トヨタ 新型 グランエース VS アルファード ヴェルファイア 徹底比較

GRANACE 競合車種比較
GRANACE

トヨタは新型「グランエース」を日本にて2019年11月25日に発売する。トヨタの大型ミニバンである人気車種「アルファード」「ヴェルファイア」どの様な差があるのか徹底比較してみた。

トヨタ 新型 グランエースについて

TNGAに基づく新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化が特徴である。エクステリアは大型バンパーに大型グリルに水平ラインデザインクロームメッキを採用、LEDバイビームヘッドライト、サイドとその下のクロームメッキはフロントの水平ラインデザイン、大型17インチアルミホイール、ダブルL字型LEDテールライトを採用。

GRANACE

GRANACE

高級レザーを仕様に「エグゼクティブパワーシート(キャプテンシート)」を採用した3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。ユーザーの多様なニーズに応じ選択可能。室内長:3,290mm×室内幅1,735mm×室内高1,290mm(8人乗り)となる。USBポート、サンシェード、エグゼクティブパワーシートにシートヒーターを採用する。

GRANACE

エンジンには「1GD-FTV 2.8L ディーゼルターボエンジン」とトランスミッションは6AT(マニュアルモード付き)を採用。サスペンションには新開発「トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション」採用。

安全装備としてSRSエアバッグ、車両安定制御システム(VSC)などに加えて次世代の「Toyota Safety Sense」採用されている。

ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

新型グランエース スペックについて

スペック 新型グランエース
全長 5,300mm
全幅 1,970mm
全高 1,990mm
ホイールベース 3,210mm
エンジン 2.8L 直4 クリーンディーゼル
エンジン 1GD型
最高出力 120kW(163ps)/3,600rpm
最大トルク 420Nm/1,600-2,200rpm
トランスミッション 6AT
駆動方式 2WD(FR)

新型グランエースの情報はこちら

トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本 2019年11月25日発売

トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本2019年11月25日発売
トヨタは3列6人乗り 4列8人乗りのワゴン車、新型「グランエース」を日本にて2019年11月25日に発売する。各ディーラーでの注文開始は2019年11月1日からである。 価格:620万円〜650万円 新型「グランエース」を「東京モーター...

トヨタ 新型 グランエース 実車 大きさやデザインはどうなのか?

トヨタ 新型 グランエース 実車 大きさやデザインはどうなのか?
トヨタは新型「グランエース」を2019年11月25日に発売する。東京モーターショー2019にて2019年10月23日から11月4日まで「青海エリア(東京ビックサイト青海展示棟)」に新型「グランエース」世界初公開し実車を展示。 新型 グラン...

トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイアについて

開発テーマは「大空間高級サルーン」で、「ミニバン」としてではなく一つの「高級車」として磨き上げ、開発された。外観はフロントデザインにロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルを採用し、リアデザインはリアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせて立体的なU字型の構成としてワイド感とアンダーボディの力強さを強調するデザインとなった。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。インテリアの質感をアップさせ、木目調パネルのデザインを変更、合成皮革、本革素材を変更。左右独立リアシートを採用。デジタルインナーミラーを採用。ハイブリッドグレードは電動両側スライドドア標準装備。

衝突回避支援パッケージの第2世代となる次世代 Toyota Safety Sense Pを標準装備。

エアロ仕様としてゆとりのあるセカンドシートを備える最上級グレードアルファード「Executive Lounge S」ヴェルファイア「Executive Lounge Z」をに設定。専用インテリアとして、「ブラック&ホワイト」の内装色を採用。

アルファード

アルファード

新型アルファード/ヴェルファイアのスペックについて

スペック 新型アルファード/ヴェルファイア
全長 4,945mm(4,950mm)
全幅 1,850mm
全高 1,930mm 1,950mm
ホイールベース 3,000mm
排気量 2.5L 3.5L 2.5L+ハイブリッド
エンジン形式 直4DOHC 直4 DOHC (D4-S) 直4DOHC+モーター
最大出力 134kW (182PS)/
6,000rpm
221kW(301ps)/
6,600rpm
112kW (152PS)/
5,700rpm
最大トルク 235Nm (24.0kgm)/
4,100rpm
361Nm(36.8kgm)/
4,600〜4,700rpm
206Nm (21.0kgm)/
4,400-4,800rpm
モーター
最高出力
フロント105kW (143PS)
リヤ50kW (68PS)
モーター
最大トルク
フロント270Nm (27.5kgm)
リヤ139N・m (14.2kgm)
トランス
ミッション
CVT 8AT 電気式
無段階変速機
JC08モード燃費 12.8km/L 10.6〜10.8km/L 18.4〜19.4km/L
価格 335万4,480円~
417万円
390万5,280円~
737万7,360円
436万3,200円〜
750万8,160円

アルファード/ヴェルファイアの情報はこちらへ

トヨタ 新型 アルファード /ヴェルファイア マイナーチェンジ 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense P 全車標準搭載 2018年1月8日発売開始

トヨタ 新型 アルファード /ヴェルファイア マイナーチェンジ 第2世代の次世代 Toyota Safety Sense P 全車標準搭載 2018年1月8日発売開始
トヨタは新型アルファード /ヴェルファイアのマイナーチェンジを行い2017年12月25日に発表、2018年1月8日発売開始した。 モデリスタは新型アルファード /ヴェルファイア 用 モデリスタカスタムアイテムを発売。 トヨタテクノクラフ...

