MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】速い国産車は? 0-100km/h加速 ランキング TOP15

当ページのリンクには広告が含まれています。
Domestic car 0-100kmh acceleration Ranking TOP15
目次

国産車 0-100km/h加速 ランキング トップ15

国産車の0-100km/h加速でのスペック1位は日産の「GT-R」となりました、更に2位に「NSX」がランクインしておりハイブリット(HV)モデルが、ガソリン車よりも優位であることがわかります。

スクロールできます
順位メーカー車種グレード0-100km/h
1位日産GT-RNISMO2.8秒
2位ホンダNSXTypeS3.0秒
3位レクサスLFA3.7秒
5位レクサスRC F4.0秒
6位トヨタGRスープラRZ4.1秒
7位レクサスLC5004.4秒
8位三菱ランサー
エボリューションX
ファイナル4.4秒
9位レクサスISIS500
F SPORT
Performance
4.5秒
10位レクサスGS F4.6秒
11位スバルWRX STI4.8秒
12位日産スカイライン350GT4.9秒
13位ホンダレジェンド4.9秒
14位トヨタGRヤリス5.5秒
15位ホンダシビック Type R5.8秒
国産車 0-100km/h加速 ランキング トップ15

※最新自動車情報 調べ 間違いあれば修正いたします。

外車を含めると、電気自動車のRIMACの「NEVERA」が0-100km/h加速「1.97秒」テスラの「Model S」が0-100km/h加速「2.1秒」と脅威の数字を出しています。日本車と比べるとかなりの差がありますが、日本車は電気自動車タイプのスポーツカーがまだ存在していないのが理由になります。

最新自動車情報
【2024年】 0-100km/h加速 ランキング 国産・輸入車 速い車はこれだ! 世界トップ40| 最新自動車情報 今回は2024年現在、世界で発売する車の中で0-100km/h加速で速い順にランクを作成しています。公式データをもとに作成しています。販売が終了しているモデルは記載しており...

今後、発売車種を随時ランクインしていきます。

目次に戻る

1位 「GR-R」について

 日産のスポーツモデルの象徴である スカイラインGT-R GT-Rの後継 車種で、GT-RとしてR34型を継承してR35型を名乗2007年12月6日に発売しており、既に17年目となる長きににわたるモデルとなった。R35 GT-Rとしては2025年モデルが最終となり、生産終了は2025年8月を予定しています。

新型 GT-R 2025年モデルについて

日産は「GT-R」2025年モデル(R35型)を2024年3月14日に発表した、2024年6月に発売する。2025年モデルでは、「NISSAN GT-R Premium edition」に、青を基調とした専用特別内装色である「ブルーヘブン」を新たに設定。

2025年モデルでは、「NISSAN GT-R Premium edition」に、青を基調とした専用特別内装色である「ブルーヘブン」を新たに設定。「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」と「NISSAN GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」のピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどに、今まで「GT-R NISMO Special edition」のみに採用していた高精度重量バランス部品を採用することでレスポンスの精度を高め、さらに性能を磨き上げた。この2モデルには、赤文字で匠の名が刻まれたアルミ製ネームプレートと、ゴールドのモデルナンバープレートを、新たにエンジンルーム内に採用。

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(10%)
GT-R Pure editionVR38DETT4WDGR6型デュアルクラッチ
トランスミッション
14,443,000円
GT-R Black edition16,115,000円
GT-R Premium edition15,587,000円
GT-R Premium edition T-spec20,350,000円
GT-R Track edition engineered by NISMO18,535,000円
GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec22,891,000円
グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格
(10%)
GT-R NISMOVR38DETT
[NISMO専用チューニング]
4WDGR6型デュアルクラッチ
トランスミッション
30,085,000円
GT-R NISMO special edition30,613,000円

