MENU

トヨタ ライズ「後悔」と言われる理由は?「ダメ」何故言われる?ネガティブな声の真相に迫る!

raize

トヨタのライズは、コンパクトSUVとして手頃な価格で、人気を集めていますが、購入後に後悔する声も少なからず存在します。一方で「後悔」「ダメ」といったネガティブな声も耳にすることがあります。この記事では、これらの意見の真相に迫り、購入前に知っておくべきポイントを詳しく解説します。

目次

トヨタ ライズの評判は本当に「後悔」「ダメ」?

トヨタ ライズのクチコミと評価を徹底解説

2024年6月現在、トヨタ ライズと調べると「トヨタ ライズ 後悔」と多く検索されている様子です。ライズの評判は、SNSや自動車メディア、口コミサイトなど、様々な場所で賛否両論が見られます。

カーセンサー トヨタ ライズ 口コミ

カービュー トヨタ ライズ ハイブリッド 口コミ

カービュー トヨタ ライズ 口コミ

トヨタ ライズを購入して後悔する5つの理由と対策方法

トヨタ ライズは、コンパクトSUVとして人気を集めていますが、購入後に後悔する声も少なからず存在します。ここでは、後悔の理由としてよく挙げられる5つのポイントと、その対策方法について解説します。

  1. 燃費性能の悪さ: カタログ燃費と実燃費の乖離が大きく、特に街乗りでの燃費が悪いため、ガソリン代がかさむと感じる人が多いようです。
    • 対策: エコ運転を心がける、ハイブリッドモデルを選ぶなど、燃費向上に努めましょう。
  2. 走行性能の物足りなさ: 発進時や加速時のパワー不足、高速道路での安定性の低さなどが指摘されています。
    • 対策: ターボモデル・ハイブリッドモデルを選ぶ、アクセルワークを工夫するなど、状況に応じた運転を心がけましょう。
  3. 後部座席の狭さ: 足元空間や頭上空間が狭く、長時間の乗車は窮屈に感じるかもしれません。
    • 対策: 購入前に試乗して、後部座席の広さを確認しましょう。
  4. 内装の質感の低さ: プラスチック感が強く、安っぽいと感じる人が多いようです。
    • 対策: シートカバーやインテリアパネルなどで、内装を自分好みにカスタマイズしましょう。
  5. 価格の高さ: 装備内容を考えると、割高に感じる人もいるようです。
    • 対策: 必要な装備を厳選し、オプションを最小限に抑えましょう。中古車も検討してみる価値があります。

トヨタ ライズの後悔ポイントとは?

トヨタ ライズを購入した後に後悔するポイントとしては、以下の点が挙げられます。

後部座席のスペースと快適性

トヨタ ライズはコンパクトSUVとしての機能を持ちますが、後部座席のスペースが狭く感じることがあります。特に、長時間のドライブや家族での使用を考える場合、後部座席の快適性に不満を感じるユーザーも多いです。購入前には実際に後部座席に座ってみて、快適性を確認することが大切です。ライズの後部座席は、足元空間や頭上空間が狭く、特に大人にとっては窮屈に感じるかもしれません。

燃費やエンジン性能に対する不満

ライズの燃費性能はカタログスペック上では優れていますが、実際の走行環境では期待通りの燃費が出ないことがあります。特に、市街地走行が多い場合やエアコンを頻繁に使用する場合、燃費が悪化することがあります。また、エンジン性能についても、加速が鈍いと感じるユーザーがいるため、試乗を通じて実際の性能を確認することが重要です。

ライズの燃費は、カタログ燃費と実燃費の乖離が大きく、不満を感じる人もいます。また、エンジン性能についても、パワー不足を指摘する声があります。

電動パーキングブレーキに対する不満

上級グレードに採用されている、電動パーキングブレーキの制御が悪いと不満が出ていました。、発売後にリコールも出ていたため、改善している可能性も高いです。

トヨタ ライズのデザインはダサい?購入者の評価とは

ライズのデザインは、SUVらしい力強さを表現しつつ、都会的なスタイリッシュさも兼ね備えています。しかし、「ダサい」という意見も一定数存在します。

  • 否定的な意見:
    • フロントマスクがゴツすぎる
    • 全体的に角張っていて、洗練されていない
    • 他のコンパクトSUVと比べて個性が強すぎる
  • 肯定的な意見:
    • 個性的で良い
    • SUVらしい力強さが感じられる
    • シンプルで飽きのこないデザイン

