MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

え?やっぱり価格が安い! マツダ 新型 CX-50 米国モデル 価格 グレード 発表

マツダは、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-50」の米国モデルの価格とグレードを2022年2月23日(現地時間)世界初公開した。 価格は日本円で約308万~477万円。「CX-50」米国にて2022年春に発売する予定だ。

目次

新モデル「CX-50」について

「CX-50」は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインアップの中核として導入するクロスオーバーSUVです。「MAZDA3」や「MAZDA CX-30」などと同じスモール商品群に属し、米国アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設したトヨタ自動車株式会社との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」(MTMUS)で2022年1月から生産を開始する予定。

あわせて読みたい
マツダ 新モデル「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」2022年以降のSUV商品群の拡充計画を発表 マツダは、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を2021年10月7日発表。米国新工場で生産する「MAZDA CX-50」、ラージ商品群の「MAZDA CX-60」「MAZDA CX-70」...

新型 CX-50 エクステリアについて

デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」を採用。 エクステリアのデザインはマツダSUVのラインナップにないワイドでオフロード意識したモデル。「オフロードではあるがあまりにもオフロードではない」という。 CX-50は、「強化されたBピラー」「高強度ルーフレール」など、さらに多くのものを上に運ぶのに役立つ、より多くの機能を追加。一方、新しい「パノラマのムーンルーフ」も採用されている。

新型 CX-50 インテリアについて

インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8または10.25インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」の連動が可能。

新型 CX-50 i-ACTIV AWDを搭載

よりスポーティとなった新型CX-50には、新世代4WDシステム、「i-ACTIV AWD」を搭載する。電子制御で駆動力を積極的にコントロールし、走破性能と燃費性能を高次元で両立。 多くのセンサーがドライバーの意図と走行状況を正確に検知し必要な後輪トルクを瞬時に演算・指令、不要な後輪トルクの伝達を抑え、ほぼ2WD状態で走行を可能にする。全ての状況で適切なトラクションを発生させる事を可能とする「Mi-Drive」を標準装備。

新型 CX-50 次世代の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」全車に標準搭載

「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備する。眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」搭載。アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。

新型 CX-50 スペックについて

スペック新型CX-50新型CX-50
エンジン名SKYACTIV-G 2.5SKYACTIV-G 2.5T
エンジン2.5L 直4気筒
エンジン
SKYACTIV-G 2.5T
2.5L 直列4気筒
直噴ガソリン
ターボエンジン
最高出力140kW(190PS)/
6,000rpm
169kW(230ps)/
4,350rpm
最大トルク252Nm(25.7kgm)/
4,000rpm
420Nm(42.8kgm)/
2,000rpm
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
ミッション6速AT6速AT
WLTCモード燃費-km/L-km/L(2WD)
-km/L(4WD)
価格26,800ドル~36,400ドル
(約308万円~約418万円)
36,400ドル~41,550ドル
(約418万円~477万円)

新型 CX-50 グレード 装備について

CX-50 2.5 S 主要装備

8.8インチインフォメーションディスプレイ

8スピーカー

ワイヤレスAppleCarPlay/Android Auto

MAZDA CONNECT

7インチTFT液晶メーター

Mi-Drive(スポーツモード・オフロードモード)

牽引能力は2,000ポンド

17インチアルミホイール

LEDヘッドライト

プッシュボタンスタート付きのリモートキーレスエントリー

USBポート×2

安全装備「i-ACTIVSENSE」標準装備 など

CX-50 2.5 S “Select” 主要装備

2.5 Sから追加

本革巻きステアリング&シフトノブ

室内照明LED

リアシート60:40分割可倒式

10.25インチインフォメーションディスプレイ

デュアルゾーン制御付きオートエアコン+リアシート用エアコン吹き出し口

リアシート用USBポート×2

プライバシーガラス

ブラック塗装17インチホイール

CX-50 2.5 S “Preferred” 主要装備

2.5 S “Select”から追加

ヒーター付きドアミラー&ワイパー

収納付きセンターアームレスト(フロント・リア)

