レクサス 2代目 新型 NX すごいところは?おすすめポイントをまとめてみた!

レクサスは2代目となる新型「NX」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日に発売する。先行商談は2021年8月19日10時より受付スタート!今回は7年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「NX」は一体どこが凄いのか?をポイント別にまとめたので購入時の参考にして頂ければ幸いです。

目次

新型 NX パワートレーンの選択肢が多い

今回のNXはなんと4つのパワートレーンを採用。「NX250」「NX350」「NX350h」「NX450h+」から選択することとなる。自分好みのNXを選べてしまうということです。

新型 NX 最新プラットを採用

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Kプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し先代と比べて車としてワンランク上の上質な乗り心地を実現する。

安全装備ではLexus Safety System+を標準採用

安全装備はパッケージ Lexus Safety System+ は標準装備されています。更にブラインドスポットモニター、安心降車アシストも標準装備。ドライバー異常時対応システムも標準装備。

Advanced Park リモート機能付き(全グレードオプション)

「Advanced Park」は、画面表示や音声・ブザー音による操作案内および、ハンドル、シフトポジション、アクセルとブレーキ操作を行うことにより、画面上で確認した目標駐車位置付近への後退駐車や縦列駐車からの出庫のアシスト。今回の新型「NX」では専用スマホアプリを用意されており車外から遠隔操作をして駐車を行うことが可能。駐車が苦手な方でも車外から見ることで車内よりも障害物やスペースを確認することが可能である。

あわせて読みたい
レクサス 新型 NX Advanced Park リモート機能付き 初搭載 期待度が高い レクサスはクロスオーバーSUV「NX」のフルモデルチェンジを行い2021年秋に発売が開始される。先行商談は2021年8月19日10時より受付スタートする。それに合わせ新型「NX...

エクステリアがベースグレードでも素晴らしい

ベースグレードでもエクステリアでは18インチアルミホイールやLEDリアコンビネーションランプを標準採用。

インテリアがベースグレードでも素晴らしい

インテリアでは「電動チルト&テレスコピックステアリング」や「運転席・助手席8WAYパワーシート」「電動パーキングブレーキ&ホールド」「ハンズフリーパワーバックドア」などを標準採用。

ディスプレイオーディオが大きい

ベースグレードで「9.8インチディスプレイオーディオ」ベースグレード以外には「14インチディスプレイオーディオ」を採用。

オプションの選択しが多い

「三眼LEDヘッドランプ+アダプティブハイビームシステム 180,400円」「20インチアルミホイール(複数あり)」「デジタルインナーミラー44,000円」「“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(ベースグレード以外)244,200円」「 Advanced Park+パノラミックビューモニター+レーンチェンジアシスト 181,500円(一部グレード)」「パノラマルーフ(NX450h+などにはオプション不可)176,000円」「デジタルキー33,000円」「置くだけ充電 13,200円」など

おすすめグレードは?

「NX350h “F SPORT”」「 NX350h “version L”」2WDモデルが1番人気となるだろう。ハイブリッドグレードとオプション選択の自由度では間違えなくこの二つがダントツの人気となる。 「NX250 “version L”」2WDが更に人気となるだろう。唯一のガソリン仕様でエクステリアデザインや装備もほぼ文句なしとうことで人気が出るだろう。

あわせて読みたい
レクサス 2代目 新型 NX おすすめグレードは?注意点などをまとめてみた レクサスは2代目となる新型「NX」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日に発売する。先行商談は2021年8月19日10時より受付スタート!今回のNXはなんと4つの...

新型NXについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる