スバル 新型 インプレッサ マイナーチェンジ D型 E-BOXER 搭載 2019年11月発売

subaru_impreza スバル
subaru impreza

スバルは新型インプレッサ SPORT / G4のマイナーチェンジ D型を行い2019年11月に発売する。

今回のマイナーチェンジで「インプレッサ SPORT / G4」にマイルドハイブリッド「E-BOXER」モデルを追加。さらに、現在は「レヴォーグ STI Sport」と「SUBARU BRZ STI SPORT」の2車種のランナップだが待望の第3弾として「インプレッサ SPORT」をランナップする。

新型 インプレッサ SPORT / G4 マイナーチェンジ D型について

マイナーチェンジとなるD型はエクステリアとインテリアのデザイン変更。新色を追加。ツートンカラーもありえる。第3弾として「インプレッサ SPORT」をランナップ。D型から新型SUBARU XV同様に、ハイブリッドモデル(E-BOXER)を追加し「インプレッサ  Advance」を発売する。

新型 インプレッサ Advance(E-BOXER) について

新型 インプレッサに採用された新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)」はガソリンエンジンだけでなくハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)電気自動車(EV)といった、さまざまなパワーユニットにも1つの設計構想で対応できる設計となっている。

Subaru Global Platform

トヨタ製新ユニット(新型プリウスはTHSⅡが搭載されるがハイブリッドシステムも小型化)によるハイブリッドモデルの順次展開は2018年頃からと計画されており、SGPはフル電動化までは想定せずとも、ハイブリッド化を前提としているプラットフォームである。

新型 インプレッサ Sport / G4 マイナーチェンジ D型 スペックについて

スペック 新型インプレッサ スポーツ Advance
全長
(セダン G4)
4,460mm
(4,625mm)
全幅 1,775mm
全高
(セダン G4)
1480mm
(1,455mm)
ホイールベース 2,670mm
モデル e-BOXER ハイブリッド
エンジン 2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力 107kW(145ps)/6,000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgm)/4,000rpm
モーター最高出力 10kW(13.6ps)
モーター最大トルク 65Nm(6.6kgm)
トランスミッション CVT(リニアトロニック)
駆動方式 AWD
バッテリー リチウムイオンバッテリー(4.8Ah)
JC08モード燃費 21.2km/L
WLTCモード燃費 17.0km/L
価格
スペック 新型インプレッサ スポーツ
全長
(セダン G4)
4,460mm
(4,625mm)
全幅 1,775mm
全高
(セダン G4)
1480mm
(1,455mm)
ホイールベース 2,670mm
エンジン 1.6L 水平対向4気筒 DOHC
エンジン
2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン
最高出力 85kW (115PS)/
6,200rpm
113kW (154PS)/
6,000rpm
最大トルク 148N・m (15.1kgf・m)/
3,600rpm
196N・m (20.0kgf・m)/
4,000rpm
トランスミッション AT(リニアトロニック)
駆動方式 AWD
JC08モード燃費 18.2km/L 16.0〜17km/L

新型 インプレッサ SPORT / G4 スバル アイサイトver.3について

ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)ver.3」を全車標準装備 。更に、先進技術で死角を減らしドライバーを支援する「アドバンスドセイフティパッケージ」を装備。スバル初 歩行者保護エアバッグ 全車標準装備。更に「アイサイトツーリングアシスト」を搭載。

プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害を軽減。

アクティブレーンキープ(車線逸脱抑制) 従来60km/h以上でのみ動作したアクティブレーンキープ機能(車線中央維持) を0km/hまで拡張し渋滞でも追従。運転負荷を大幅に軽減。

全車速追従機能付クルーズコントロール 全車速追従機能付クルーズコントロールのセット車速0km/h~約120km/hの広い車速域で先行車に追従走行。(一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応)

後退時自動ブレーキシステム

後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。

後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。

アイサイトツーリングアシスト「後退時自動ブレーキシステム」「全車速追従機能付クルーズコントロール」「全車速車線中央維持」「ボイスアナウンス」を追加。アクセル、ブレーキ制御とステアリング制御を合わせたことでさまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減させることができる。

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ
スバル アイサイトはSUBARUの「運転支援システム」をコンセプトに開発され、Ver.2 Ver.3と進化を果たし、アイサイトツーリングアシストへと進化を果たしている。機能の違いや搭載車種についてまとめてみた。 アイサイト Ver.2 V...

アイサイトセイフティプラスの機能 オプション設定

ハイビームアシスト フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替え。より明るく安全な夜間視界を確保

フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。

スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。

オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。

ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。

システム アイサイトVer.3 
ツーリングアシスト
方式 ステレオカメラ
(CMOS)
プリクラッシュ
セーフティ
◯(50km/h以下)
歩行者衝突回避 ◯(35km/h)
全車速追従機能付
クルーズコントロール

(0km/h〜
約120km/h)
車線中央維持
(0km/h以上)
車線逸脱抑制
(65km/h以上)
停止保持
車間距離 4段階
AT誤発進抑制
AT誤後進抑制
後退時ブレーキ
アシスト
自車のふらつき警報
(60km/h以上)
車線逸脱警報 ◯ 
(40km/h以上)
ハイビーム
アシスト
リアビークル
ディテクション
ボイス
インフォメーション

今後新しい情報が入りたいお伝え致します。

スバル 新型 インプレッサ STI スポーツ 追加 2019年11月発売

subaru ニュースリリース

https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_11_4711/

スバルインプレッサ

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

タイトルとURLをコピーしました