MENU

新型ヴェゼルが「ひどい」「後悔」何故言われる?ネガティブな声の真相に迫る!

new-vezel-is-terrible-and-regrettable

新型ヴェゼルは、ホンダが誇るコンパクトSUVとして、特に人気の高いモデルです。しかし、一部ネットでは「ひどい」という声も聞かれます。しかし、この評価は本当に正当なのでしょうか?この記事では、新型ヴェゼルの評判や性能、デザイン、価格など、様々な側面からその真実を徹底的に検証し、購入を検討している方にとって役立つ情報を提供します。

目次

新型ヴェゼルの評判は本当に「ひどい」?

新型ヴェゼルのクチコミと評価を徹底解説

2024年6月現在、新型 ヴェゼルと調べると「ひどい」「後悔」と多く検索されている様子です。

新型ヴェゼルの評判は、SNSや自動車メディア、口コミサイトなど、様々な場所で賛否両論が見られます。肯定的な意見としては、スタイリッシュなデザイン、広々とした室内空間、優れた燃費性能などが挙げられます。一方、否定的な意見としては、乗り心地の悪さ、価格の高さなどが指摘されています。

新型ヴェゼルの何が酷いんですか? carview

ユーザーの口コミから見る新型ヴェゼルの良い点と悪い点

ユーザーの口コミから見ると、新型ヴェゼルの良い点として、デザインの美しさ、内装の高級感、安全装備の充実などが挙げられます。一方、悪い点としては、燃費が期待よりも悪い、乗り心地の悪さ、エンジンのパワーが不足していると感じる声が少なからずあります。

乗り心地についてはホンダというメーカーはスポーツよりにセッティングしているためトヨタよりも硬めの印象はあり、その差で乗り心地が悪いと感じる人もいるかもしれません

良い点

  • 洗練されたデザイン
  • 広々とした室内空間
  • 優れた燃費性能
  • 先進安全装備の充実

悪い点

  • 価格の高さ
  • 一部グレードでの乗り心地の悪さ
  • 内装の質感
  • 視界が悪い
  • パワー不足
  • 過去リコールが多かった

見かけと実際の評価のギャップ、新型ヴェゼルは買うべきか?

新型ヴェゼルは、見かけの良さや先進的な機能に惹かれて購入する人が多い一方で、実際に使用してみると、足回りの硬さなどによる乗り心地面で、不満を感じる人もいるようです。

しかし、スタイリッシュなデザインや優れた燃費性能、先進安全装備の充実など、魅力的な点もたくさんあります。購入を検討する際は、自身のライフスタイルや求める機能を考慮し、試乗などで実際の使い勝手も確認することが大切です。

新型ヴェゼルの性能と機能性をチェック

新型ヴェゼルは多くの機能と性能を持ち合わせていますが、その実力はどうでしょうか?

新型ヴェゼルの燃費性能と実際の燃費

新型ヴェゼルは、ハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しており、WLTCモード燃費は24.8km/L(2WD)(実燃費 約20~17km/L)と、優れた燃費性能を誇ります。しかし、実際の燃費は、運転状況や道路環境によって大きく異なります。実際の使用状況ではその数値に満足していないユーザーもいます。一般的には、カタログ燃費よりも低い数値になることが多いですが、それでも十分に優れた燃費性能と言えるでしょう。

安全装備と機能の充実度

新型ヴェゼルは、非常に充実しています。最新の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備しており、衝突軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システムなど、様々な機能を搭載しています。これらの機能は、安全運転をサポートし、事故のリスクを低減する効果が期待できます。

ホンダ新型ヴェゼルの性能と乗り心地

新型ヴェゼルは、1.5Lガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しており、力強い加速と滑らかな走りを実現しています。また、今回、2024年4月のマイナーチェンジにより、サスペンションの改良により、乗り心地も向上しています。ただし、マイナーチェンジ前は、一部グレードでは、路面からの振動が伝わりやすいという声も聞かれます。

デザインと外観の魅力

新型ヴェゼルの外観デザインの特徴

新型ヴェゼルは、クーペのような流麗なフォルムとSUVらしい力強さを融合させたデザインが特徴です。シャープでモダンなラインとエッジの効いたフォルムは、スタイリッシュで力強さを感じさせます。フロントマスクにはシャープなヘッドライトと大型グリルが採用されており、その存在感が一際目を引きます。

内装とカラーの選択肢

新型ヴェゼルの内装は、シンプルながらも上質な空間が広がっています。シートは、座り心地が良く、長時間のドライブでも疲れにくいと好評です。また、多彩なカラーバリエーションが用意されており、自分好みの1台を選ぶことができます。

クラストップ 見かけとは異なる実用性

新型ヴェゼルは、スタイリッシュなデザインでありながら、実用性も兼ね備えています。後部座席は、足元空間が広く、大人でも快適に座ることができます。また、センタータンクレイアウト」を採用しており、後部座席を跳ね上げできたり、後部座席を倒せば荷室とフラットにできるなど荷室は、多彩なアレンジが可能で、大きな荷物も積み込むことができます。

売れ行きと市場での評価

新型ヴェゼルの売れ行きと人気ランキング

新型ヴェゼルは、発売以来、好調な売れ行きを記録しており、コンパクトSUV市場で人気ランキングの上位に位置しています。特に、ハイブリッドモデル「e:HEV」の人気が高く、多くの人に選ばれています。

年月販売台数全体の順位
2024年1月7,458台6位
2024年2月7,520台6位
2024年3月8,855台8位
2024年4月7,752台4位
2024年5月5,717台6位
ヴェゼル登録台数 出典:日本自動車販売協会連合会

現行モデルの市場評価と貧乏人の噂

市場評価は概ね高いものの、一部では、「貧乏人の車」という不名誉なレッテルを貼られることもあります。しかし、実際にはコストパフォーマンスに優れ、多くの人々に手頃な価格で高品質な車を提供しています。

中古車市場での評価と価格変動

新型ヴェゼルの中古車価格は、グレードや年式、走行距離などによって異なりますが、比較的安定しています。人気車種であるため、中古車市場でも需要が高く、高値で取引される傾向があります。

新型ヴェゼルの価格とコストパフォーマンス

新型ヴェゼルの価格とオプション装備

新型ヴェゼルの価格は、グレードやオプション装備によって異なります。エントリーモデルは2,648,800円から、最上級グレードは3,776,300円となっています。オプション装備としては、ナビゲーションシステムやETC車載器、ドライブレコーダーなどがあります。

グレードエンジントランス
ミッション
2WD
(10%)
4WD
(10%)
G1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴
CVT2,648,800円
e:HEV X1.5L 直列4気筒
DOHC 直噴+
新型i-MMD
(e:HEV)
電気式
無段階
変速機
2,888,600円3,108,600円
e:HEV Z3,198,800円3,418,800円
e:HEV X
HUNT Package
2,998,600円3,218,600円
e:HEV Z
PLaY Package
3,556,300円3,776,300円

一方、ヴェゼルのスタート価格2,648,800円からであるが、ライバル車種のヤリスクロスはスタート価格1,907,000円からと装備に違いがあるものの、大きくく価格差が出ており、はじめに比較した場合に他社が気になってしまうかもしれません。

あわせて読みたい
ホンダ 新型「ヴェゼル」 VS トヨタ 新型「ヤリスクロス」 2024年モデル 徹底比較 ホンダは2代目として「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売した。そして丸3年となる2024年4月26日にマイナーチェンジを行い発売する。...

コストパフォーマンスは良いか?

新型ヴェゼルのコストパフォーマンスは、人によって評価が分かれます。スタイリッシュなデザインや優れた燃費性能(24.8km/L(2WD))、先進安全装備の充実などを考慮すると、価格に見合った価値があるという意見もあります。

スペックヴェゼル
e:HEV
ヴェゼル
全長4,340mm4,340mm
全幅1,790mm1,790mm
全高1,590mm1,590mm
ホイール
ベース
2,610mm2,610mm
エンジン1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD
(e:HEV)
1.5L直4直噴DOHC
エンジン
最高出力72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
96kW (131PS)/
6,600rpm
最大トルク127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVT
WLTCモード
燃費
24.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD

維持費と諸費用について

新型ヴェゼルの維持費は、自動車税や自動車重量税、自賠責保険、任意保険、ガソリン代、メンテナンス費用など、様々な費用がかかります。年間の維持費は、車種やグレード、走行距離、地域などによって異なりますが、概算で30万円~50万円程度が目安となります。

新型ヴェゼルの納期と購入計画

納期と購入計画のタイムライン

新型ヴェゼルの納期は、グレードやオプション装備、販売店の状況などによって異なりますが、一般的には1ヶ月~2ヶ月程度かかることが多いです。購入を検討する際は、事前に販売店に納期を確認し、余裕を持った計画を立てることをおすすめします。

あわせて読みたい
【2024年4月】新型「ヴェゼル」納期情報 納車まではどれぐらいなのか 今回は2024年4月現在の新型「ヴェゼル」の納期について調べました。納期がいつになるのか?気になる人が多いのではないでしょうか。購入を検討されている方はタイミング...