電動パワーリアゲート(高さ調節機能付き)

運転席8Way電動パワーシート

運転席・助手席 シートヒーター

CX-50 2.5 S “Preferred Plus” 主要装備

2.5 S “Preferred”から追加

マツダ初のパワースライド式パノラマムーンルーフ(ワンタッチ開閉機能付き)

CX-50 2.5 S “Premium” 主要装備

2.5 S “Preferred Plus” から追加

BOSE12スピーカープレミアムオーディオシステム

SiriusXM衛星ラジオ(3か月のトライアルサブスクリプション付)

ルーフマウントシャークフィンアンテナ

Homelink付ドアミラー

運転席がポジションメモリー機能付き(2つ)

助手席6Way電動パワーシート

レザーシート(テラコッタ・ブラック)

CX-50 2.5 S “Premium Plus” 主要装備

2.5 S “Premium から追加

20インチアルミホイール

ヘッドアップディスプレイ

電動格納式ドアミラー

運転席・助手席 シートベンチレーション

CX-50 2.5 “Turbo” 主要装備

牽引能力3,500ポンドに増加

Mi-Driveに”牽引モード”を採用

パドルシフト

「Turbo」エンブレム

大径マフラーカッター

テールランプLED

アダプティブLEDヘッドライト

CX-50 2.5 Turbo “Premium” 主要装備

CX-50 2.5 “Turbo”から追加

BOSE12スピーカープレミアムオーディオシステム

SiriusXM衛星ラジオ(3か月のトライアルサブスクリプション付)

アクティブドライビングディスプレイ

ステアリングヒーター

運転席・助手席 シートベンチレーション

CX-50 2.5 Turbo “Premium Plus” 主要装備

CX-50 2.5 “Premium”から追加

Homelinkを備えたフレームレスルームミラー

リアシートにシートヒーター

センターコンソールにワイヤレス充電

交通標識認識機能付き

マツダナビゲーションシステム

特別仕様車 CX-50 2.5 Turbo “Meridian Edition” 主要装備

専用18インチアルミホイール+オールテレーンタイヤ

ヘッドライトガーニッシュ

サイドアンダーガーニッシュなど

新型 CX-50 価格グレード

グレードが下になる、日本モデルCX-5は価格2,678,500〜4,136,000円である。しかし、装備も最新のCX-50と比較すると同じ装備がついた場合と採用エンジンを考えると安いと言える。

グレード米国価格 日本円(2/23現在)
CX-50 2.5 S26,800ドル約308万円
CX-50 2.5 S “Select”28,200ドル約324万円
CX-50 2.5 S “Preferred”29,500ドル約339万円
CX-50 2.5 S “Preferred Plus”31,940ドル約367万円
CX-50 2.5 S “Premium”34,400ドル約395万円
CX-50 2.5 S “Premium Plus”36,400ドル約418万円
CX-50 2.5 “Turbo”36,400ドル約418万円
CX-50 2.5 Turbo “Premium”39,550ドル約454万円
CX-50 2.5 Turbo “Premium Plus” 41,550ドル約477万円
特別仕様車
CX-50 2.5 Turbo “Meridian Edition”
未定未定
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 大幅改良 (マイナーチェンジ) 2つの特別仕様車を追加 2021年11月8日発表 マツダは「CX-5」マイナーチェンジ 大幅改良(年次改良)を行い日本にて2021年11月8日に発表、12月に発売開始する。商品改良モデルのティーザーサイトを2021年10月1日か...
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-50 現時点では日本発売予定なし 米国 2022年春発売 マツダは新型「CX-50」を米国では2022年春頃に発売する。2021年11月15日(現地時間)に世界初公開された。「MAZDA3」「CX-30」に続く新世代商品として発売される。現時...
あわせて読みたい

マツダニュースリリース

Inside Mazda
Mazda Announces Pricing and Packaging for 2023 CX-50 | Inside Mazda Mazda North American Operations announces pricing for the 2023 Mazda CX-50.

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる