トヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較

toyota-rav4 競合車種比較
新型 RAV4

トヨタは新型「RAV4」のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売される。今回のフルモデルチェンジではパワートレーンなど全てにTNGAを導入し日本モデルでは、「2.0Lガソリンモデル」と「2.5L エンジン+電気モータのハイブリッドモデル」の2種類をラインナップする。更に 第2世代の次世代 「Toyota Safety Sense」を標準装備する。

RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルにおいてライバル関係になる車です。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、人気などで比較した。今から購入を考えるあなたならどちらを選びますか?

トヨタ RAV4がフルモデルチェンジ

TNGA」に基づく新型カムリなどに採用されたGA-Kプラットフォームに加え、トヨタが「D-4S (ダイナミックフォース エンジン)」と呼称する新型エンジン2.0Lのガソリンモデル」と「2.5L エンジンのハイブリッドモデル」に採用。また、4WD車には新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用。行状況に応じてリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」に加え、前後輪の車輪軸に採用した世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」により、2WD走行時に、後輪に動力を伝達させる駆動系の回転を停止させて損失を低減し、燃費向上をはかる「ディスコネクト機構」を採用。走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採用した。日本では先代モデルとは大幅なデザイン変更と最新の衝突回避支援パッケージとなる第2世代の次世代 「Toyota Safety Sense」を標準装備する。

toyota-rav4

新型 RAV4

toyota-rav4

新型 RAV4

Toyota-RAV4

新型 RAV4

新型RAV4の情報はこちら

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 2019年4月10日発売
トヨタは新型「RAV4」のフルモデルチェンジを行い日本では2016年に販売終了となっていたが、再販が決定し2019年4月10日に発売される。新型「RAV4」予約は2019年2月から「カローラ店」「ネッツ店」で先行予約が可能となる。日本価格は...

RAV4てどんな車なの?

トヨタ自動車で生産されているクロスオーバーSUV。「RAV4」の成功を受け、他社もCR-V(本田技研工業)、エクストレイル(日産自動車)、フォレスター(スバル)などのクロスオーバーSUVを製造するなど、クロスオーバーSUV市場に大きな影響を与えた車種である。

初代 XA1#型 1989年の東京モーターショーにRAV-FOURとして出展し、4年後の1993年の東京モーターショーにプロトタイプが披露された後、1994年5月に発表。CMキャラクターには当時SMAPの木村拓哉が起用された。

2代目 CA20W型 ジュネーブモーターショー2000で海外先行デビューした。3か月後の8月にフルモデルチェンジしたカローラ系のコンポーネンツを使用するが、フロアパネルは先代同様に専用設計となっている。

rav4

3代目 RAV4

3代目 XA30W型 2005年11月14日に発売を開始。トヨタの「MCプラットフォーム」を進化させた「新MCプラットフォーム」を初めて採用した市販車。

4代目 RAV4

4代目 (日本未発売)2012年11月開催のロサンゼルス・モーターショーにてワールドプレミアを行い、2013年1月より北米市場に、また欧州市場には同年3月に投入。韓国においても2013年に販売を開始している。日本では2013年11月13日に公式発表された3代目「ハリアー」が4代目「RAV4」のプラットフォームを使用した兄弟車として導入した関係で未発売となった。

トヨタ ハリアーてどんな車なの?

初代ハリアーは、乗用車をベースにした高級クロスオーバーSUVの先駆けとして、1997年にデビュー。2003年にデビューした2代目ハリアーも、初代の魅力をさらに進化。2005年にはハイブリッドモデルも追加、大ヒット。その後2009年にフルモデルチェンジを果たした3代目は、日本市場でもレクサス店へ移行。(RXシリーズ)しかし一方で根強い支持を集めていたハリアーも、引き続き国内で販売を継続。結果として、2012年まで9年間に渡り生産されることとなった。現行3代目のハリアーは日本国内限定車とし2013年12月2日から販売を開始。

トヨタは新型ハリアーのビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。

価格:294万9,380円〜495万3,960円

harrier

新型ハリアー

現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」を採用。更に、Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載し価格改定も行われる。エクステリアは3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。サイドミラー 下にウェルカムランプを装備。前後バンパーデザイン変更。テールランプデザインを変更。ボディカラーに新色を追加。インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。

harrier

電動パーキングブレーキ&ホールドを採用

ナビのサイズはトヨタ純正ナビは8インチから9.2インチに変更など現行モデルで採用されている予防安全技術プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー)ではなく。新型プリウスに搭載された先進技術「Toyota Safety Sense P」を採用する!!現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。更に、Toyota Safety Sense Pを全車に標準搭載し価格改定も行われる。

新型ハリアーの情報はこちら

トヨタ 新型 ハリアー ビックマイナーチェンジ Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年6月8日発売

トヨタ 新型 ハリアー ビックマイナーチェンジ Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年6月8日発売
トヨタは新型ハリアーのビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始した。 価格:294万9,380円〜495万3,960円 各ディーラーなどでは現行ハリアーは3月末までのオーダーとなった。2017年5月8日から全国の販売...

新型 RAV4とハリアー ボディサイズ比較

サイズ新型 RAV4ハリアー
全長4,600mm4,725mm
全幅1,855mm1,835mm
全高1,690mm1,690mm
ホイールベース2,690mm2,660mm
乗車定員5名5名

新型 RAV4と新型ハリアーガソリンモデル比較

スペック新型 RAV4ハリアー
エンジン直列4気筒2.0L
直噴ガソリンエンジン
直列4気筒2.0L
ガソリンエンジン
最高出力126kW(171ps)/
6,600rpm
112kw(152ps)/
6,100rpm
最大トルク207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm

193Nm(19.7kgm)/
3,800rpm

トランスミッションDirect Shift-CVTSuper CVT-i
(自動無段階変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費18.0km/L14.8〜16.0km/L
WLTPモード燃費15.2km/L~
15.8km/L
価格260万8,200円〜
334万8,000円
2,949,480円〜
4,324,320円

新型 RAV4とハリアーハイブリッドモデル比較

スペック新型 RAV4
ハイブリッド
ハリアー
ハイブリッド
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒DOHC 2.5L「2AR-FXE」
+モーター(THS II)
最高出力131kW(178ps)/
5,700rpm
112kw(152ps)/
5,700rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm

206Nm(21.0kgm)/
4,400-4,800rpm

モーター
最高出力
88kw(120ps)105kW(143ps)
モーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)270Nm(27.5kgm)
トランスミッション電気式無段変速機電気式無段変速機
駆動方式2WD/
4WD(E-Four)
4WD(E-Four)
JC08モード燃費25.0km/L~
25.2km/L
21.4km/L
WLTPモード燃費20.6km/L~
21.4km/L 
価格322万2,000円〜
381万7,800円
377万4,600円~
495万3,960円

新型 RAV4とハリアー装備の違いについて

トヨタの中での位置付けはRAV4はハリアーより格下でありハリアーは高級SUVというカテゴリーである。そのため、新型RAV4よりもいくつか機能が優れているまたは装備が付いている部分があるので紹介したい。

ハリアーにはある装備

1.LEDシーケンシャルターンランプ

現行ハリアーには高級SUVとして流行りのLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)が装備されている。(ヘッドライトのみ グレード PREMIUM以上に標準装備)

harrier

3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)

2.アダプティブハイビームシステム 

現行ハリアーにはLEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。(グレード PREMIUM以上に標準装備)

3.パノラミックビューモニター

現行ハリアーには装備可能。4つのカメラの映像を高速処理し、上空から車両を見下ろしたようなつなぎ目のない映像を表示。駐車時や発進時などにおいて運転席からは確認しづらい周囲の状況をリアルタイムに見晴らせ、低速時の運転をアシストするシステム。

4.快適温熱シート&シートベンチレーション

現行ハリアーには運転席、助手席に暑い日には風を通しシートの熱を逃し、寒い日には座席を快適な温度に温めるシステム。(PROGRESS “Metal and Leather Package”、PREMIUM “Metal and Leather Package”に標準装備)新型RAV4には一部グレードのみ採用の様です。

新型RAV4 にはある装備

5.ブラインドスポットモニター

こちらは新型RAV4に搭載されていますが、現行ハリアーにはついていません。運転者による車線変更時の判断を支援するシステム。 レーダーセンサーにより、隣の車線のドアミラーに映らない領域(死角領域)を併走する車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を知らせてくれる。

toyota-rav4-hybrid

新型 RAV4 インテリア

新型 RAV4とハリアースペック比較の感想

新型RAV4とハリアーはボディサイズはほぼ同じである。ハイブリッドモデル、ガソリンモデルを比較してまず思うことが、新型RAV4の価格設定が非常に安い!ベースグレードで比較すると約34万円前後の差額がある。燃費比較をすると流石は新型エンジンを搭載しているだけあり、RAV4は燃費面でもより安くなる。トータルコストを考えると新型RAV4の方がお得となりそうだ。

トヨタ 新型 RAV4 他社 SUV 徹底比較

現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。競合車種として上げるのが日産の「エクストレイル」ホンダの「CR-V」そしてスバル「フォレスター」となるだろう。

トヨタ 新型 RAV4 他社 SUV 徹底比較

トヨタ 新型 RAV4 VS エクストレイル VS フォレスター VS CR-V 他社 SUV 徹底比較
トヨタは新型「RAV4」のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売される。今回のフルモデルチェンジではパワートレーンなど全てにTNGAを導入し日本モデルでは、「2.0Lガソリンモデル」と「2.5L エンジン+電気モータのハ...

トヨタ RAV4

https://www.toyota.com/rav4/

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

トヨタ

https://toyota.jp/

 

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019