MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日本で売ってほしい! スズキ インド 新型「グランドビターラ」フルモデルチェンジ 2022年7月20日発表

マルチ・スズキ・インディアが約7年ぶりの車名復活となる「グランドビターラ」を2022年7月20日発表した。新型「グランドビターラ」は、トヨタ自動車株式会社とスズキ株式会社の業務提携に基づく協業のひとつであるグローバルでの車両のOEM相互供給、スズキが開発し、トヨタ・キルロスカ・モーターにて8月より生産を開始する新型SUVである。2022年8月より生産を開始し、インドでの販売に加え、アフリカなどへの輸出も計画。現在のところ日本販売は計画されていない。兄弟車となるトヨタの新型「アーバンクルーザーハイライダー」は2022年7月1日発表した。

目次

スズキ インド 新型「グランドビターラ」 について

スズキは、グローバルにおけるSUVのフラッグシップとして、新型「グランドビターラ」を開発。エクステリアはショルダーラインや前後フェンダーを強調することで、SUVらしい力強さを表現するとともに、フロントに特徴的な3灯式LEDランプ、左右のランプをつなぐクロームバー、多角形グリルを採用。

インテリアは、剛性感のあるインパネや太いコンソールを採用、逞しいSUVの印象を持たせながら、インパネやトリムはボルドーとブラックの2トーンカラーにシルバーステッチを施した合皮を採用。全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用、インドでマルチ・スズキ社が展開するコネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応、ワイヤレスチャージャーや後部座席のエアコン吹き出し口などの快適装備を採用。

パワートレインにはマイルドハイブリッド、ハイブリッドシステム「インテリジェントエレクトリックハイブリッド」をインドで初導入、4WD仕様車には4つの走行モードをダイヤルで簡単に選択できる「ALLGRIP」をインドで初採用。

グランドビターラとは?

日本で販売されているエスクード(海外名:ビターラ)の海外向けモデルとして生産・販売されていたが、エスクードが4代目へフルモデルチェンジしたタイミングで2015年をもって生産を終了。2022年にトヨタ自動車との協業により生産されるモデルとして約7年ぶりに車名復活となった。現行、エスクードよりも洗練されており、上位モデルとして日本でも「グランドビターラ」を販売する価値はありそうだ。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 「アーバンクルーザーハイライダー」インドにて2022年7月1日発表 トヨタはインドにて、新型SUV「アーバンクルーザー・ハイライダー」2022年7月1日に発表した。兄弟車となるスズキの新型「グランドビターラ」は2022年7月20日発表した。 ...

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/d/2022/0720a/index.html

スズキ

https://www.suzuki.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次