MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】安全な車ランキング ベスト40 NASVA 最高評価 ファイブスター賞

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 safe car ranking

今回は2024年令和6年)時点で日本国内で販売されている車で最も安全な車をランキング形式でお伝えします。データは国土交通省と(独)自動車事故対策機構(NASVA(ナスバ))の結果を公表する「自動車アセスメント」を元に作成しました。安全性能において最高評価にあたる「ファイブスター賞」を獲得した35車種をランキング形式でお伝えします。

目次

自動車の安全性能を評価・公表する「自動車アセスメント」

国土交通省と(独)自動車事故対策機構(NASVA)では、ユーザーが安全性の高い自動車を選択しやすい環境を整備するとともに、メーカーに対してより安全な製品の開発を促すため、毎年、販売台数の多い車両を中心に、自動車の安全性能に関する様々な評価試験を行い、結果を公表する「自動車アセスメント(JNCAP)」を実施。

最高評価「ファイブスター賞」について

第三者機関である「(独)自動車事故対策機構(NASVA)」が自動車安全性能に関する評価基準を設け、その基準をクリアした自動車に対して与えられる安全性能評価の最高峰の1つが、ファイブスター賞。自動車の衝突安全性や先進安全装置に対する高い評価を表し、消費者にとっては自動車選びの参考となる重要な指標の1つとなる。

2020年度からは「自動車安全性能2020」と呼ばれ、これらを総合的に評価。2023年1月に最新の「自動車安全性能2022」が発表。衝突安全性能は100点満点、予防安全性能は91点満点(2020年~2021年は82点満点)、事故自動緊急通報装置は8点満点の総合得点199点(2020年~2021年は190点満点)となるが、最高評価「ファイブスター賞」を獲得するには、衝突安全性能および予防安全性能が最高評価のAランクを取得し、事故自動緊急通報装置を備えていることが条件。

海外などでは「欧州新車安全性評価プログラム(Euro NCAP)」や「米国道路安全保険協会(IIHS)」などの自動車安全評価機関が、自動車の衝突安全性や先進安全装置などを評価している。

安全な車ランキング

2024年時点で現行モデルとして発売される車種をNASVAの自動車安全性能の総合ランキング順に並べてみると自動車安全性能2023において最高得点を獲得「クロストレック・インプレッサ」が最も点数が高くかつファイブスター賞を獲得している。「アイサイト」の性能の高さが出ている。しかし、採点基準が違うころの「レヴォーグ」の方が、上位モデルであるため今の基準で点数を出せば高い可能性がある。更に上位はやはり最近発売されたばかりの車種が占めており安全装備の向上が得点に影響しているのがよくわかる。

※注意 こちらのランキングはあくまでも総合得点順です。上記理由により評価年度により総合得点がちがいます。見て頂くときは年代と総得点も考えて頂ければと思います。

順位車名車名評価年度自動車安全性能
総合得点
1位スバルインプレッサ
クロストレック
2023年193.53点 / 197点
2位トヨタクラウン
クロスオーバー
2023年188.39点 / 197点
3位スバルレヴォーグ2020年186.91点 / 190点
4位マツダCX-602023年186.77点 / 197点
5位トヨタヴォクシー2022年186.44点 / 199点
6位スバルソルテラ2022年186.16点 / 199点
7位ホンダZR-V2023年185.41点 / 197点
8位スバルレガシィ
アウトバンク
2021年185.02点 / 190点
9位トヨタシエンタ2022年185.33点 / 199点
10位日産サクラ2022年184.92点 / 199点
11位レクサスRX2023年184.52点 / 197点
12位日産セレナ2023年184.34点 / 197点
13位レクサスNX2023年183.28点 / 197点
14位三菱eKクロス EV2022年182.04点 / 199点
15位トヨタアルファード
ヴェルファイア
2023年181.78点 / 197点
16位ホンダN-BOX2023年181.20点 / 197点
17位トヨタプリウス2023年180.60点 / 197点
18位日産エクストレイル2023年180.34点 / 197点
19位トヨタカローラクロス2022年179.68点 / 199点
20位トヨタハリアー2020年177.68点 / 190点
21位ホンダヴェゼル2021年177.04点 / 190点
22位三菱アウトランダー2021年176.77点 / 190点
23位日産ノート2021年176.73点 / 190点
24位日産ルークス2020年176.54点 / 190点
25位日産デイズ2020年175.72点 / 190点
26位トヨタヤリスクロス2020年175.70点 / 190点
27位ホンダフィット2020年174.40点 / 190点
28位トヨタカローラツーリング2021年173.81点 / 190点
29位トヨタアクア2021年173.79点 / 190点
30位トヨタヤリス2020年173.41点 / 190点
31位日産キックス2021年172.31点 / 190点
32位スズキスペーシア2023年169.75点/197 点
33位三菱eKスペース2021年168.54点 / 190点
34位三菱eKワゴン/eKクロス2020年167.72点 / 190点
35位マツダCX-302021年167.07点 / 190点
36位ダイハツムーヴ キャンバス2022年161.04点 / 199点
37位ダイハツハイゼット カーゴ
アトレー
2022年155.19点 / 199点
38位ホンダN-ONE2021年153.16点 / 190点
39位スズキワゴンRスマイル2022年147.36点/ 199点
40位スズキハスラー2020年146.93点 / 190点

※最新自動車情報調べ

スバル「インプレッサ」 「クロストレック」自動車安全性能2023 最高評獲得

スバル「インプレッサ」「クロストレック」については、自動車安全性能2023 公表第3弾 最高評価「ファイブスター賞」を獲得。総合評価193.53点(197点満点)を獲得。総合評価の得点率で98%を達成した。

次世代 アイサイトを搭載

新世代アイサイトに加えて広角単眼カメラを採用し、高い安全性能を実現。次世代アイサイトへと進化を遂げステレオカメラが日立製からスウェーデンのヴィオニア社製の広角カメラ(従来から解像度は1.2メガピクセルから2.3メガピクセルに向上し、水平画角は2倍弱広い)、従来の後側方レーダー、後部の超音波センサーに加えて、車両前部の左右にミリ波レーダーが搭載。カメラの視野角の拡大は、カメラカバーをフロントガラスに密着させて搭載位置が前進したことが寄与。画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識できるようにした。電動ブレーキブースター(ブレーキ力を高める装置)は電動式になり、プリクラッシュブレーキで、自転車の急な飛び出しなどへの応答性が向上、アイサイトによる反応を向上を果たす。

まとめ

運転者が気を付けて事故を未然に防ぎたいが、人間どうしても注意散漫になるときもあったりするので車が助けてくれるのは心図良い。自分が気を付けていても対向車や歩行者とぶつかる可能性もあるため衝突安全性能も身を守るためには必要である。購入時の参考にしていただければ幸いです。

NASVA

https://www.nasva.go.jp/index.html

2024 safe car ranking

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次