MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 4代目 新型 アルファード 「α(alpha)」 エンブレムを廃止へ 理由は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
toyota alphard

トヨタは新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日発売予定であるトヨタは初代モデルから3代目モデルまで「α(alpha)」エンブレムを受け継いできた。アルファードと言ったらこのエンブレムを想像する人も多いだろう。しかし、4代目となった新型「アルファード」ではエンブレムを廃止し「トヨタ」ロゴとなった。(運転席・助手席にαロゴを残した)一体何が関係しているのだろうか?考えてみた。

目次

「α(alpha)」鷹 エンブレムは何?

アルファード

アルファードは星座の中で最も明るい星を意味するギリシャ語の「α(alpha)」に由来する造語でエンブレムは「α」を採用している。意味は、「星座の中で最も明るい星」ということであり、エンブレムは「α」をモチーフにしたデザインとなっており、アルファードの車名もこのαから来ていると言われている。

HARRIER(ハリアー)

タカ科の鳥「チュウヒ」の英名「HARRIER」から。エンブレムもチュウヒを図案化したものを採用。つまり、「HARRIER」を表している。トヨタ車では実は数多く車種専用エンブレムを採用している。

しかし、新型「ハリアー」は4代目からグローバルモデルとなり「トヨタ」エンブレムを採用している。

運転席・助手席にタカ科の鳥「チュウヒ」を残した。

CROWN(クラウン)

CROWN(クラウン)は、英語で冠、王冠の意味しており旧型まで「王冠エンブレム」を採用。

「α(alpha)」エンブレムは廃止はなぜ?

今回新型アルファードの購入するに辺り、トヨタディーラーの人にエンブレムについて聞いてみると、トヨタは全国販売チャンネル統合を2020年5月開始する。国内にある6000店舗の販売店で「全車種併売化」実施。これが最大の理由である。今までは「アルファード」は国内モデルのみ、日本国外では3代目モデルが同社の「レクサス」ブランドにおいて「LM」として販売されていた。独立して日本国内専売車種となっていた。今回から「アルファード」はグローバルモデルとして販売する。国内販売店統合とグローバルモデルであることでエンブレムを「トヨタ」のオーバルマークに変更することとなったのだろう。

新型 アルファード ヴェルファイア について

TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Lプラットフォーム」を採用。

新型エンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+ハイブリッドシステム」と「2.4L直噴ターボエンジン」を搭載。

最新バージョン「Toyota Safety SenseTSS3)」搭載。高度運転支援技術 Toyota Teammate[Advanced Drive]搭載。

前席はメーター12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター14インチディスプレイオーディオ、T-Connect SDナビゲーションシステム+ヤマハプレミアムサウンドシステム (各上級グレード) に、リヤシートエンターテインメントシステムには、13.2インチディスプレイを採用。「JBLプレミアムサウンドシステム(15スピーカー)」「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

パワーバックドア(挟み込み防止機能付) (各上級グレード) を採用。

ハンズフリースライドドア(各上級グレード)を採用。

Advanced Park (HVはリモート機能付き) 画面表示や音声・ブザー音による操作案内および、ハンドル、シフトポジション、アクセルとブレーキ操作を行うことにより、画面上で確認した目標駐車位置付近への後退駐車や縦列駐車からの出庫のアシスト。更に専用スマホアプリを用意されており車外から遠隔操作をして駐車を行うことが可能。

旧型同様にキープコンセプトではあるが、エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。先代に続きなんと「流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)」を採用する。一般的な機械式駐車場の制限サイズ(全長5,000mm×全幅1,850mm以下)に収まるボディサイズ、(全長4,995mm、全幅1,850mm、全高1,935mm、ホイールベース3,000mm)を維持。2015年12月に発売された新型プリウスから採用された、「TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォーム」を採用。エンジンモデルには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)」搭載 が搭載される。ハイブリッドモデルにもこのエンジンを採用し、より小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。新型アルファード /ヴェルファイア ハイブリッドはカムリハイブリッドと同様の2AR-FXE 2.5L 直4 DOHC+モーターを採用しの燃費はWLTCモード燃費:16.5〜17.7km/Lとなる。先代モデルは4WD(E-Four)しかハイブリッドモデルはラインナップしていなかったが、今回初めて2WD(FF)モデルをラインナップする。また、8人乗りモデルを廃止した。

あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型 アルファード 「α(alpha)」 エンブレムを廃止へ 理由は? トヨタは新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日発売予定である。トヨタは初代モデルから3代目モデルまで「α(alpha)」エンブレムを受け継いで...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 「アルファード」「ヴェルファイア」 流れるウィンカー(シーケンシャルターンランプ)を採... トヨタは新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日発売予定である。なんと「流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)」を採用する。先代モ...
あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型 アルファード 必ず付けたい おすすめ オプションは? トヨタは4代目 新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日に発売する。筆者は新型を購入するが。そこで色々調べた中で、これは付けることをおすすめ...

新型 アルファード スペック

スペックアルファード
ハイブリッドモデル
アルファード
全長4,995mm4,995mm
全幅1,850mm1,850mm
全高1,935mm1,935mm
ホイールベース3,000mm3,000mm
エンジン直列4気筒 2.5L 直噴
エンジン
D-4S +
モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L
エンジン
最高出力140kW(190ps)/
6,000rpm
134kW(182ps)/
6,000rpm
最大トルク236Nm(24.1kgm)/
4,300-4,500rpm
235Nm(24.0kgm)/
4,100rpm
フロントモーター
最高出力
134kw(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)
システム最高出力184w(250ps)
トランス
ミッション
電気式無段階変速機Super CVT-i
駆動方式2WD
E-Four(4輪駆動方式)
2WD
4WD
WLTCモード燃費17.5-17.7km/L(2WD)
16.5-16.7km/L(4WD)
10.6km/L(2WD)
10.3km/L(4WD)
乗車定員7名7名
あわせて読みたい
トヨタ 新型アルファード 発売延期 2023年6月21日発売予定へ 使用変更がありそうだ トヨタは新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日発売予定である。半導体不足や、部品生産などの変更により当初は6月7日であったが延期となった。...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2023年6月21日発売 トヨタは新型「アルファード」「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジ(40系)を行い2023年6月21日に発売する。(当初は6月7日であったが延期となった。)トヨタ販売店...

ヴェルファイア

https://toyota.jp/vellfire/

アルファード

https://toyota.jp/alphard/

toyota alphard

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次