NISSAN GT-R 2025年モデル スペックについて

スペックNISSAN GT-R
2025年モデル
全長4,710mm
全幅1,895mm
全高1,370mm
ホイールベース2,780mm
モデルGT-R
エンジン3.8L V型6気筒
ターボエンジン
最高出力419kW(570PS)/
6,800rpm
最大トルク637Nm(65.0kgm)/
3,300-5,800rpm
トランスミッション6速デュアルクラッチ
トランスミッション
駆動方式4WD
WLTCモード燃費7.8km/L
スペックGT-R NISMO
2025年モデル
全長4,700mm
全幅1,895mm
全高1,370mm
ホイールベース2,780mm
モデルGT-R
エンジン3.8L V型6気筒
ターボエンジン
最高出力441kW(600PS)/
6,800rpm
最大トルク652Nm(66.5kgm)/
3,300-5,600rpm
トランスミッション6速デュアルクラッチ
トランスミッション
駆動方式4WD
最新自動車情報
日産 新型 GT-R 2025年モデル 最新技術満載で登場!発売日は2024年6月| 最新自動車情報 日産は2024年3月14日に「GT-R」2025年モデル(R35型)を発表し、2024年6月に発売します。2025年モデルでは、「NISSAN GT-R Premium edition」に新たな特別内装色「ブルーヘ...

目次に戻る

2位 NSXについて

NSXは、ホンダが生産、販売していた2シーターのスポーツカーである。NSXの2代目はハイブリッドシステムを搭載している。ホンダは新型NSXのフルモデルチェンジを行い、日本では2016年8月25日に発表し2017年2月27日(月)より発売ホンダは「NSX」の2020年モデルを2019年12月5日に発表し受注を開始。2020年4月発売。

新型 NSX 2020年モデルについて

新色「インディイエロー・パールII」を追加。ドライバーとクルマの一体感が生み出す“操る”喜びを追求し、ダイナミクス性能を熟成させた2018年発売の改良に続き、今回は「サーマルオレンジ・パール」に続く“エキサイティングカラーシリーズ”の第2弾となる新色「インディイエロー・パールII」を外装色に追加。

初代NSXのインディイエロー・パールにインスピレーションを受けながら、クリアで鮮やかな発色へと時代とともに進化させ、スーパーカーとしての佇まいと力強い存在感を表現するとともに、NSXの世界観、またスーパースポーツならではの“観る・所有する”喜びのさらなる醸成を図った。

新型 NSX 2020年モデル 価格

タイプ乗車定員エンジントランス
ミッション
駆動方式 価格(10%)
NSX2名3.5L V6 DOHC
ツインターボ
9速DCT4WD
(SPORT HYBRID
SH-AWD)
24,200,000円

新型 NSX スペックについて

SH-4WD(3つのモーターアシストするハイブリッドでフロント3つの左右独立したモーターとリアモーターによるシステム)を支えるモーターを見ると、9速DCTに内蔵されるリアモーター90kwがパワーと燃費をアシスト。それに前輪左右でトルク差をつけるフロントモーター15kwが左右に付き、異次元のハンドリングを実現する。これによりシステム最高出力は581ps、システム最大トルクは65.8kgmとなった。タイヤサイズはフロント245/35Z R19、リア295/30Z R20。ボディーも軽量化をはかりカーボン素材をかなり使用し車両重量は1725kgだ。0-96km/h加速3.0秒で最高速度307km/hである。

スペック新型NSX
全長4,490mm
全幅1,940mm
全高1,215mm
ホイールベース2,630mm
エンジンV型6気筒直噴3.5L
ツインターボ+モーター
最大出力373kW (507ps)/
6,500-7,500rpm
最大トルク550Nm (56.1kgfm)/
2,000-6,000rpm
システム最高出力427kW(581ps)
システム最大トルク646Nm(65.9kgm)
トランスミッション9速DCT
車両重量1,800kg
1,780kg
(カーボンセラミック
ブレーキローター装着時)
JC08モード燃費12.4km/L
価格2420万円
あわせて読みたい
ホンダ 新型 NSX 2020年モデル 2019年12月5日発表 2020年4月発売開始 ホンダは「NSX」の2020年モデルを2019年12月5日に発表し受注を開始した。発売は2020年4月を予定している。 【新型 NSX 2020年モデルについて】 新色「インディイエロー...

