MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】スバル ハイブリッド車 「e-BOXER」搭載 全3車種 一覧 車種説明

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 SUBARU hybrid car models list car model description

2024年(令和6年)現在、スバルが新車販売する独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」車全3車種を一覧で紹介します、それぞれの車種特徴を詳しく解説する。環境への意識の高まりと、ガソリン価格上昇の影響を受け、ハイブリッド車はますます注目を集めています。

目次

スバル ハイブリッド車 「e-BOXER」とは?

「e-BOXER」は、モーターとエンジンを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムで、燃費向上と発進加速のスムーズさを実現しています。一般的なハイブリットといえばトヨタやホンダが採用する「スプレット方式」と言われるエンジンとモーターをシーンで使い分けるタイプが多いが、スバルの「e-BOXER」は「パラレル方式」と言われる常にエンジンは動き、モーターはアシストする形で使われている。

スバルのハイブリッド「e-BOXER」車のメリット

スバルのハイブリッド車は、以下のメリットがあります。

  • 燃費向上
  • 発進加速のスムーズさ

スバルのハイブリッド「e-BOXER」車のデメリット

スバルのハイブリッド車は、以下のデメリットがあります。

  • 減速時のエネルギー回生量が少なめ
  • 燃費としての恩恵は受けずらい

スバルとトヨタの燃費比較

同クラスのガソリン車とハイブリット車のWLTCモード燃費を比較しました。

車種ガソリン車ハイブリット車価格帯(10%)
インプレッサ14.0km/L16.6km/L2,299,000円〜
3,212,000円
クロストレック-16.4km/L2,662,000円~
3,289,000円
フォレスター13.6km/L14.0km/L3,069,000円~
3,740,000円
車種ガソリン車ハイブリット車価格帯(10%)
カローラスポーツ17.2km/L27.2km/L2,200,000円~
2,890,000円
カローラクロス16.6km/L26.4km/L2,184,000円~
3,459,000円
RAV415.2km/L20.6km/L2,938,000円~
5,633,000円

ハイブリッドシステム種類について

スプリッド方式

エンジンを発電用と走行用で両方で使用する。基本的には走り出しはモーターで駆動し、ある一定数でエンジンが始動することでエンジン駆動を抑えることで燃費上昇が可能になる。本体価格はガソリンモデルに比べ割高とはなる。

採用メーカー

トヨタ レクサス ホンダ

パラレル方式(マイルドハイブリッド)

常にエンジンは動き、モーターはアシストする形で使われている。基本的にモーター出力が低く、バッテリーも小さい物が採用されている。メリットは燃費上昇させつつ本体価格はそこまでアップとならない。

採用メーカー

マツダ、スバル、日産

シリーズ方式(レンジエクステンダー・各社呼び方がある)

エンジンは発電専用で使われモーターのみで駆動する。電気が不足するとエンジンが発電する。つまり充電いらずの電気自動車(BEV)と言っていい。走った感覚は電気自動車そのもの、電気自動車、特徴的な走りやアクセルペダルのみで加速・減速が可能だったりする。 電気自動車(BEV) から派生させることも可能だ。

採用メーカー

日産 マツダ

【2024年】スバル ハイブリッド車 一覧 車種説明

2024年(令和6年)現在、スバルは、独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載した車種を複数販売。

2024年現在、スバルは以下のハイブリッド車を販売。

インプレッサ

スバルのコンパクトカーであるインプレッサは、2.0Lガソリンエンジンとe-BOXERを組み合わせたモデルが販売されています。燃費はWLTCモードで19.4km/Lとなっています。「インプレッサ」は、クラスを超えた高い安全性能と動的質感を兼ね備えたSUBARUラインナップのスタンダードモデル。第6世代となる新型インプレッサはそれらをしっかりと継承しながらも、最新のSUBARUの技術を多数搭載し、安全性能や動的質感を大幅に進化した。

スペック新型 インプレッサ
全長4,475mm
全幅1,780mm
全高1,450mm
ホイールベース2,670mm
乗車定員5名

エクステリアは、引き締まったスピード感ある鋭いシェイプと、大地を駆けだす力強さを感じさせる張り出したフェンダーによりスポーティさを表現し、インプレッサの個性をより高めました。旧型よりも更に改良された「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」を採用、フルインナーフレーム構造の採用し、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性を向上。人体構造に基づく新たなアプローチで造り上げたシート設計、熟成の電動技術e-BOXERなどを採用。人を中心に考えるSUBARUの技術の粋を結集させ、走行性能を飛躍的に進化。

インテリアは、ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルな仕立てとしました。STARLINK対応の最新SUBARU 共通のインターフェイスである11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを搭載し、Apple CarPlayおよびAndroid Autoのワイヤレス接続に対応。

旧型より多くのグレードで2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」モデルと2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」を採用。FWDとAWDの2つの駆動方式をラインアップ。

スペックe-BOXER
エンジン2.0L 水平対向
4気筒DOHC
直噴エンジン
「FB20型」
+モーターアシスト
「e-BOXER」
最高出力107kW(145ps)/
6,000rpm
最大トルク188Nm(19.2kgm)/
4,000rpm
モーター
最高出力
10kW(13.6ps)
モーター
最大トルク
65Nm(6.6kgm)
トランス
ミッション
リニアトロニック
駆動方式FWD/AWD
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(4.8Ah)
WLTCモード
燃費
16.6km/L
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

