日本仕様判明 ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」プラグイン充電機能を持つ新型燃料電池車 2024年2月28日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 Honda CR-V eFCEV

ホンダはクロスオーバーSUV、新型「CR-V」のフルモデルチェンジを行い燃料電池車「CR-V e:FCEV」の日本モデルは2024年8月頃に発売する。1年半ぶりに復活する。「CR-V e:FCEV」の量産モデルを2024年2月28日(水)から3月1日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第21回 SMART ENERGY WEEK【春】」に出展し、世界初公開となる。

目次

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」について

CR-V e:FCEVは、日本の自動車メーカーが発売するモデルとして初めて、外部から充電可能なプラグイン機能を持つ燃料電池車燃料電池車が持つ長い航続距離と水素のおよそ3分の充填時間の短さといった特長はそのままに、家庭や外出先で充電できるプラグイン機能を加えることで利便性をさらに高めている。CR-V e:FCEVの一充填走行距離は600km以上、EV走行可能距離は60km以上となる見込み。外部給電器による高出力な電力供給に加え、普通充電ポートに接続する給電専用コネクターにより気軽に電気を取り出すことができ、日常やレジャー、停電時など、あらゆる場面での利便性・安心を提供。

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」GMとの共同開発による燃料電池システムを搭載

北米で販売しているSUV「CR-V」をベースに、GMとの共同開発による燃料電池システムを搭載。短い燃料充填時間で長距離を走行できるFCEVの特長に加え、プラグイン機能により、家庭で充電できるEVの利便性も兼ね備えている。ゼネラルモーターズと共同で開発された新しいパワートレインは、ホンダ・クラリティ・フューエル・セルと比べてコストが3分の1で、耐久性が2倍と言われている。更に耐低温性も大幅に向上しているとう。

2024年にデビュー予定の次期CR-V FCEVの短いビデオを公開した。水素燃料バージョンはまだカモフラージュで覆われているが、バッテリーパックの存在によって可能になる追加機能を示している。ホンダ CR-V FCEV は、バッテリーパックと水素燃料電池パワートレインを組み合わせた初の量産車となる。バッテリーパックの存在は、近くに水素ポンプがない場合でもSUVを通常のEVとして充電できる。これにより、まだかなり制限されている水素燃料供給ネットワークへの依存度が低くなる。さらに、双方向充電機能により、所有者は、ビデオティーザーで示されているコーヒーメーカーなど、他の電子機器に電力を供給するためにバッテリージュースを使用できるようになる。バッテリー容量や水素タンクのサイズをまだ発表していないため、このモデルの航続距離は誰にも分からない。

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」充給電機能

AC充給電コネクターは日本と米国における普通充電の規格である「SAE J1772」を採用。家庭のACコンセントに接続して、気軽に車両の充電を行うことができる。200V充電時間は約2.5時間。また、普通充電ポートに、AC車外給電用コネクター「Honda Power Supply Connector(パワーサプライコネクター)」を接続することで、最大1500WのAC給電が可能な外部給電機能も装備し、停電時やアウトドアなどのレジャーでの電源として活用でる。さらに日本仕様には荷室内に設置されたCHAdeMO方式のDC給電コネクターに「Power Exporter e:6000」「Power Exporter 9000」などの可搬型外部給電機を接続することで、非常時や屋外イベントなどで高出力の電力供給が可能なDC外部給電機能も装備。

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」エクステリア について

「CR-V e:FCEV」は、CR-Vターボやハイブリッドモデルとは異なるスタイルを持ち、洗練されたエクステリアが特徴。新しいボディパネル、リフトゲート、リアフェイシア、そして大型のユニークなデザインが目を引きます。18インチの10本スポークのブラックホイールも特徴的。新しいスタイルを際立たせるのは、低く直立したグリルと長いボンネット。垂直テールライトも特徴で、後ろから見てもCR-Vであることが一目瞭然である。また、航続距離を最大化するために、フルフロアアンダーカバーと独自のフロントスポイラーとストレーキが空力性能を向上させている。

