トヨタ

トヨタ 新型 RAV4 おすすめグレードは?装備は?

RAV4

2019年4月10日に発売を開始した新型「RAV4」。そこで購入時に1番悩むのがグレードと装備であるがまとめてみた。

新型RAV4絶対に付けておきたいディーラーオプション

「X」/「HYBRID X」と「Adventure」を選択する場合には注意が必要で「インテリジェントクリアランスソナー 」「リアクロストラフィックアラートブレーキ+ブラインドスポットモニター」が付いていない。最大の落とし穴は購入後に装着ができないオプションである。

  • インテリジェントクリアランスソナー (28,080円)
  • リアクロストラフィックアラートブレーキ+ブラインドスポットモニター(66,960円)

新型 RAV4グレードについて

グレードは以下の通りとなりそうだ。「X」「HYBRID X」のみ2WDが選択可能である。

RAV4ハイブリッドモデル グレード

モデル駆動方式価格
HYBRID X2WD3,222,000円
E-Four(4WD)3,450,600円
HYBRID GE-Four(4WD)3,817,800円
スクロールできます

RAX4ガソリンモデル グレード

モデル駆動方式価格
X2WD2,608,200円
4WD2,835,000円
Adventure4WD3,137,400円
G4WD3,202,200円
GZ package4WD3,348,000円

新型 RAV4 オススメグレードは?

結論から言うとグレード「G」がオススメ!Xとの差額594,000円であり少し価格差を感じてしまう方も多いだろう。しかし、上記で説明した、「インテリジェントクリアランスソナー 」「リアクロストラフィックアラートブレーキ+ブラインドスポットモニター」や「18インチタイヤ&アルミホイール」「パワーバックドア」「本革巻きステアリングホイール」「ステアリングヒーター」「本革巻きシフトノブ」「7.0インチカラーマルチインフォメーションディスプレイ」「ポジションメモリー付き運転席8WAYパワーシート+電動ランバーサポート」「合成皮革シート表皮」などなど、多くの部分でエクステリアやインテリアでXグレードと装備の違いがある。もちろん、基本的な装備しか求めていない人にはいらない機能もあるかもしれないが、見た目も内装による質感も代わり後から後悔するぐらいの装備の違いであることは間違えない。ちなみに更に上の「GZ package」は「G」との差額145,800円は決して悪くない。「19インチタイヤ&アルミホイール」「キック式パワーバックドア」「ダウンヒルアシストコントロール」「ダイナミックトルクベクタリングAWD」「デジタルインナーミラー」などアウトドアを本気で楽しみたい人向けの装備を多数装備「悪条件な道路走行がないよ。多くの荷物を積まないよ。」と言った方には「G」までで十分だ。

トヨタ 新型 RAV4 ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ?

トヨタ 新型 RAV4 ボディカラー オススメは?

トヨタ RAV4 VS トヨタ ハリアー 徹底比較

トヨタ 新型 RAV4 VS エクストレイル VS フォレスター VS CR-V 他社 SUV 徹底比較

新型 RAV4について

トヨタ 新型 RAV4 2019年4月10日発売 日本仕様の価格やデザインまとめ

トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ日本復活 5代目 2019年4月10日発売

トヨタ RAV4

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

トヨタ

https://toyota.jp/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トヨタ
-, , ,

© 2021 最新自動車情報