MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スバル 新型 アセント 2023年モデル マイナーチェンジ 3列SUV 北米2022年秋発売

スバルは北米市場専用車として新型「アセント(ASCENT)」を2023年モデルとしてマイナーチェンジを行い2022年秋に発売する。アセントは3列シートのクロスオーバーSUVとなる。

目次

新型 アセントエクステリア について

2023年モデルのアセントはエクステリアを新型「フォレスター」に近い、フロント、リアフェイスとした。

新型 アセント ボディサイズについて

スペック新型アセント
全長4,998mm
全幅1,930mm
全高1,819mm
ホイールベース2,890mm
最低地上高220mm
乗車定員7名/8名

新型アセントには新型インプレッサから採用されたスバル次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用。

新型 アセントインテリア について

インテリアでは以前の6.5インチと8インチのインフォテインメントシステムが、縦向きの新しい標準の11.6インチのディスプレイに置き換えられた。大画面に加えて、新しいシステムは、ワイヤレスAndroidAutoとワイヤレスAppleCarPlayの互換性に加えて、専用の気候とマルチメディアコントロールを備えている。1列目と3列目の乗員間のコミュニケーションを改善する新たに利用可能なCabinConnectシステムがある。マイクとリアスピーカーを使用して、ドライバーと助手席の声を3列目に届けることができる。

2列目を2名掛けのキャプテンシートを選択すると、3行目と7桁までのスペースに簡単に移動ができる。または、第2列のベンチシートを選択することで8人乗りを可能とする。利用可能な貨物スペース2055Lとした。

新型 アセント 安全装備について

最新バージョンのEyeSightドライバーアシスタンスシステムが付属しています。新しい広角モノカメラを搭載「低速で交差点に入ると、歩行者や自転車をより早く認識できる視野」を拡大。このシステムは更新されたソフトウェアも備えており、これにより「よりスムーズに、より広範囲の条件下で動作」。車線変更アシストとリアクロストラフィックアラートを備えたブラインドスポット検出を搭載したモデルには、新しい自動緊急ステアリング機能があります。衝突前ブレーキシステムと連動して、50 mph(80 km / h)未満の速度で走行するときに衝突を回避するように車両を操縦するのに役立ちます。安全性について言えば、4台のカメラを使用して車両の360°の俯瞰図を作成する新しいサラウンドビューモニターがある。

あわせて読みたい
スバル 新型 アセント トライベッカ後継モデル 3列SUV 北米2018年7月発売 スバルは北米市場専用車として新型アセント(ASCENT)を2018年7月に発売する。新型アセントは3列シートのクロスオーバーSUVとなる。価格:32,970ドル(約350万円)〜 2018年5...
あわせて読みたい
スバル 新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ 2021年8月19日正式発表 スバルは「フォレスター」のマイナーチェンジを行いD型として2021年6月14日発表した。2021年8月19日に正式発表し発売。 【新型 フォレスター D型 マイナーチェンジ】 今...

アセント

https://www.subaru.com/ascent.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次