MENU

【2024年】0-100km/h加速 国産車 SUV ランキング

目次

国産車 SUV 0-100km/h加速 ランキング トップ10

国産 SUVモデルの0-100km/h加速でのスペック1位は日産の「ARIYA(アリア)」となったが電気自動車が優位である、更に2位からはハイブリット(HV)/プラグインハイブリッド(PHEV)モデルがランクインしており、ガソリン車よりも優位であることがわかる。

順位メーカー車種グレード0-100km/h
1位日産ARIYAB95.1秒
2位マツダCX-60 PHEV5.8秒
3位トヨタRAV4 PHV全グレード6.0秒
4位レクサスNXNX450h+6.0秒
5位レクサスRXRX450h7.4秒
6位トヨタbZ4X4WD7.7秒
7位スバルソルテラ4WD7.7秒
8位三菱アウトランダーPHEV8.2秒
9位ホンダCR-V HVFWD8.8秒
10位三菱エクリプス クロス PHEV10.9秒
国産車 SUV 0-100km/h加速 ランキング トップ10

※最新自動車情報 調べ

あわせて読みたい
【2024年】 0-100km/h加速 SUV ランキング トップ50 世界的に人気となっている「SUV」。今回は2024年5月現在、日本国内で発売する「SUV」で0-100km/h加速で速い順にランクを作成しています。公式データをもとに作成してい...

外車と同様に、テスラの「Model X 2024」は0-100km/h加速が「2.6秒」という驚異的な性能を誇ります。これに対して、日本車は燃費や航続距離を重視しており、コンセプトの違いがこの差に影響を受けているとされています。

あわせて読みたい
【2024年】速い国産車は? 0-100km/h加速 ランキング TOP15 2024年現在、国産車で0-100km/h加速が速い順にランク付けしました。速い車の上位15台をご紹介します。今回のランキングは、停止状態から100km/hに到達するまでの加速タ...

今後、発売車種を随時ランクインしていきます。

目次に戻る

1位 アリア について

日産は新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表した。日本では2021年11月12日、新型BEV「アリア」のベースモデルの価格を発表。

新型 アリア エクステリア について

新型「アリア」のエクステリアは、日産の新しいデザインランゲージと「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を体現したモデル。シンプルでありながら力強く、かつモダンな表現で「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」をデザインに反映した。4つのLEDを配したヘッドライドは非常に薄くデザインを採用、日産のデザインシグネチャー「Vモーション」は白い光で表現、ウインカー点灯時には「シーケンシャルウインカー」としても機能する。日産を象徴する新たなブランドロゴがLEDによって光り輝く。モーター駆動のEVは、エンジンルームの冷却が不要となるため、グリル部分は、スモークがかったパネルでカバーされ、その中には日本の伝統的な組子パターンが立体的に表現。パネルは内部に配置されたプロパイロットなどの先進技術を支えるセンサー類を守る役目をしている。

ボディサイドは低く滑らかなルーフライン、空気抵抗を感じさせない印象を与えた。アルミホイールは19インチと20インチが設定、フロントとリアを直線でつなぐウエストラインは、まるで建築物のような美しさを携え、どの角度から見ても美しさとエネルギーが宿っているかのような活力を表現。リアのスタイリングも印象的で、特にスモークがかった水平基調に延びるリアコンビネーションランプは、消灯時はすっきりとした見た目になり、点灯時は赤い光がしっかりと見えるよう設計。

新型 アリア インテリア について

インテリアはモノとモノの間にある空間や、連続するコトとコトの間の時間を意味する日本語の「間(ま)」をキーワードとしてデザインされた。「アリア」には新開発EV専用プラットフォームを採用、フラットで広々したフロアを実現、従来室内に配置されていた空調ユニットをモータールームに配置、Cセグメントのボディサイズでありながら、Dセグメントレベルの広い室内空間を確保。また、スリムなデザインのゼログラビティシートや、元々騒音が少ないEVでありながらも遮音材をふんだんに使用、従来にない高い静粛性を実現。

二つ並んだ12.3インチのディスプレイ、木目調のインストルメントパネルには従来のような物理的なスイッチは無く、クルマの電源を入れるとエアコンなどの操作スイッチアイコンが浮かび上がり、単なるタッチセンサーではなく、運転中でも操作感がわかるように振動するハプティクススイッチになっている。

地図や音楽情報などを映すセンターのディスプレイはスワイプ操作が可能で、ナビゲーションのルートなどをメーターディスプレイに表示させるなど、二つのディスプレイもシームレスにつながる。空調やナビゲーションも音声で操作することがで、自然な言葉で操作できるハイブリッド音声認識機能は「ハローニッサン」と呼びかけることでドライバーの操作をサポート。インターネットをつなげることでより自然な言語での音声認識を実現。また「アリア」にはAmazonが提供する音声サービス「Amazon Alexa」搭載、音楽の再生や天気予報の確認、家族や友人との通話、スマートホームデバイスのコントロールなどを音声のみで操作可能。

幅が広いセンターコンソールは、ドライバーのシートポジションに合わせて電動で前後に動かすことが可能。その上には「アドバンスド アンビエント ライティング」が施された新デザインのシフトノブが配置され、センターコンソール内にはQi規格のワイヤレスチャージャーが搭載。

先進運転支援システム

「アリア」は日産の先進運転支援システム「プロパイロット2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」を搭載。「リーフ」と同じく「プロパイロット パーキング」が搭載。

「プロパイロット2.0」は、車両に搭載した7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーで、白線、標識、周辺車両を検知し、更にナビゲーションシステムと3D高精度地図データを使うことで、制限速度をはじめとした道路状況を把握しながら、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフ走行を可能とし、安全でスムーズなドライビングを実現。更に、準天頂衛星システムなどからの高精度測位情報を受信し、自車位置をより高精度に把握することが可能。運転支援の状態が直感的に把握できるよう、メーターディスプレイやヘッドアップディスプレイには作動状況がリアルタイムに表示。

「アドバンスド アンビエント ライティング」はプロパイロットの動作状況に連動し、通常は白色、ハンズオン時には緑色そしてハンズオフの時には青色に色が変化します。ステアリングコラム上に設置されたドライバーモニターカメラが、ドライバーが前方を注視しているかを確認し、ドライバーが前方を注視していないと判断した際は、警告音で注意を促す。またハンズオフドライブ時に、その状態が継続する場合はハザートと共に速やかに車両を停止。

「プロパイロット パーキング」は駐車可能なスペースを自動で検知、駐車に必要な操作を支援。簡単な3つのステップで前向き駐車、後向き駐車、縦列駐車に対応しドライバーの駐車のストレスを軽減する。そして、車外から操作で駐車する機能「プロパイロット リモート パーキング」(日本市場に設定)を搭載する。

先進的な4輪制御技術「e-4ORCE」搭載

「GT-R」のATTESA E-TS(電子制御トルクスプリット四輪駆動システム)や「日産 エクストレイル」のインテリジェント4×4システムなどから得た、駆動力制御とブレーキ制御、シャシー制御の効果をEVと先進4輪駆動システムを開発してきた長い経験が、「e-4ORCE」をさらに確かなものとしている。「e-4ORCE」は、前後に合計2基の電気モーターを搭載。。それぞれのトルクを個別にコントロールすることが可能で、加速時のトラクション性能はもとより、減速時においても前後のモーターそれぞれで回生量を調整し、ブレーキ時のクルマの沈み込みを減少させるなどといった車体の揺れを抑える制御をおこなう。

新開発EV専用プラットフォーム

新開発EV専用プラットフォームはバッテリーを車体中央に配置、低重心かつ前後の重量配分が均等になるように設計しました。また、バッテリーケース内にクロスメンバーを配し、フロアトンネルが無いフラットなフロアも高い剛性を確保。組み合わされるサスペンション部品も高剛性な部品を採用、操縦安定性能を向上させるだけでなく揺れにくい快適な乗り心地と高い静粛性を実現。

新開発EVパワートレイン

新開発のEVパワートレインは、すべてのモデルにおいて優れたパフォーマンスを誇り、新開発されたモーターは高速巡行時の消費電力を低減し、一充電の航続距離が最大610km(2WD 90kWhバッテリー搭載モデル WLTCモード 社内測定値)を実現。また、最大130kWの急速充電に対応するとともに、バッテリーの温度を一定に保つ水冷式の温度調節システムを搭載し、30分の急速充電で最大375km分を充電することが可能。

日産は「アリア」の発売に備え、新たな充電インフラの整備を目指し、より短時間での充電を可能とする最大出力150kWのCHAdeMO急速充電器を、2021年度内に国内の公共性の高い場所に設置できるよう、パートナーと調整を進めているという。

新型 アリア 2024年 価格 グレードについて

グレードバッテリー
サイズ
駆動
方式
価格(10%)
B666kWh2WD6,590,100円
B991kWh7,382,100円
B6 e-4ORCE66kWh4WD7,195,100円
B9 e-4ORCE91kWh7,987,100円
B9 e-4ORCE プレミア 91kWh8,603,100円