  • ターボおよびハイブリッドモデルとは異なる洗練されたデザイン
  • 新しいボディパネル、リフトゲート、リアフェイシア
  • 18インチアルミホイール
  • 低く直立したグリルと長いボンネット
  • 垂直テールライト
  • 空力性能を向上させるフルフロアアンダーカバー

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」インテリア について

CR-Vの広々としたキャビンは、清潔で高品質な素材を使用し、トップクラスのスペースと積載能力を提供。ダッシュボードには印象的なメタルハニカムメッシュがあり、整然としたデザインを演出。「CR-V e:FCEV」には、豊富な装備が備わっています。10.2インチのデジタル計器、9インチのHDタッチスクリーン、ワイヤレスApple CarPlayおよびAndroid Auto™互換性、ワイヤレス電話充電、 12スピーカーのBoseプレミアムオーディオシステム、パワー調整可能なヒーター付きフロントシート、ヒーター付きステアリングホイール、デュアルゾーン気候制御、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート、パーキングセンサー、バイオベースのレザーシート表皮。

  • 広々としたキャビン
  • 高品質な素材
  • クラス最高レベルのキャビンスペースと荷室容量
  • メタルハニカムメッシュのダッシュボード
  • 10.2インチデジタルメーター
  • 9インチHDタッチスクリーン
  • Honda CONNECT
  • ワイヤレスApple CarPlay/Android Auto
  • ワイヤレス充電
  • 12スピーカーBoseプレミアムオーディオ
  • ヒーター付きシート/ステアリングホイール
  • デュアルゾーンエアコン
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • パーキングセンサー
  • バイオベースレザーシート

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」安全装備 について

新しい 「CR-V e:FCEV」 には、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)を含む他の CR-V と同じ最先端の安全技術が標準装備。安全および運転支援技術のHonda Sensingを採用。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールアダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • パーキングセンサーシステム
  • ブラインドスポットインフォメーション
  • 後退出庫サポート

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」走行性能について

スポーティでありながら快適なダイナミクスな「CR-V e:FCEV」は、174hpと 229lb.-ft を発生するフロントマウントのシングルモーターにより、スポーティで魅力的で洗練された運転体験を提供。高いトルクにより素早い加速と最大の効率を実現。  ホンダのエンジニアは、CR-V e:FCEV の構造とサスペンションを最適化し、他の CR-V モデルと同様のスポーティな運転体験とクラス最高の洗練を実現しました。CR-V ターボおよびハイブリッド モデルと比較して、リアの横剛性は10%、リアのねじり剛性は 9%向上し、マクファーソン ストラット フロント サスペンションとマルチリンク リア サスペンションは、専用のスプリング、振幅感応型ダンパー、 スタビライザー バーを使用して完全に再調整されました。スムーズな乗り心地を維持しながら、フロントとリアの応答性を最適化。

  • 174hp、229lb-ftのトルクを発揮するフロントモーター
  • スポーティで洗練された運転体験
  • 高いトルクによる素早い加速
  • リア剛性とねじり剛性を向上
  • 専用サスペンションチューニング
  • スムーズな乗り心地と優れた操縦安定性

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジ FCEVモデル スペック について

スペック新型 CR-V FCEV
全長4.805mm
全幅1.865mm
全高1,680mm
ホイールベース2,700mm
FCスタック固体高分子形  圧縮水素:2本
燃料電池スタック最高出力103kW
モーター最高出力130kW(177ps)/4,501-9,028rpm
モーター最大トルク300Nm(30.6kgm)/0-3,500rpm
バッテリーリチュウムイオン電池17.7kWh
駆動方式FF
乗車定員5名
EV走行可能距離60km以上
WLTC一充填走行距離600km以上

トヨタのSNSにて新型燃料電池車「CR-V FCEV」に豊田章男会長がサインをする姿が話題に

トヨタ自動車は2023年11月13日、豊田章男会長が新型燃料電池車「CR-V FCEV」にサインをするシーンをSNS投稿した。この映像は、富士スピードウェイで開催されたスーパー耐久最終戦富士4時間レース内において撮影され、この中の会話でHONDAの人から「新型燃料電池車CR-V FCEVを来年日本で売る」と豊田章男会長に伝えているシーンが撮影されている。最後に「CR-V FCEV」の車体にサインをして、何のクルマにサインしているか尋ねられて「ホンダで~す」とコメントしている姿がとてもチャーミングでした。