ホンダはスーパースポーツモデル「NSX Type S(エヌエスエックス タイプエス)」を2021年8月30日発表した。全世界で350台の販売を予定。

新型 NSX Type S エクステリア

NSX Type Sは、2代目NSXの集大成として、NSXを超えるパフォーマンスとデザインを追求。ダイナミクス性能では、Type Sが目指す加速性能やコーナリング性能、そして、空力・冷却性能などを徹底的に突き詰め、「ドライバーとクルマとの一体感」と「操る喜び」を提供。デザインでは、Type Sとしての空力や冷却性能など、機能的進化を実現する新デザインとした。限定となる新色マットカラーや、特別感を演出する専用パーツ、Type S専用ロゴの設定など、スーパースポーツとしての存在感と魅力にさらなる磨きをかけた。Type Sでは、フロントタイヤ19インチ、リアタイヤ20インチのグリップ性能の高い専用タイヤを採用する、新デザインの専用鍛造アルミホイールによるワイドトレッド化で、サーキット走行時の限界性能とコントロール性をさらに高めた。

新型 NSX Type S インテリア

Type Sとしての存在感を主張するカラーコーディネートとし、精巧さを表現。シートはカラーバリエーションを一新するとともに、ヘッドレストにはNSXロゴの刺繍を施した。グローブボックスにはType S専用ロゴを施した。

新型 NSX Type S エンジンスペック

Type Sでは、エンジンの燃焼効率の向上、高耐熱材ターボの採用による過給圧アップ、冷却性能向上などにより、エンジンのさらなる出力向上を実現。さらにIPU(インテリジェントパワーユニット)のバッテリー出力と使用可能容量を拡大し、システム全体の出力・トルクも大幅に向上させました。また、運転時の高揚感やドライバーとクルマとの一体感をさらに高めるため、エンジンサウンドのチューニングや、減速時などで瞬時に適切なギアにシフトダウンできるパドルホールド・ダウンシフトをHondaとして初採用。

V型6気筒直噴3.5Lツインターボ+モーターは同様であるがアップグレードのおかげで、合計出力は449kW(610PS)と667Nm(68.0kgm)のトルク。タイプSが通常のNSXよりも27 hp(20 kW / 27 PS)および+16 lb-ft(22 Nm)アップさせている。パワーバンプは、ブースト圧力が16.1 psi(+ 5.6%)に増加した、レースカーから「NSX GT3 Evo」から借りた一連の新しいターボチャージャー、新しいインジェクター(+ 25%流量)、新しいインタークーラーのおかげで達成。リッターV6のみで、389kW( 529PS )/6,500-6,850rpmおよび600Nm( 61.2kgm )/2,300-6,000rpmのトルク。+ 20%の使用可能容量と+ 10%の出力を備えた新しいバッテリーにより、電気モーターは、より広い電気範囲を提供。9速DCTオートマチックギアボックスはアップシフト応答が50%速くなり、新しいラピッドダウンシフトモードを備え、スポーツハイブリッドSH-AWDトルクベクタリングシステムはさらに優れたコーナリングパフォーマンスを実現するように調整。ダイナミクスシステムの4つのモード(Quiet、Sport、Sport +、Track)がすべて再調整され、アダプティブダンパーシステムのキャリブレーションがより集中され、エンジンからのサウンドがより豊かになっている。

鈴鹿で通常のNSXより2秒速い

変更により、2022 NSXType-Sは鈴鹿の2021NSXよりも2秒速くなるとホンダは言う。2019 NSXが2018モデルよりもすでに2秒速かったことを考えると、これは、タイプSが元の第2世代NSXと比較して合計4秒を短縮。