デザインの評価は主観的な要素が強いため、実際に見て判断することが大切です。

デザインに対する賛否両論

ライズのデザインは、SUVらしい力強さを表現しつつ、都会的なスタイリッシュさも兼ね備えています。しかし、そのデザインには賛否両論あり、「ゴツすぎる」「他のコンパクトSUVと比べて奇抜」といった意見も聞かれます。一方、「個性的で良い」「存在感があって好き」という肯定的な意見も多く、デザインの評価は人によって大きく分かれます。

内装の質感に対する不満の声

ライズの内装は、シンプルで機能的ですが、一部では「プラスチッキーで安っぽい」という声も聞かれます。特に、インパネ周りの素材やデザインがチープだと感じる人が多いようです。また、シートの素材や形状についても、長時間のドライブで疲れやすいという意見もあります。

走行性能に対する不満の声

ライズは、1.0Lターボエンジンを搭載しており、街乗りでは十分なパワーを発揮します。しかし、高速道路や坂道では、パワー不足を感じるという意見も少なくありません。また、サスペンションが硬めに設定されているため、乗り心地が悪いと感じる人もいます。特に、後部座席の乗り心地については、不満の声が多く聞かれます。

燃費性能に対する不満の声

スペック新型ライズ
ハイブリッド
新型ライズ
全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,525mm
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
1.2L 直列3気筒
エンジン
1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
64kW(87ps)/
6,000rpm
72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
113Nm(11.5kgfm)/
4,500rpm
140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
モーター
最高出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
CVTCVT
駆動方式2WD2WD4WD
最小回転半径4.9~5.0m
タイヤサイズ195/60R17
WLCTモード燃費28.0km/L20.7km/L(2WD)17.4km/L(4WD)
JC08モード燃費34.8km/L23.6-24.6km/L(2WD)21.2km/L(4WD)

ライズは、1.0Lターボエンジンを搭載しており、WLTCモード17.4km/Lですが、実燃費いは約11km/L前後の様子です。

ライズハイブリッドは燃費性能は、WLTCモードで28.0km/Lとされています。しかし、実燃費は20~18km/L前後という声が多く、カタログ燃費との差に不満を感じる人もいます。

価格に対する不満の声

ライズは、コンパクトSUVの中では比較的リーズナブルな価格設定ですが、一部では「装備や性能を考えると割高」という意見も聞かれます。特に、安全装備や快適装備を充実させると、価格が大幅に上がってしまうことが不満の要因となっているようです。

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X1.2L 直列3気筒
エンジン
CVT2WD1,707,000円
G1,857,000円
Z2,039,000円
X1.0L 直3気筒
ターボエンジン
CVT4WD1,984,800円
G2,133,700円
Z2,299,200円
G1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
e-SMART
HYBRID
システム
2WD2,163000円
Z2,328,000円

競合車種との比較による印象

トヨタ ライズやヤリスクロス、ホンダ ヴェゼルなど、競合車種と比較すると、ライズのデザインは、より個性的で力強い印象を与えます。そのため、シンプルで洗練されたデザインを好む人には、受け入れられにくいのかもしれません。

後悔しないためのライズ選び

ライズの購入を検討している方は、以下の点に注意して選ぶことをおすすめします。

  • デザイン: ライズのデザインは好みが分かれるため、実車を見て、自分の目で確かめることが大切です。
  • 内装: 内装の質感やシートの座り心地を確認し、長時間のドライブでも快適に過ごせるかチェックしましょう。
  • 走行性能: 試乗して、加速や乗り心地を実際に体験してみましょう。高速道路や坂道での走行も試してみることをおすすめします。
  • 燃費性能: カタログ燃費だけでなく、実燃費も考慮して選びましょう。
  • 価格: 予算と必要な装備を考慮して、最適なグレードを選びましょう。

新型トヨタ ライズの進化ポイント

新型ライズは、2021年11月にマイナーチェンジが行われ、以下の点が進化しました。

新型モデルの主な変更点と追加機能

  • デザイン: フロントグリルやバンパーのデザインを変更し、より洗練された印象に。
  • 安全装備: 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールや、レーンキープコントロールなどを標準装備化。
  • 快適装備: 電動パーキングブレーキやオートホールド機能などを採用。