今回は「ハイブリッド」モデルだけではなく「EV」モデルや「プラグインハイブリッド」モデル「FCEV」をラインナップする。今まで発売された燃料電池はセダンタイプのみであり、市場で初のクロスオーバーSUVモデルとなるだけに今までよりも販売台数を伸ばせる可能性もありそうだ。米国のホンダは2023年新型「CR-V」を2022年7月12日(現地時間)正式発表公開した。2022年9月に発売を開始。10月にハイブリットモデルを追加発売した。

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジ について

エクステリアはキープコンセプトで、フロントフェイスを変更。ゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーションとする。

インテリアは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。

EVモデルやプラグインハイブリッドモデル、FCEVをラインナップする。

新しい「CR-V」のエクステリアはよりスポーティで洗練されたデザインとなった。SUVのフロントエンドをプレビューし、LEDデイタイムランニングライトを備えたオーバーホールされたヘッドライト。より目立つ、より大きなグリルを装備。少なくともこのハイブリッドトリムでは、下部のエアインテークにシルバーのシュラウドがあり、黒で仕上げられています。フロントフェイシアの形状やカーブも、従来のモデルとはかなり異なりる。リアはDピラーを伸ばすL字型のテールライトはそのままですが、より洗練され、スポーツが改訂されたLEDシグネチャーになった。目を引く新しいCR-Vの他の部分には、フェイクシルバーのテールパイプとさまざまなテールゲートが含まれる。全長4,694mm、全幅1,864mm、全高1,681mm、ホイールベース2,700mmとした。

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジ エクステリア

6代目となる新型「CR-V」はエクステリアのデザイン変更を行い新型「ヴェゼル」同様コンセントモデル「Honda SUV e:concept」を元にゼロから考え直し、SUVの力強さとクリーンさ活力に満ちた印象を加えるクーペライクなプロポーションとする。ヘッドライトには「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用。写真を見てわかる通り、リアは流麗なクーペフォルムとしている。

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジ インテリア

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。「スリーク&ロングキャビン」を採用。メーターには新型「アコード」「インサイト」「ヴェゼル」などに採用されている「7.0インチインストルメントクラスター」を採用。

電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる。「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用する。センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。CR-V Sport Touringには、12スピーカーのBoseプレミアムオーディオシステムも搭載。

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジ 安全技術について

次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後の8つのソナーセンサーをHonda車初搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり、「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加。衝突軽減ブレーキ(CMBS)、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、車線維持支援システム(LKAS)の各機能を先代モデルよりさらに進化。

システム 装備旧型CR-V新型CR-V
CMBS
(昼・夜間歩行者)

(昼・夜間歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC◯ 
(渋滞追従機能付)

(渋滞追従機能付)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
ブラインドスポット
インフォメーション
マルチビューカメラシステム

ホンダ 新型「CR-V」フルモデルチェンジハイブリッド「SPORT HYBRID」スペック について

第4世代の2モーターハイブリッドシステムを搭載。「2.0L 直4 DOHC i-VTEC+モーター(e:HEV)」最高出力107kW(145ps)/6,200rpm+モーター135kW(184ps)/5,000-6,000rpmと「1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turbo」最高出力140kW(190PS)/5,600rpmをラインナップする。更に「1.5L 直列4気筒エンジン +電気モーター(SPORT HYBRID e +)」77kW(105PS)/5,500rpm+135kW(184PS)/5,000-6,000rpmとピュアEVモデルをラインナップする予定だ。

スペック新型CR-V eHEV
全長4,695mm
全幅1,865mm
全高1,680mm
ホイールベース2,700mm
エンジン2.0L 直4 DOHC i-VTEC
+モーター(e:HEV)
最高出力107kW(145ps)/6,200rpm
モーター最高出力135kW(184ps)/5,000-6,000rpm
バッテリーリチュウムイオン電池 17kWh

ホンダニュースリリース

https://global.honda/jp/news/2024/4240228.html

https://www.honda.co.jp/CR-V-efcev/new/

2025 Honda CR-V eFCEV

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次