新型 アリア スペックについて

スペック新型アリア
全長4,595mm
全幅1,850mm
全高1,655mm
ホイール
ベース
2,775mm
駆動方式2WD4WD
グレードB6B9B6
e-4ORCE
B9
e-4ORCE
バッテリー
総電力量
66kWh91kWh61kWh91kWh
最高出力160kW178kW250kW290kW
最大トルク300Nm300Nm560Nm600Nm
0-100km/h
加速
7.5秒7.6秒5.4秒5.1秒
最高速160km/h160km/h200km/h200km/h
WLTCモード
航続距離
470km640km460km610km
重量1,920kg2,060kg2,050kg2,180kg
荷室寸法466L408L
乗車定員5名
最小回転
半径
5.4m
タイヤ寸法235/55R19
255/45R20
あわせて読みたい
日産 新型 アリア 電気自動車 SUV 2020年7月15日発表 2021年11月12日順次発売 日産は新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表した。日本では2021年11月12日、新型BEV「アリア」のベースモデルの価格を発表。バッテリ容量6...
あわせて読みたい
電動SUVの頂点へ!日産 新型 アリア 2024年モデル 高性能バッテリー搭載 日産は新型電気自動車(EV)クロスオーバーSUV「日産アリア」の「B6 2WD」グレードの注文受付を再開しました。さらに、「B6 e-4ORCE」「B9 2WD」「B9 e-4ORCE」「B9 e-4...

目次に戻る

2位 CX-60 PHEV について

マツダはラージサイズの新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本では2022年8月頃に発売する予定だ。日本向けモデルについては、2022年4月上旬に公開予定。

マツダ 新型 CX-60 エクステリア

「CX-60」はエクステリアデザイン、マツダの「Kodo-Soul of Motion」のデザイン哲学に基づいており、アグレッシブなリアエンドを備えた深く彫刻されたフロントフェイシアを備えいる。目を引くのは、縦に積み上げられたヘッドライトランプとL字型のデイタイムランニングライト。ボディカラーには「ジェットブラック」「ディープクリスタルブルー」「ソニックシルバー」「プラチナクォーツ」「アークティックホワイト」「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」「マシングレイ」「ソウルレッドクリスタル」の8色をラインナップ。18インチと20インチのホイールを採用。

マツダ 新型 CX-60 インテリアについて

インテリアはメーターパネルを液晶化したフルTFT-LCDデジタルインストルメントクラスター、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)12.3インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」の連動が可能。CX-30の3倍の大型ヘッドアップディスプレイを備えている。

マツダ 新型 CX-60 次世代の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」全車に標準搭載

「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備する。眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」搭載。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。

マツダ 新型 CX-60 最新安全システムに「 MAZDA CO-PILOT (コ・パイロット)1.0 」 について

通常走行時はドライバーをモニタリングしバックアップとして機能、眠気に襲われたり意識を失うといったドライバーの体調異変を検知し、アラームで警告と注意喚起を行なう。ドライバーが運転できないと判断した場合、代わりに運転操作を行ない、安全に停車させ、必要があれば緊急通報も行う。

マツダ 新型 CX-60 PHEV プラグインハイブリッドモデル

マツダ「CX-60 PHEV」は、ヨーロッパでブランドが発売する最初のプラグインハイブリッドモデルとなる。2.5 L Skyactiv-G 直列4気筒ガソリンユニットとその性能を最適化することを目的とした電気モーター最高出力100kW、17.8kWhの大容量バッテリーを組み合わせたパワートレインの恩恵を受け、トータル最高出力327hp/241kW、トータル最大トルク500Nmを獲得。加速性能は0-100km/h加速5.8秒。非常に優れたパフォーマンスを発揮。時速100km以下の全電気モードで航続距離63kmとなる。

マツダ 新型 CX-60 価格 グレードについて

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
25S S Package直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
SKYACTIV-G 2.5
8AT4WD3,217,500円
2WD2,992,000円
25S L Package3,415,500円
4WD3,641,000円
25S Exculusive Mode2WD3,844,500円
4WD4,070,500円
XD直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
SKYACTIV-D
8AT2WD3,239,500円
4WD3,465,000円
XD S Package2WD3,580,500円
4WD3,806,000円
XD L Package2WD4,004,000円
4WD3,229,500円
XD Exculusive Mode2WD4,433,000円
4WD4,658,500円
XD-HYBRID Exclusive Sports直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
e-SKYACTIV D
8AT4WD5,054,500円
XD-HYBRID Exclusive Modern4WD5,054,500円
XD-HYBRID Premium Sports4WD5,472,500円
XD-HYBRID Premium Modern4WD5,472,500円
PHEV S Package直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
SKYACTIV-G 2.5
PHEV
8AT4WD5,390,000円
PHEV Exclusive Sports4WD5,846,500円
PHEV Exclusive Modern4WD5,846,500円
PHEV Premium Sports4WD6,264,500円
PHEV Premium Modern4WD6,264,500円
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-60 FRプラットフォーム採用 日本モデル 2022年9月15日発売 マツダはラージサイズの新型クロスオーバーSUV「CX-60」を日本では2022年9月15日に発売する予定だ。欧州にて2022年3月8日(現地時間)に世界初公開した。日本向けモデル...
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-60 PHEV 2022年3月8日 世界初公開 欧州モデル 2022年9月に発売 マツダはラージモデル第一弾、新型「CX-60 PHEV」を欧州にて2022年3月8日16時(日本時間は3月9日1時)に世界初公開(現地時間)にした。2022年9月に発売。価格は税込み...

3位 RAV4 PHV

トヨタ 新型 RAV4 PHVについて

トヨタは新型「RAV4」のPHV(プラグインハイブリッドモデル)を追加し日本では2020年6月8日発売した。新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 8.8kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。システム出力は302 HP(225 kW / 306 PS)となる、「RAV4」ハイブリッドモデルを83HP(62 kW / 84 PS)上回る。更に「プリウスPHV」にはない、4WDモデル「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用。

EV走行のみの航続距離は39マイル(63 km)WLTCモード燃費95km/Lこれは市場で最も長いPHEVクロスオーバーである。さらに、このモデルの推定合計燃費評価は90 MPGeを達成。ハイブリッド燃費WLTCは22.2km/Lを達成。

加速性能は0-100km/h加速6.0秒。こRAV4ハイブリッドよりも速く、トヨタのラインナップで2番目に速い加速となる。航続距離は1,300km以上と“どこまでも行けそうな”走行距離を追求。大容量のバッテリーに蓄えた電力を「走る」以外にも使えるRAV4 PHV。車内に設置されたコンセントによる車内での使用に加え、付属されるヴィークルパワーコネクターを普通充電インレットに挿し込めば、100Vの外部給電用コンセントに。合計1500Wまで対応。急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)にV2H機器(別売)を接続することで、RAV4 PHVから建物などに電力を供給可能。

トヨタ 新型 RAV4 PHV エクステリア について

エクステリアでは通常の「RAV4」にはない「縦LEDデイライト」を標準で採用しておりすっきりとした印象と高級感を演出している。ボディカラーには新色となるRAV4 PHV専用色「エモーショナルレッドII」を採用。

トヨタ 新型 RAV4 PHV 一部改良 2021年モデルについて

トヨタは新型「RAV4 PHV」の一部改良を行い2021年12月1日発売する。今回はエクステリアでは「ヘッドライト(シグネチャーランプ LEDライト+デイタイムランニングランプ)」のデザイン変更。アルミホイールの意匠変更した。

トヨタ 新型 RAV4 PHV インテリア について

インテリアでは上級グレードに「後席シートヒーター」や「カラーヘッドアップディスプレイ」を採用。「パノラミックビューモニター(一部グレード)」「9インチディスプレイオーディオ」+6スピーカーを標準装備。「Apple CarPlay」「Android Auto」標準対応している。

トヨタ 新型 RAV4 PHV 一部改良 2024年モデル 価格グレード

モデル駆動方式価格(10%)
Z4WD
(E-Four)
5,633,000円

トヨタ 新型 RAV4 PHV 一部改良 2024年モデル スペック

スペックRAV4 PHV
全長4,600mm~4,610mm
全幅1,855mm~1,865mm
全高1,690mm
ホイールベース2,690mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力130kW(177ps)/
6,000rpm
最大トルク219Nm/3,600rpm
フロントモーター
最大出力
134kW(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm
リアモーター
最大出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム出力E-Four:225kW(306ps)
トランス
ミッション
電気式無段変速機
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
18.1kWh
駆動方式4WD
(E-Four)
乗車定員5名
最小回転半径5.5m
車両重量1,900Kg
WLTCモード燃費22.2㎞/L
EV航続距離95km/L
あわせて読みたい
トヨタ 新型 RAV4 PHV 一部改良 2021年12月1日発売 トヨタは新型「RAV4 PHV」の一部改良を行い2021年12月1日発売する。 トヨタ 新型 RAV4 PHV 一部改良 2021年モデルについて 今回はエクステリアでは「ヘッドライト(シグ...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 RAV4 一部改良 特別仕様車 Adventure“OFFROAD packageⅡ” 2022年10月4日発売 トヨタは「RAV4」の一部改良を行い2022年10月4日に発売する。 新型 RAV4 一部改良 について グレード「X」に採用している「4.2インチTFTカラーマルチインフォメーション...
あわせて読みたい
新型 RAV4 一部改良 特別仕様車「Black Edition」「GR SPORT」追加 5代目 最後か 2024年10月発売 トヨタは、クロスオーバーSUV「RAV4」の一部改良を行い、2024年10月に発売する予定です。今回の改良では、特別仕様車の「BLACK Edition」と「GR SPORT」が追加されます...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次