新型ハイブリッド車の特徴と利点

新型トヨタ ライズにはハイブリッドモデルが導入されており、燃費性能が大幅に向上しています。ハイブリッド車の特徴として、静粛性や加速性能が向上し、エコドライブが可能です。これにより、長距離ドライブや市街地走行においても快適に運転することができます。新型ライズには、ハイブリッドモデル「e-SMART HYBRID」 システムは新開発の「1.2L 直3気筒 エンジン(WA-VEX)+モーター」が追加されました。小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム。WLCTモード燃費28.0km/L(2WD)と驚異的な燃費ります。

先進装備や運転支援システムの評価

新型ライズは、「スマートアシストⅢ」は2つのカメラを装備しています。更に「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車です。先進安全装備や運転支援システムが充実しており、安全性能が高く評価されています。

電動パーキングブレーキの仕様

最上位グレード「Z」とハイブリッド車に 「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」 を装備。上位グレード以外はレバーを手で引くサイドブレーキです。ACC(アダクティブクルーズコントロール)に必要な、自動で停止して保持する機能を手動のサイドブレーキには持たせられないため、できれば上位グレードを選択した方が快適だと思います。

トヨタ ライズのガソリン車とハイブリッド車の違い

ライズには、ガソリン車とハイブリッド車の2種類があります。

燃費性能と走行性能の比較

トヨタ ライズのガソリン車とハイブリッド車を比較すると、燃費性能に大きな違いがあります。ハイブリッド車は、燃費が良く、長距離ドライブでも経済的です。一方、ガソリン車はエンジンのパワーがあり、スポーティな走行が楽しめます。自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。ハイブリッド車は、ガソリン車よりも燃費性能が優れています。一方、走行性能は、ガソリン車の方がパワフルです。

それぞれの選択肢のメリット・デメリット

ガソリン車のメリットは、価格が比較的安価であることや、メンテナンスが簡単であることです。しかし、燃費性能はハイブリッド車に劣ります。ハイブリッド車のメリットは、燃費性能が優れていることや、エコドライブが可能な点です。ただし、初期費用が高くなることや、バッテリーのメンテナンスが必要となる点がデメリットです。

  • ガソリン車: 価格が安く、パワフルな走りが楽しめるが、燃費が悪い。
  • ハイブリッド車: 燃費が良く、環境性能に優れているが、価格が高い。

ユーザーからの評判と評価

ユーザーからの評判を見ると、ガソリン車は走行性能が高く評価されています。一方、ハイブリッド車は燃費性能や静粛性が高く評価されています。自分の優先するポイントに応じて、どちらのモデルが自分に合っているかを判断することが大切です。ガソリン車は、価格の安さや走行性能を評価する声が多いです。ハイブリッド車は、燃費の良さや静粛性を評価する声が多いです。

まとめ

ライズは、デザインや走行性能、価格など、様々な面で賛否両論のある車です。購入を検討している方は、ネガティブな意見だけでなく、ポジティブな意見も参考にしながら、総合的に判断することが大切です。

試乗や実車確認をしっかりと行い、自分のライフスタイルや好みに合った車選びをすることで、ライズとのカーライフを満喫できるでしょう。

トヨタ ライズのインパネ周りの質感に不満を持つ人が多い理由は?

トヨタ ライズのインパネ周りは、コスト削減のためか、プラスチック素材が多く使用されています。このため、高級感や質感が低いと感じる人が多いようです。また、デザインもシンプルで、面白みに欠けると感じる人もいるかもしれません。

トヨタ ライズの後席の狭さが問題視される理由は?

ライズはコンパクトSUVということもあり、後席のスペースが限られています。特に足元空間が狭く、長時間の乗車では窮屈に感じるかもしれません。また、頭上空間も十分とは言えず、身長の高い人は圧迫感を感じる可能性があります。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキースペース ボディサイズ大型化で3列シート7人乗りSUV 2025年発売 ダイハツは「ロッキー」をベースにした、新モデル「ロッキースペース」を2025年に発売する予定です。この新モデルは、ボディサイズが大型化され、3列シート7人乗りが可...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズスペース ボディサイズ大型化で3列シート7人乗りSUV 2025年発売 トヨタは、クロスオーバーSUV「ライズ」をベースにした新モデル「ライズスペース」を2025年に発売すると予想されています。この新モデルはボディサイズが大型化され、3...
raize

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次