MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スズキの「スペーシア / スペーシアカスタム」VS ホンダの「N-BOX / N-BOX カスタム」 2021年改良モデル 徹底比較

スズキは「スペーシア」「スペーシアカスタム」「スペーシアギア」の一部仕様変更を行い2021年12月3日発表し12月24日に発売する。更にホンダは「N-BOX」の一部改良を行い2021年12月16日発表し、12月17日に発売する。どちらも2021年12月に商品改良を行う。人気の2車種はどの様な違いがあるのか徹底比較してみました。

目次

2021年10月現在の軽自動車ランキング

軽自動車では1位はスズキ ワゴンRで8,808台で首位となった。2位が日産 ルークス 9,708台 で3位 ホンダ N-BOX 7,442台、4位 スズキスペーシア 6,319台がとなった。軽自動車のランキングでは常連のランクインである。

順位 メーカー 車名 販売台数
1 スズキ ワゴンR 8,808
2 日産 ルークス 8,696
3 ホンダ N-BOX 7,442
4 スズキ スペーシア
6,319
5 スズキ ハスラー 5,416
6 日産 デイズ 5,035
7 ダイハツ タフト 4,926
8 ダイハツ タント 4,771
9 ダイハツ ミラ 4,520
10 ホンダ N-WGN 4,396
あわせて読みたい
日本自動車販売ランキング 2021年10月 乗用車1位はトヨタ ヤリス 10,596台 軽自動車 スズキ ワゴンRが1... 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2021年11月5日、2021年10月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表し...

新型スペーシアと新型N-BOX ボディサイズ比較

サイズ新型スペーシア新型N-BOX
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,800mm1,790~1,815mm
ホイールベース2,460mm2,520mm
乗車定員4名4名

サイズは軽自動車の規格制限もあるのでどちらも差がない。しかし、若干ではあるがホイールベースは新型N-BOXの方が長いので安定性や乗り心地で有利となる可能性があるだろう。

新型スペーシアと新型N-BOX その他スペックを比較

N-BOXとスペーシアのスライドドアを比較するとN-BOXは、開口幅640mm、スペーシアは、600mm。室内高はN-BOXは1,400mm、スペーシアは1,410mmである。室内高は10mmの差なのであまりないが、スライドドアの会計幅がスペーシアが40mm開くのが狭いため乗り降りはN-BOXの方が優位性がある。更にN-BOXには「ハンズフリースライドドア」をオプション設定しており利便性でもN-BOXに優位性がある。

 新型スペーシア新型N-BOX
開口幅600mm640mm
室内高1,410mm1,400mm

新型スペーシアと新型N-BOX NAエンジン比較

スペック新型スペーシア新型N-BOX
エンジン660cc直列3気筒
DOHC+モーター
658cc 直列3気筒
DOHC i-VTEC
エンジン
最高出力38kW(52ps)/
6,500rpm
43kW(58ps)/
7,300rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
4,000rpm
65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
モーター
最大出力
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター
最大トルク
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
駆動方式2WD(FF)
4WD
2WD(FF)
4WD
JC08モード燃費26.4〜
28.2km/L
25.4km/L〜
27.0km/L
WLTCモード燃費20.2km/L~
22.2km/L
19.8km/L〜
21.2km/L
価格133万3,800円〜
173万2,320円
138万5,640円~
174万9600円

NAモデルのスペック比較をすると、マイルドハイブリッドを採用しているスペーシアの方が燃費がいい。更に、モーターアシストがあるためトルクも高くなる。更にベースグレードの価格差はスペーシアの方が安い。

新型スペーシアと新型N-BOX ターボエンジン比較

スペック新型スペーシア新型N-BOX
エンジン660cc直列3気筒
DOHCターボ
+モーター
658cc 直列3気筒
DOHC i-VTEC
エンジン
最高出力47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
モーター
最大出力
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター
最大トルク
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式2WD(FF)
4WD
2WD(FF)
4WD
JC08モード燃費24.0km/L〜
25.6km/L
23.4km/L〜
25.6km/L
WLTCモード燃費19.2km/L~
19.8km/L
19.0km/L〜
20.2km/L
価格1,695,600円〜
1,813,320円
169万8,840円~
202万6,080円

ターボモデルを比較するとやはり、マイルドハイブリッドを採用しているスペーシアの方が燃費がいい。更に、モーターアシストがあるためトルクも高くなる。

新型スペーシアと新型N-BOX 安全装備 比較

システム 装備新型スペーシア新型N-BOX
CMBS
(昼・夜間
歩行者
自転車)

(昼・夜間
歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
アダプティブ
クルーズコントロール(ACC)
[全車速追従機能付]

(約0km/h~)

(約0km/h~)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
パーキングセンサーシステム
全方位モニター×
電動パーキングブレーキ&
ブレーキホールド
×

安全装備はどちらも優れている。2021年12月改良の「N-BOX」は 「電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」を採用することで「渋滞追走機能付アダプティブクルーズコントロール(全車速追走機能付き)」となった。新型「スペーシア」は残念ながら2021年の改良までに 「電動パーキングブレーキ」「ホールドブレーキ」を採用しておらず、その関係でアダプティブクルーズコントロール 停止状態を保てるのは約2秒という制限が付いてしまう。安全装備などの機能面では「N-BOX」に軍配があがる。

あわせて読みたい
【2021年】「電動パーキングブレーキ」&「オートホールドブレーキ」の搭載車はどれだ?一覧にまとめてみた 最近の新型モデルにはほぼ標準となりつつある「電動パーキングブレーキ」&「ホールドブレーキ」を1度使用すればなくてはならない物になるこの2つの機能が2021年末現在...
あわせて読みたい
【2021年】「全車速追従付クルーズコントロール」の搭載車はどれだ?一覧にまとめてみた 最近の新型モデルにはほぼ標準となりつつある「全車速追従付クルーズコントロール」を1度使用すればなくてはならない物になるこの機能が2021年末現在までに、どの車種に...

新型スペーシアと新型N-BOXスペック比較の感想

スペックなどトータル的に見て、室内空間を重視するならN-BOX、燃費を極限まで気にする方はスペーシアといったところだろう。あとはエクステリアやインテリアの好き好きでしか判断できないかもしれない。

スペーシアについては次へ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次