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 インテリジェントクリアランスソナー 全車に標準装備2018年10月25日発売

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 インテリジェントクリアランスソナー 全車に標準装備2018年10月25日発売
トヨタは新型アルファード /ヴェルファイアのマイナーチェンジ (一部改良)を行い2018年10月25日に発表発売開始した。 価格:337万6080円~750万2760円 現在、アルファード/ヴェルファイアの受注をストップ11月の一部改良...

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月発売

トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア 一部改良 2019年12月発売
トヨタは新型「アルファード/ヴェルファイア」の一部改良を行い2019年12月に発売する。新型アルファードは全国のトヨタ店、トヨペット店、新型ヴェルファイアは全国のカローラ店、ネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京株式会社では両車両を取り扱う...

トヨタ 新型 アルファード ヴェルファイア ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ? 徹底比較!

トヨタ 新型 アルファード ヴェルファイア ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ? 徹底比較!
トヨタは現行モデル「アルファード」「ヴェルファイア」は3代目で2015年1月26日に約6年半ぶりのフルモデルチェンジを行う。マイナーチェンジを2017年12月25日に発表、2018年1月8日発売開始した。その後一部改良を行い2018年10月...

新型アルファードと新型グランエース ボディサイズ比較

サイズ 新型アルファード 新型グランエース
全長 4,945mm 5,300mm
全幅 1,850mm 1,970mm
全高 1,930mm 1,990mm
ホイールベース 3,000mm 3,210mm
最低地上高 165mm 175mm
駆動方式 2WD(FF)
4WD
2WD(FR)
最小回転半径 5.6m
5.8m
5.5m
乗車定員 7名・8名 6名・8名

「グランエース」はなんと全長5,300mmと5m越えと全幅も1,970mmと2m近いサイズとなるが駆動方式をFRとしたことで最小回転半径5.5mとし「アルファード」とそれ程変わらない取り回しが可能だ。

しかし、サイズ的には日本の道路では厳しい場所も出てくるだろう。

新型アルファードと新型グランエース インテリア比較

運転席 助手席 

GRANACE

グランエース

インストルメントパネルやセンターコンソール、メーター、ダッシュボードなどは「アルファード」「ヴェルファイア」の方が高級感がある印象だ。

alphard

アルファード/ヴェルファイア

後部座席

GRANACE

グランエース

後部座席はどちらも「エグゼクティブパワーシート(キャプテンシート)」を採用。(アルファード/ヴェルファイアはグレードによる。)

alphard

アルファード/ヴェルファイア

グランエースはどのタイプでも「エグゼクティブパワーシート」を採用しているのが特徴。更に3列6人乗りは2列目、3列目の後部座席全てに「エグゼクティブパワーシート」を採用。4列8人乗りのタイプは2列目に「エグゼクティブパワーシート」を採用しており後部座席にこだわる人はグランエースをおすすめする。

新型アルファードと新型グランエース エンジン比較

スペック 新型アルファード/ヴェルファイア 新型グランエース
排気量 2.5L ガソリン 3.5L ガソリン 2.8L ディーゼル
エンジン形式 直4DOHC V6 DOHC 直4 DOHC
最大出力 134kW(182ps)/
6,000rpm
221kW(301ps)/
6,600rpm
120kW(163ps)/
3,600rpm
最大トルク 235Nm(24.0kgm)/
4,100rpm
361Nm(36.8kgm)/
4,600〜4,700rpm
420Nm/
1,600-2,200rpm
ミッション CVT 8AT 6AT
JC08モード燃費 12.8km/L 10.6〜10.8km/L
価格 335万4,480円~
417万円
390万5,280円~
737万7,360円
620万円~
650万円

「アルファード/ヴェルファイア」と「グランエース」のエンジンは全く違うエンジンを採用している。

「グランエース」の場合には「2.8L 直4 クリーンディーゼルエンジン 1GD型」を採用しておりトルクのはる走りを楽しめる。

「アルファード/ヴェルファイア」の場合には「2.5L ガソリン」「3.5L ガソリン」「2.5L+ハイブリッド」の3種類から選択が可能で燃費を気にする人は「2.5L+ハイブリッド」をおすすめするがその分、車体価格も高く設定されているため一概にお得とは言えない。「2.8L 直4 クリーンディーゼル」はディーゼル燃料を使用するため維持費はガソリン車に比べ安く済ませることができるだろう。

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019