【2024年】生産終了が発表された車種たち「消える車」名車の名も まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 end of sales

2024年、日本の車業界は全体的に生産台数が伸びている一方、様々な理由で生産や販売状況に影響が出た車種も存在しました。その中には、ひっそりと生産終了となった車種も少なくありません。

近年、自動車業界は大きな転換期を迎えています。環境規制の強化や電気自動車(EV)の普及に伴い、多くの車種の生産終了が発表されています。今回の記事では、2024年に生産終了となった車種と、その背景にある時代の変化について解説します。

目次

マツダ 「MAZDA6」

マツダは、フラッグシップモデル「MAZDA6」(セダン・ワゴン)国内向けモデルの販売を終了すると2024年1月19日に発表した。国内向けモデルの生産終了時期は、2024年4月中旬を予定。生産台数に達した時点で、受注も終了。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

マツダ 「MAZDA6」 生産終了 後継車種はなし! 市場はどうなる?!

三菱自動車「RVR」

三菱自動車はクロスオーバーSUV「RVR」の生産を2024年4月をめどに終了すると「日本経済新聞」が2024年2月14日に発表した。海外モデルはフルモデルチェンジをし4代目も販売を継続、海外専売車種となる。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

なんと 三菱自動車「RVR」日本国内販売を終了へ 生産は2024年4月まで

ホンダ EVモデル「Honda e」

ホンダはEVモデル「Honda e」の生産を2024年1月までに終了すると公式ホームページにて発表した。生産分が売り切れ次第、Honda eは販売終了。既に一部カラーがお選びいただけない場合があるという。2020年8月27日発表、2020年10月30日から発売しており、約3年での販売終了となる。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

ホンダ EVモデル「Honda e」 生産終了 生産を2024年1月までに終了する

マツダ CX-8 生産終了

マツダは大型3列シート クロスオーバーSUV「CX-8」の生産を終了すると公式ホームページで発表した。2023年12月をで生産終了となる。

MAZDA CX-8は、2023年12月をもちまして生産終了致します。ご注文が12月までの生産台数に達した時点で販売終了となります。上記の詳細につきましては、お近くの販売店にお問い合わせください。

マツダ

確かにマツダが発表した画像を見ても「JAPANESE MARKET」に「CX-5」は残っているが「CX-8」は消されて「CX-60」「CX-80」と記載されており「CX-8」は販売終了となる。後継となる「CX-80」は2桁シリーズはプレミアムなモデルとして扱われることになりそうだ。日本モデルのマツダ車としては最高級SUVという扱いとなるだろう。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

マツダ CX-8 生産終了へ 正式発表 2023年12月までの生産台数に達した時点で販売終了へ

トヨタ「カムリ」

トヨタはセダンモデルの「カムリ」の日本国内販売を終了する。海外モデルはフルモデルチェンジをし11代目も販売を継続、海外専売車種となる。カムリの歴史を見ると現在は10代目となるが、過去は5~6年おきにフルモデルチェンジを果たしているが、2023年〜2024年にフルモデルチェンジをすることは考えらえる。日本国内は残念ながら10代目で販売を終える。

カローラと共にトヨタ自動車の屋台骨を支える世界戦略車でもある。カムリは、1980年国内専用モデル「セリカ カムリ」(FR車)として誕生し、1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新し、グローバルに販売を開始した。カムリはこれまで、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1獲得をはじめ、100カ国以上の国や地域で販売し、累計1,800万台超えを達成している。

ダイハツ 「ミラトコット」

ダイハツ「ミラトコット」2023年12月上旬で生産終了へ 5年の歴史に幕 ダイハツは、軽自動車「ミラトコット」の生産を、2023年12月上旬をもって終了することを発表。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

ダイハツ 新型 ミラ トコット フルモデルチェンジせず 2023年12月上旬 生産終了

生産終了の背景

販売不振

販売不振が続く車種は、生産終了となる可能性が高いです。近年は、SUVの人気が高まっているため、ミニバンやセダンの販売が低迷しています。

環境規制の強化

近年、世界各国で環境規制が強化されています。自動車メーカーは、燃費性能や排出ガス性能を向上させるために、EV開発に注力しています。

電気自動車(EV)の普及

EVは、ガソリン車に比べて環境負荷が低いため、世界中で普及が進んでいます。自動車メーカーは、EVの開発・販売を加速させるために、従来のガソリン車の生産を縮小しています。

まとめ

2024年の販売終了車種をまとめてみたが、廃止されたが、海外ではフルモデルチェンジをし販売が続く車種や今後復活する可能性もあるだろう。

2024 end of sales

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次