目次に戻る

3位 レクサス LFAについて

LEXUS LFAとは、2010年12月15日から愛知県のトヨタ自動車元町工場「LFA工房」にて生産が開始され、ほぼ全てを職人によるハンドメイドにより1日1台のペースで、2012年12月14日までの25か月をかけて500台の生産が行われた。現在は生産はされていないモデルである。

2000年、トヨタ自動車の社内にて「究極の国産スーパーカーを作る」という計画が持ち上がり「LFA」の開発がスタートした。2010年12月より市販仕様車の生産が開始され、前述の方式で決定した購入者に順次納車された。また全500台のうち約50台は、サーキットでの走行を重視した高性能仕様「ニュルブルクリンクパッケージ」として、2012年初頭より生産された。

正式な車名はコンセプトカー「LF-A(Lexus Future Advance)」に敬意を払ってハイフンを除いた「LFA」と命名されたが、後に「F」シリーズの本格展開によって「F」シリーズの頂点とシンボルであることをアピールするため、正式な車名を「Lexus F Sports Apex(LFA)」として改称。2011年8月、ニュルブルクリンク(北コース)での確認走行において、量産車メーカーの市販FR車としては当時最速の7分14秒64の記録した。

レクサス「LFA」スペック について

スペックLFALFA
スペシャルエディション
全長4,505mm4,505mm
全幅1,895mm1,895mm
全高1,220mm1,220mm
ホイールベース2,605mm2,605mm
エンジンV型10気筒4.8L
1LR-GUE型
V型10気筒4.8L
1LR-GUE型
最高出力412kW(560PS/552bhp)419kW (570PS)
最大トルク480N·m(48.9kgf·m)480N·m(48.9kgf·m)
トランスミッション6速セミAT(ASG)6速セミAT(ASG)
車両重量1,480-1,580kg1,480-1,580kg
乗車定員2名2名
価格3750万円3750万円

4位 RC F について

レクサスは新型RC Fのマイナーチェンジを行い2019年5月13日に発売する。”F”の高性能と、進化への飽くなき挑戦を象徴する「“Performance package”」を新たに設定。

レクサスは「RC F」を一部改良し、2021年9月2日発表、10月より発売予定である。今回の一部改良では「RC F“Performance package”」に、専用内装色のブラック&アクセントブルーを新規設定。「F」を象徴するブルーをフロントシート、シートベルト、ステアリングホイール、メーターフードなどにアクセントカラーとして施した。フロントシートに使用している滑り止め効果のあるアルカンターラ®を、ステアリングホイール、シフトノブにも新規採用、グリップ感の向上を追求。

レクサス 新型 RC F グレード 価格

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
RC F“Performance package”2UR-GSE型
5.0L V型8気筒
8-Speed SPDS2WD(FR)14,490,000
RC F“Carbon Exterior package”11,320,000
RC F10,520,000

レクサス 新型 RC F スペックについて

スペック新型 RC F
全長4,710mm
全幅1,845mm
全高1,390mm
ホイールベース2,730mm
エンジンV型8気筒 5.0L 直噴エンジン 2UR-GSE
最大出力354kW (481PS)/7,100rpm
最大トルク535N・m (54.6kgm)/4,800rpm
トランスミッション8-Speed SPDS
(電子制御8速オートマチック)
駆動方式FR
0-60mile加速4.0秒
WLTCモード燃費8.5km/L
あわせて読みたい
レクサス 新型 RC F 一部改良 2021年10月発売予定  レクサスは「RC F」を一部改良し、2021年9月2日発表、10月より発売予定である。 【レクサス 新型 RC F 一部改良】 今回の一部改良では「RC F“Performance package”」...

5位 GR スープラ について

トヨタは新型「GRスープラ」A90型としてフルモデルチェンジを行い2019年5月17日に発売する。スープラ A80型と比較して全長-140mm、全幅+55mm、全高+20mm、ホイールベース-80mmである。全長を短くしながらもスープラ A80型と同様にロングノーズ・ショートデッキのデザインは継いでいながらも現代的なスポーツカーに仕上げた。全長を縮める前後重量配分を50:50とし全幅を伸ばしたことで安定性を向上しボディ剛性も高めておりよりスポーティな走りが楽しめる。

RZ 3.0L 直列6気筒ターボエンジン

上級グレードRZはBMW製のエンジンで伝統的な3.0L 直列6気筒ターボを採用。最高出力は340ps、最大トルクは45.9kgf.mとなる。

スペックグレード:RZ
エンジン3.0L 直列6気筒
ツインスクロールターボ
最高出力250kW(340ps)/5,000-6,500rpm
最大トルク500Nm(51.0kgm)/1,600-4,500rpm
トランスミッション8速スポーツAT
駆動方式2WD (FR)
0-100km/h加速4.3秒

GRスープラ」にはBMW製のエンジンで伝統的な3.0L 直列6気筒ターボを採用されている。今回の発表ではエンジン改良で、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用による圧縮比の変更を行った。RZの3.0Lエンジンの出力を285kW(387PS)/5,800rpm(従来型比+14%)に向上。さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図るとともに、サスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を高めた。

今回は「GRスープラ」新たなボディーカラーを追加。2021年までは全グレード「8速AT」のみであったが新たに「3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボ」搭載モデル、グレード「RZ」に「6速MT」モデルをラインナップする。

6速MT追加について

兄弟車となる「Z4」には2019年に「BMW Z4 sDrive20i」に「6速MT」モデルを追加している。しかし現在まで「GRスープラ」には搭載されてこなかった。しかし、日産の「フェアレディZ」がフルモデルチェンジを行い「新開発3リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTTエンジン)」に「6速MT」または「新開発の9速AT」を採用しておりフェアレディZ」対抗する形で導入する

新型 GRスープラ 特別仕様車「35周年記念車」2021年モデル

トヨタは新型「GRスープラ」の限定の特別仕様車「35周年記念車」「SZ-R“35th Anniversary Edition”」「RZ“35th Anniversary Edition”」を各35台限定で2021年8月6日に発表し発売。2021年8月6日~31日にWeb限定で受け付けを行い9月7日に抽選を実施する。

日本で「スープラ」(A70)が1986年から発売、日本発売35年を記念してトヨタは新型「GRスープラ」の限定モデルの特別仕様車「35周年記念車」を発売。グレード「RZ」「SZ-R」をベースにマットブラック塗装の「19インチ鍛造アルミホイール」を特別装備。表皮に「アルカンターラ®(SZ-R)」とレッドの本革を組みあわせたシートを採用。シート表皮をはじめ、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなど、随所にレッドテッチを施して、ブルーカラーで統一した仕様としている。

特別仕様車 RZ“35th Anniversary Edition”

ベース車両はRZで外板色マットストームグレーメタリック(特別設定色)をはじめ、本革シート(内装色レッドは特別設定色)、おくだけ充電を特別装備。マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイール、助手席前インストルメントパネルに35周年記念カーボンオーナメントを特別装備。

特別仕様車 SZ-R“35th Anniversary Edition”

ベース車両はSZ-Rでスポーツブレーキ(レッド塗装のキャリパー)をはじめ、マットブラック塗装のドアミラー、アルカンターラ®+本革シート表皮(内装色イグニッションレッドは特別設定色)、スポーツアクセルペダル、スポーツブレーキペダルを特別装備。外板色は、ライトニングイエロー(オプション)を含む全5色を設定。マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイール、助手席前インストルメントパネルに35周年記念カーボンオーナメントを特別装備。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 GR スープラ 一部改良 「6速MT」追加 特別仕様車「RZ“Matte White Edition”」 2022年10月発売 トヨタは新型「GRスープラ」の一部改良を行い2022年10月に発売する。2022年7月20日から商談を開始する。 【新型 GRスープラ 一部改良 2022年モデル について】 今回は「...
Domestic car 0-100kmh acceleration Ranking TOP15

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次