新車と中古車の検討ポイント

新型ヴェゼルを購入する際は、新車と中古車のどちらを選ぶか検討する必要があります。新車は、最新の機能や装備を搭載しており、保証も充実していますが、価格が高いというデメリットがあります。中古車は、価格が安いというメリットがありますが、車両の状態や保証内容などをしっかりと確認する必要があります。

競合車種との比較

CX-3との性能比較

新型ヴェゼルとマツダCX-3を比較すると、CX-3の方がスポーティな走りを楽しむことができます。一方、新型ヴェゼルは、CX-3よりも室内空間が広く、実用性が高いというメリットがあります。

SUV市場での特徴と評価

新型ヴェゼルは、コンパクトSUV市場において、スタイリッシュなデザインや優れた燃費性能、先進安全装備の充実などが高く評価されています。

他のハイブリッドシステム搭載車との比較

新型ヴェゼルに搭載されているハイブリッドシステム「e:HEV」は、トヨタのヤリスクロスが採用しているハイブリッドシステム「THS II」と比較して、モーター走行の割合が高く、EVのような静かで滑らかな走りを楽しむことができます。

新型ヴェゼルのリコール 不具合と対応策

ユーザー報告の不具合と改善点

新型ヴェゼルでは、一部のユーザーから、ナビゲーションシステムの不具合や、エンジンからの異音などの報告が寄せられています。これらの不具合については、ホンダが対策を講じており、改善が進んでいます。

リコール 内容 メーカー対応とアフターサービス

ホンダは、新型ヴェゼルの不具合に対して、積極的に対応しています。

エンジンの制御システムやブレーキシステムに問題が見つかり、これらの不具合に対応するためのリコールが行われました。

新型ヴェゼルの搭載システムと機能

ハイブリッドシステムの詳細と性能

新型ヴェゼルに搭載されているハイブリッドシステム「e:HEV」は、1.5Lガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたもので、力強い加速と優れた燃費性能を両立しています。発進時や低速走行時はモーターのみで走行し、加速時や高速走行時はエンジンが加勢する仕組みです。これにより、静かでスムーズな走りを実現するとともに、WLTCモード燃費24.8km/L(2WD)という優れた燃費性能を達成しています。

先進的な自動車技術と装備

新型ヴェゼルには、e:HEV以外にも、様々な先進的な自動車技術が搭載されています。例えば、アダプティブドライビングビームは、対向車や先行車を検知して、ハイビームの照射範囲を自動的に調整する機能です。これにより、夜間の視認性を高めるとともに、対向車への眩惑を防ぎます。

システム 装備新型ヴェゼル
CMBS
(昼・夜間歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
近距離衝突ブレーキ
歩行者事故低減
ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
(渋滞追従機能付)
LKAS
先行車発進
お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチック
ハイビーム
ブラインドスポット
インフォメーション
パーキングセンサー
システム
後退出庫サポート
マルチビュー
カメラシステム
アダプティブ
ドライビングビーム
急アクセル
抑制機能
トラフィック
ジャムアシスト

また、センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能です。

まとめ

新型ヴェゼルが「ひどい」と言われるのは、一部のユーザーの意見に過ぎません。多くのユーザーはそのデザイン性、性能、安全性に満足しており、高い評価を与えています。新型ヴェゼルの購入を検討する際には、自分のニーズや期待に基づいて、総合的に評価することが重要です。最新のハイブリッドシステムや充実した安全装備、優れたデザイン性など、多くの魅力を持つ新型ヴェゼルは、現代のSUV市場において非常に競争力のある選択肢と言えるでしょう。

新型ヴェゼルのデザインに賛否が分かれる理由は?

新型ヴェゼルのデザインは、クーペ風の流麗なフォルムが特徴ですが、このデザインが好みでない人もいます。また、先代モデルのデザインを好む人にとっては、新型ヴェゼルのデザインは受け入れがたいと感じるかもしれません。

新型ヴェゼルの価格が高くなった理由は?

新型ヴェゼルは、先代モデルと比較して、安全装備や快適装備が充実しています。また、e:HEVの搭載など、技術的な進化も遂げています。これらの要因が、価格上昇につながったと考えられます。

新型ヴェゼルの売れ行きはどうなの?

新型ヴェゼルは、発売当初から好調な売れ行きを見せています。2021年4月の発売から1ヶ月で、月間販売目標の約6倍となる3万2000台を受注しました。その後も安定した人気を保ち、コンパクトSUV市場において、確固たる地位を築いていると言えるでしょう。

あわせて読みたい
ホンダ 新型「ヴェゼル」マイナーチェンジ 2024年4月26日発売 ホンダはクロスオーバーSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジを行い2024年3月14日・4月25日発表、2024年4月26日に発売する。日本モデルは2021年4月23日から発売を開始して...
new-vezel-is-terrible-and-regrettable

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次