スバル 新型「インプレッサ」フルモデルチェンジ 2023年4月20日発売

クロストレック

インプレッサをベースとしたSUVであるクロストレックにも、e-BOXER搭載モデルが用意されています。燃費はWLTCモードで19.3km/Lとなっています。

厚みを感じさせる高いフード位置により、逞しさを表現。さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てた。「フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ」をスバル初採用。上級グレードには、18インチアルミホイールを採用。新色のオフショアブルー・メタリックとオアシスブルーを含む、全9色のエクステリアカラーを設定。

スペック新型 クロストレック
全長4,480mm
全幅1,800mm
全高1,575mm
ホイールベース2,670mm
乗車定員5名

マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザインとしました。センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現するとともに、操作性も向上させました。さらに工夫を凝らした収納も充実させて使い勝手の良さを感じさせるインテリアに仕立てました。上級グレードには、ファブリック(シルバーステッチ)。標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートも設定。

旧型より多くのグレードで2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」モデルと2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」を採用。FWDとAWDの2つの駆動方式をラインアップ。

スペックe-BOXER
エンジン2.0L 水平対向
4気筒DOHC
直噴エンジン
「FB20型」
+モーターアシスト
「e-BOXER」
最高出力107kW(145ps)/
6,000rpm
最大トルク188Nm(19.2kgm)/
4,000rpm
モーター
最高出力
10kW(13.6ps)
モーター
最大トルク
65Nm(6.6kgm)
トランス
ミッション
リニアトロニック
駆動方式FWD/AWD
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(4.8Ah)
WLTCモード
燃費
16.4km/L
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

スバル 新型「クロストレック」 2022年12月1日に価格を正式発表

フォレスター

スバルを代表するSUVであるフォレスターにも、e-BOXER搭載モデルが用意されています。2.0Lガソリンエンジンとe-BOXERの組み合わせです。燃費はWLTCモードで14.0km/Lとなっています。

スペックフォレスター
全長4,640mm
全幅1,815mm
全高1715〜1,730mm
ホイールベース2,670mm
乗車定員5名

改良では、後退時ブレーキアシストの設定を変更し、後退時に障害物を検知した際の警報タイミングを早めることで、さらに安全性能を高めた。内外装は、最上級グレード「STI Sport」に採用しているブラック塗装のシャークフィンアンテナとルーフスポイラーを全グレードに標準装備。上質さを高めるとともにSUVらしいたくましさをより強調した。「X-BREAK」、「Advance」はパワーリヤゲートを標準装備。「X-BREAK」には、運転席&助手席8ウェイパワーシートを標準装備とし、グレードごとにお客様のニーズに合わせた仕様とした。

スペックe-BOXER
エンジン2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン
「FB20型」
+モーターアシスト
「e-BOXER」
最高出力107kW(145PS)/
6,000rpm
最大トルク188Nm(19.2kgm) /
4,000rpm
モーター
最高出力
10kW(13.6ps)
モーター
最大トルク
65Nm(6.6kgm)
トランスミッションCVT(リニアトロニック)
駆動方式AWD
バッテリーリチウムイオンバッテリー
(4.8Ah)
WLTCモード燃費14.0km/L
関連記事

スバル おすすめのポイント

2024年時点で現行モデルとして発売される車種を国土交通省と(独)自動車事故対策機構(NASVA(ナスバ))の自動車安全性能の総合ランキング順に並べてみると自動車安全性能2020において最高得点を獲得「クロストレック・インプレッサ」が最も点数が高くかつファイブスター賞を獲得している。「アイサイト」の性能の高さが出ている。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

【2024年】安全な車ランキング ベスト25 NASVA 最高評価 ファイブスター賞

新世代アイサイト採用 安全装備がトップクラスで充実している

トリプルカメラ(ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)を採用し、性能を向上。新型ステレオカメラユニットは画角を従来型の約2倍と大幅に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識できるようにした。新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現。

車両周囲360°を映し出す「デジタルマルチビューモニター」を採用

他のメーカーでは多く採用されているが、スバル車としては360°が初となる「デジタルマルチビューモニター」を採用。4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す3Dビュー/トップビューを採用、車両周囲の視認性を高めました。また、画面表示には新採用のセンターインフォメーションディスプレイを使用して、従来型のマルチファンクションディスプレイより大きく高精細な画面により、見やすさと使いやすさを向上。

コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」

万一、重大な事故が起こってしまった場合に、一人でも多くの命を救うために。24時間365日コールセンターとつながることで、交通事故やトラブルが発生した際に、確かな安心でサポートするサービス。

SUBARUつながる安心パッケージ(有料) 新車購入の場合、初度登録日から5年間無料

先進事故自動通報(ヘルプネット®)、SUBARU SOSコール、SUBARU iコール(安心ほっとラ

まとめ

スバルの「e-BOXER」は、燃費向上と発進加速のスムーズさを実現したマイルドハイブリッドシステムです。スバル車を購入検討している場合は、ぜひe-BOXER搭載車も検討してみてください。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

【2024年】日本車 HEV(ハイブリッド)車種ラインナップ まとめ

スバル

https://www.subaru.jp/

2024 SUBARU hybrid car models list car model description

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次