプ/コーナリングランプ、ミラーヒーター、パワーウィンドウ予約ロック、18インチタイヤ&アルミホイール、カードキー、パワーバックドア、雨滴感知オートワイパー+ミスト機能、インナーミラー自動防眩機能、、電動チルト&テレスコピックステアリング、ドアスカッフプレート SUSイルミネーション付き、パネルシフト、ナノイーなど

PROGRESS Metal and Leather Package 新設定

PROGRESS 新設定

PREMIUMの装備に

T-CONNECT SDナビ+JBLプレミアムサウンド

クリアランスソナー&バックソナー

トヨタ純正ナビは8インチから9.2インチとなる。

新型 ハリアー 価格 グレード

2Lガソリンエンジンモデル

モデル駆動方式価格
ELEGANCE2WD(FF)2,949,480円
4WD3,143,880円
PREMIUM2WD(FF)3,349,720円
4WD3,444,120円
PREMIUM Metal and Leather Package2WD(FF)3,599,640円
4WD3,794,040円
PROGRESS2WD(FF)3,780,000円
4WD3,974,400円
PROGRESS Metal and Leather Package2WD(FF)4,129,920円
4WD4,324,320円

2.0L ターボモデル

モデル駆動方式価格
ELEGANCE2WD(FF)3,380,400円
4WD3,574,800円
PREMIUM2WD(FF)3,519,720円
4WD3,714,120円
PREMIUM Metal and Leather Package2WD(FF)3,850,200円
4WD4,044,600円
PROGRESS2WD(FF)4,050,000円
4WD4,344,400円
PROGRESS Metal and Leather Package2WD(FF)4,380,480円
4WD4,574,880円

2.5L ハイブリッドモデル

モデル駆動方式価格
ELEGANCEE-Four(4WD)3,774,600円
PREMIUME-Four(4WD)4,074,840円
PREMIUM Metal and Leather PackageE-Four(4WD)4,424,760円
PROGRESSE-Four(4WD)4,604,040円
PROGRESS Metal and Leather PackageE-Four(4WD)4,953,960円

新型 ハリアー オプション価格

スペアタイヤ(応急用タイヤ 165/80D17ST) 10,800円

アクセサリーコンセント 8,640円

T-CONNECT SDナビ 351,000円

T-CONNECT SDナビ+JBLプレミアムサウンド 432,000円

クリアランスソナー&バックソナー 2,8080円

寒冷地仕様 ガソリン車 28,080円

寒冷地仕様 ターボ車 24,840円

マイコン制御チルト&スアイド電動ムーンルーフ 108,000円

新型 ハリアー スペックについて

スペック新型ハリアー
全長4,725mm
全幅1,835mm
全高1,690mm
ホイールベース2,660mm
モデルガソリンモデルターボモデルハイブリッドモデル
エンジン直列4気筒DOHC
2.0Lエンジン
直列4気筒DOHC
2.0Lインタークラー付きターボ
直列4気筒DOHC 2.5L
「2AR-FXE」
+THS II
最高出力111kw(151ps)/
6,100rpm
170kw(231ps)/
5,200-5,600rpm
112kw(152ps)/
5,700rpm
最大トルク193Nm(19.7kgm)/
3,800rpm
350Nm(35.7kgm)/
1,650-4,000rpm
206Nm(21.0kgm)/
4,400-4,800rpm
フロントモーター最高出力105kW(143ps)
フロントモーター最大トルク270Nm(27.5kgm)
リヤモーター最高出力50kW(68ps)
リヤモーター最大トルク139Nm(14.2kgm)
トランスミッションSuper CVT-i
(自動無段階変速機)
6AT
(6 Super ECT )
機械式無段階変速機
駆動方式2WD/4WD4WD (E-Four)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(6.5Ah)
JC08モード燃費14.8〜16.0km/L12.8〜13.0km/L21.4km/L
価格2,949,480円〜
4,324,320円
3,380,400円〜
4,574,880円
3,774,600円~
4,953,960円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000595427/SortID=20674923/

http://bbs.kakaku.com/bbs/70100110049/SortID=20934681/

トヨタニュースリリース

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/17023229/

トヨタ ハリアー

http://toyota.jp/harrier/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019